東京フィルメックス 11月6日(日)追加開催が決定しました

9月9日に始まった第23回国際映画祭「東京フィルメックス」を例年通りの日数で開催するためのキャンペーン。
最終的に313名から、目標の300万円を超える3,061,362円の支援が集まり、11月6日(日)の追加開催が決定されました。

上映作品は、特別招待作品の下記3作品です。
☆チケットは、10/23(日)10:00より発売


11月6日(日)12:10~ 
『すべては大丈夫』Everything Will be OK
★クロージング作品
フランス、カンボジア / 2022 / 98分 /
監督:リティ・パン ( Rithy PANH )
カリスマ的なイノシシの将軍に率いられた動物たちが人間たちを奴隷として支配するディストピアの世界。カンボジアの大虐殺から、近年は一般的な専制政治や虐殺をテーマにしつつあるリティ・パンの最新作。ベルリン映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞。


11月6日(日)14:50~
『ナナ』Before, Now & Then
インドネシア / 2022 / 103分 /
監督:カミラ・アンディニ( Kamila ANDINI )
1960年代のインドネシアで紛争に巻き込まれ、親族や家族を失ったナナが、思いがけない友情を通して自分自身を解放し、自由な人生を再び希求し始める姿を描くカミラ・アンディニの長編第4作。
ベルリン映画祭コンペティション部門でワールドプレミア上映。銀熊賞(最優秀助演賞)受賞。


11月6日(日)17:30~
『ノー・ベアーズ(英題)』 No Bears
★オープニング作品
イラン / 2022 / 107分 / 配給:アンプラグド
監督:ジャファル・パナヒ ( Jafar PANAHI )
映画監督ジャファル・パナヒの目を通して並行して語られる2つの愛と抵抗の物語。ここ十数年、芸術的自由に関する自己言及的作品を作り続けてきたパナヒの最新作。パナヒがイラン当局に拘束される中、ヴェネチア映画祭でプレミア上映され、特別審査員賞を受賞した。


東京国際映画祭 募集中の二つの無料トークショー

東京国際映画祭 期間中に開催される二つのトークショーをご紹介します。
どちらも同じ日時です・・・
それぞれ応募締め切り日が違います。

◆TIFFスペシャルトークセッション
ケリング「ウーマン・イン・モーション」

https://2022.tiff-jp.net/news/ja/?p=59434

登壇予定者:是枝裕和(映画監督)、松岡茉優(女優)

日時: 2022年10月31日(月) 18:30開場 19:00開演 20:00終了(予定)
場所: TOHO シネマズ 日比谷 スクリーン7
入場料: 無料
応募締め切り:10月18日(火)
応募フォーム
https://ws.formzu.net/dist/S62314449/

募集人数:50名(抽選の結果、当選者には10月21日(金)までにメールにてお知らせします)


◆第35回東京国際映画祭 Daiwa House presents トークショー
西島秀俊x津田寛治x多田 琢「映像の魅力について語る

https://2022.tiff-jp.net/news/ja/?p=59465

日時:10月31日(月)18:30~
会場:ミッドタウン日比谷 BASE Q ホール1
登壇者:西島秀俊(俳優)、津田寛治(俳優)、多田 琢(クリエーティブディレクター)

参加申し込みはこちらから!
https://letter.daiwahouse.co.jp/webapp/form/20714_sqeb_155/index.do
抽選で50組100名様をご招待!10/20(木)締切

国際交流基金×東京国際映画祭 co-present交流ラウンジ

第35回東京国際映画祭では、国際交流基金(JF)との共催プログラムの一環として、「交流ラウンジ」が開催されます。
今年で3年目を迎え名称を改めた「交流ラウンジ」は、是枝裕和監督を中心とする検討会議メンバーの企画のもと、アジア、そして世界各国・地域から集う映画人と第一線で活躍する日本の映画人が東京で語り合う場です。

トークは東京国際映画祭YouTubeチャンネルにて後日配信(録画)でご覧いただけます。
★今年度は一般参加及びライブ配信はありません。

【10月25日(火)】
ブイ・タック・チュエン × 藤元明緒 
[ベトナム語-日本語:逐次]
モデレーター:石坂健治(東京国際映画祭シニア・プログラマー/日本映画大学教授)

【10月27 日(木)】
ミルチョ・マンチェフスキ マスタークラス
 [英語-日本語:逐次]
モデレーター: 市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

【10月29日(土)】
ツァイ・ミンリャン × 深田晃司  
[中国語-日本語:逐次]
モデレーター:石坂健治(東京国際映画祭シニア・プログラマー/日本映画大学教授)

【10月31日(月)】 
橋本愛 × 是枝裕和  
[日本語のみ]

【11月1日(火)】
ジュリー・テイモア × 行定勲 
[英語-日本語:逐次]
モデレーター: 市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2022

10月24日から始まる東京国際映画祭の前に、日比谷で映画を楽しみましょう♪ (無料です!)

◆フィーバー・シネマ
2022年10月14日(金)~23日(日)12:00~18:00
会場:東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場 ※雨天決行、荒天中止
座席:約140席 ※ミニオンズゾーンでの観覧も可
★入場無料・出入り自由

上映作品:
『ラ・ラ・ランド』 『マンマ・ミーア!』 『SING / シング』
『ムトゥ 踊るマハラジャ』『ステイン・アライブ』『ドリームガールズ』
『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』『ロケットマン』
『レ・ミゼラブル』『ジャージー・ボーイズ』

https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/hibiya-cinema-festival/

☆フィーバー・上映の幕間には世界のショートフィルムを上映


◆第4回 トロント日本映画祭 in 日比谷>
2022年10月15日(土)~21(金) 18:30~21:00
会場:東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場 ※雨天・荒天中止
監督トークセッションはライブ配信(18日はライブ配信なし)  
座席:リラックスゾーン約30席(事前予約制)、パレットゾーン約20席、カフェゾーン約90席
※その他階段エリアでも観覧可
予約:リラックスゾーン(約30席)のみ予約制 
入場無料(入退場自由)

上映作品:
『子供はわかってあげない』『Ribbon』『騙し絵の牙』
『そして、バトンは渡された』『万引き家族』『犬部!』『余命10年』

上映スケジュール 
HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2022 + 第4回 トロント日本映画祭 in 日比谷
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/hibiya-cinema-festival/assets/pdf/Schedule.pdf?=v220930

香港特別行政区設立25周年記念映画祭 「香港映画の新しい力」

香港特別行政区設立25周年記念映画祭
「Making Waves – Navigators of Hong Kong Cinema 香港映画の新しい力」

2022年11月9日(水)〜13日(日)
会場:Bunkamuraル・シネマ
料金:800円 均一(税込)
公式サイト:https://makingwaves.oaff.jp/

*上映作品* 

『黄昏をぶっ殺せ』
TIME/殺出個黄昏/2021年/広東語/99分
監督:リッキー・コー(高子彬)
出演:パトリック・ツェー(謝賢)、フォン・ボーボー(馮寶寶)、ラム・シュー(林雪)、  チョン・シューイン(鍾雪瑩)、サム・リー(李燦森)
11月9日(水) 19:00〜


『リンボ』
LIMBO/智齒/2021年/広東語・日本語・英語/118分 協力:東京国際映画祭
監督:ソイ・チェン(鄭保瑞)
出演:ラム・カートン(林家棟)、リウ・ヤースー(劉雅瑟)、メイソン・リー(李淳)、フィッシュ・リウ(廖子妤)、池内博之
11月10日(木) 19:00〜


『ワン セカンド チャンピオン』
ONE SECOND CHAMPION/一秒拳王/2021年/広東語/98分 
配給:ライツキューブ
監督・原作・出演:チウ・シンハン(趙善恆)
出演: エンディ・ザーウグヲクイン(周國賢)、チャーノン・サンティナトーンクン、リン・ミンチェン(林明禎)
11月11日(金) 16:00〜


『同じ空の下』
LOOK UP/一樣的天空/2022年/広東語/117分
監督・脚本:ダニエル・チャン(陳翊恆)、ティム・プーン(潘梓然)、エルビス・ハウ(侯楚峰)、サニー・イップ(葉正恆)
出演:イヴァナ・ウォン(王菀之)、セッ・ソウ(石修)、チュウ・パッヒム(朱栢謙)、ケビン・チュウ(朱鑑然)
11月11日(金) 19:00〜


『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』
A CHINESE GHOST STORY/倩女幽魂/1987年/広東語/96分 配給:ツイン
監督:チン・シウトン(程小東)
出演:レスリー・チャン(張國榮)、ジョイ・ウォン(王祖賢)、ウー・マ(午馬)
11月12日(土) 16:00〜


『サンシャイン・オブ・マイ・ライフ』
SUNSHINE OF MY LIFE/一路瞳行/2022年/広東語/96分
監督:ジュディ・チュウ(朱鳳嫻)
出演:カラ・ワイ(惠英紅)、カリーナ・ン(吳千語)、ヒューゴ・ン(吳岱融)
11月12日(土) 19:00〜


『6人の食卓』
TABLE FOR SIX/飯戲攻心/2022年/広東語/116分
監督:サニー・チャン(陳詠燊)
出演: ダヨ・ウォン(黃子華)、ルイス・チョン(張繼聰)、ステフィー・タン(鄧麗欣)、 イヴァナ・ウォン(王菀之)、リン・ミンチェン(林明禎)
11月13日(日) 16:00〜


『神探大戦』
DETECTIVE VS. SLEUTHS/神探大戦/2022年/広東語/101分
協力:東京国際映画祭
監督:ワイ・カーファイ(韋家輝)
出演:ラウ・チンワン(劉青雲)、シャーリーン・チョイ(蔡卓妍)、レイモンド・ラム(林峯)、カルメン・リー(李若彤)
11月13日(日) 19:00〜