TBSドキュメンタリー映画祭 『ムクウェゲ「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師』

ムクウェゲ「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師.jpg

© TBSテレビ

監督:立山芽以子
撮影:寺尾文人 音声:長谷部全伸 吉良絵里菜 
編集:大生哲司 

2018年、ノーベル平和賞を受賞した医師デニ・ムクウェゲ。
1955年、アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部地区ブカヴで生まれ、牧師の父が人々のために祈る姿を見て、8歳の時、自分は医師として人を助けると決意。出産で命を落とす女性が多く、婦人科医になるが、最初の患者はレイプされた女性だった。
ムクウェゲ医師が湖の畔の町ブカブに1999年に設立したパンジ病院には、年間2500人~3000人がレイプされ運び込まれてくる。これほどまでにレイプが横行しているのには、ある理由があった・・・ 

「女性にとって世界最悪の場所」と呼ばれるコンゴ東部地区。
1994年の隣国ルワンダでの大量虐殺を機に、コンゴに難民と共に虐殺の首謀者たちが逃げ込み、100もの武装勢力の乱立する無法地帯となりました。これまでに40万人以上の女性たちがレイプされていて、それも、生後6か月の赤ちゃんから、90歳を越える女性まで。武装勢力がレイプするのは、欲望を満たすためではなく、恐怖を植え付け支配するため。この地域では、スズ、金、レアメタル等の天然資源が豊富で、それを奪うのが目的なのです。コンゴは、窓もドアも警備員もいない宝石店のようなもの。埋蔵量は世界一なのに、世界一の輸出国ではないのです。豊富な資源があるのに、住民は貧困の中で暮らしています。
レアメタルは、スマホやPCの原料。ムクウェゲ医師は、コンゴの女性たちの犠牲によって採掘された原料のスマホを使っているかもしれないことを思えば、決して遠い国の問題でないと、国際社会の無関心を嘆きます。
2019年9月に来日したムクウェゲ医師。滞在中に広島を訪れ、核兵器は廃絶されるべきと強調しました。実は、広島に落とされた原子爆弾にはコンゴで採掘されたウランが使われているのだそうです。
暗殺未遂に遭い、一度は国を離れたムクウェゲ医師ですが、今も、国連軍に見守られながらパンジ病院の敷地内で暮らし、女性たちの治療だけでなく自立のための手助けもしています。
2018年のノーベル平和賞授賞式の時に、イラクのヤズィーディー教徒の女性でイスラム国の性奴隷を強いられたナディア・ムラドさんの隣に立っていたムクウェゲ医師のご功績をあらためて知ることのできる映画でした。(咲)


TBSドキュメンタリー映画祭での上映日程
2021年3月20日(土)18:00~
上映後トーク:立山芽以子監督、華井和代(東京大学講師)、米川正子(筑波学院大学准教授)

★オンライン配信のチケットは、こちらで!
https://eplus.jp/sf/detail/3386850002-P0030010

2021年/ステレオ/70分 © TBSテレビ
RITA-Congoのサイト:https://www.rita-congo.org/single-post/tbs-movie-0318
TBSドキュメンタリー映画祭公式サイト:http://www.tbs.co.jp/documentaryeigasai2021/


イスラーム映画祭6『汝は二十歳で死ぬ』 イスラーム聖者の言葉を信じたスーダンの母子 (咲)

islam6 sudan.jpg

『汝は二十歳で死ぬ』 ★日本初公開
原題・英題:You Will Die at Twenty
2019年/スーダン=エジプト=フランス=ドイツ=ノルウェー=カタール/102分/アラビア語
監督:アムジャド・アブー・アラー Amjad Abu Alala

*物語*
ラクダの死骸にハゲタカ。
沙漠を人々が歩いていく。
太鼓の音。
サキーナは生まれたばかりの息子ムザンミルを連れて聖者廟に行く。
シャイフ(老師)に息子の運命を尋ねる。
ちょうどそばで、神の名を唱えながらぐるぐる回って無我の境地に至るズィクルをしている若者がいて、20回目で倒れる。
「息子は20歳で死ぬ。神の命令は絶対だ」とシャイフ。
家に帰り夫ヌールに伝えると、夫は怖気づいてアディスアベバに出稼ぎに行ってしまう。
サキーナは壁に月日を記録しながら、一人でムザンミルを過保護に育てる。
シャイフから20歳で死ぬとしても、クルアーンは学ぶべきと言われ、モスク付属の学校に通う。
人一倍クルアーンに精通するが、20歳で死ぬ奴と男の子たちからはいじめられる。
仲良くなった少女も、成人すると、早死するムザンミルは避けて、別の男に嫁いでしまう。

成長したムザンミルはある日、届け物をしに行って洋行帰りの男スライマーンと知り合う。
写真や映画を見せてもらい、外の世界を知る
スライマーンは、「20歳で死ぬと言われたら王様のように振る舞う」という。

ケニアやリビアで出稼ぎしていた父がようやく帰ってくる。
お葬式用にと白檀を用意する母。
墓地で両親、ムザンミルはお互い自分の父の隣に埋葬すると言い争う。
壁の月日の印をランプで照らす父。 
ついに20歳の日を迎える・・・


2019年まで30年間続いたイスラーム主義政権下で映画産業が衰退したスーダンで作られた史上7番目の長篇作品。
スーダンの映画事情については、2020年4月6日に公開されたドキュメンタリー映画『ようこそ、革命シネマ』で詳しく描かれていました。
1956年にスーダンが独立して間もない1960〜70 年代に海外で映画を学んだ4人が、1989年に映画製作集団「スーダン・フィルム・グループ」を設立。同じ年、クーデターでイスラーム急進派の独裁政権が誕生し、言論の自由は奪われ、映画も発禁処分に。2015年、長い時を経て再会した4人が、映画産業が崩壊し、映画館も皆無となったスーダンで、かつて映画文化があったことを記録に残し、スーダンの人たちに映画を見せたいと奔走します。4人が行うハルツーム郊外での上映会で、砂嵐でスクリーンが飛ばされそうになっても、画面に釘付けになっている人たちの姿に胸が熱くなりました。
そんなスーダンで作られた長編映画『汝は二十歳で死ぬ』は、スーフィズムの根付く村で、聖者の言葉を頑なに信じて生きる人々の姿を描いて、一神教のはずのイスラームの違った一面を見せてくれました。
そばでズィクルをしていた青年が20回で倒れたからと、20歳で死ぬと伝えたシャイフの言葉を信じてしまう母親を、そんな馬鹿な・・・と思ってしまいますが、それが信仰の力というものなのでしょう。


◆2月23日(火・祝)12:30からの上映後のトーク
《スーダンのイスラーム − スーフィズムと民衆》
ゲスト:丸山大介さん(防衛大学校准教授)


2008年から2011年、ハルツーム大学でスーダンのスーフィズムを研究。
本作は年代も場所も特定されていないが、おそらくハルツームから南200キロ位の青ナイルと白ナイルに挟まれた地方の村と思われる。
携帯電話も衛星のお皿も出てこないが、現代の話とも思える。
恐らくオマル・バシール政権(1989年~2019年)の時代で、軍事政権の上に、イスラームを強いていた。バシール大統領は、タリーカ(スーフィ教団)を利用して政治集会を行っていた。

スライマーンがムザンミルに見せた映画は、ユーセフ・ シャヒーン監督の『カイロ中央駅』(1958年)。(アラブ映画祭2007で拝見)

スーフィズム(イスラーム神秘主義)についての解説のあと、スーダンのいくつかのタリーカ(スーフィ教団)のズィクルなどの儀式の映像を見せていただき、とても興味深いトークでした。


東京アニメアワードフェスティバル2021

xJRcTH2Q.jpg

■期日:3月12日(金)~15日(月)
■会場:サンシャインシティ 噴水広場、東京建物 Brillia HALL パークプラザ、としま区民センター、豊島区庁舎(としまセンタースクエア)
■映画館:池袋シネマ・ロサ、HUMAXシネマズ池袋 グランドシネマサンシャイン、新文芸座、シネ・リーブル池袋、TOHOシネマズ 池袋
■プログラム:
コンペティション長編部門
コンペティション短編部門
招待作品
シンポジウム
子どもアニメーション部門

公式サイト https://animefestival.jp/ja/
一覧 https://animefestival.jp/screen/all/
スケジュール https://animefestival.jp/screen/list/time/210312/
(一日ごとの表示です)
マップスケジュールPDFはこちら

■チケット:前売券(上映前日の23:59まで販売)
TAAF2021の前売券はPassMarketにて販売いたします。
※オンライン販売のみです。劇場での販売はございません。
各プログラムページから購入。

第10回江古田映画祭 3.11福島を忘れない

ekoda eigasai.jpg

東電福島第1原発事故から10年。ヒロシマ・ナガサキ、足尾鉱毒事件や高校・大学生の作品、また初めて江古田映画祭実行委員会が制作した映像作品も上映されます。

●会場 武蔵大学 
練馬区豊玉上1-26-1 1号館地下シアター教室は定員150名 
2/27(土) 13:00~オープニングイベント 
上映作品 ■サマショール~遺言 第六章トーク豊田直巳 
     予約不要 参加費1000円

3/6(土) 
上映作品 ■襤褸の旗 トーク 赤上剛 
     ■歌うキネマ「キクとイサム」 
     予約不要 参加費1500円 パギやん✕高橋エミ
https://www.musashi.ac.jp/news/20210119-02.html


●会場 ギャラリー古藤 ふるとう
2/28(日)~3/12(金)
東京都練馬区栄町9-16 
江古田駅南口から徒歩6分 武蔵大学正門斜め向かい
http://furuto.info/

☆予約状況などは、facebookで確認ください。(満席の回も続出です)
https://www.facebook.com/ekodaeigasai/

映画1本につき
大人 予約1,000円・当日1,200円 チケット3枚つづり 2,700円
大学生・ハンディのある方800円 高校生以下無料  
トークがある場合も上記料金に含まれますが、トークのみは500円


★上映作品、トーク日程など詳細は、スタッフ日記をご覧ください。
今年も「江古田映画祭 3.11 福島を忘れない」が開催されます(暁) 
http://cinemajournal.seesaa.net/article/480250930.html

イスラーム映画祭6 イエメン内戦に翻弄された『結婚式、10日前』 (咲)

イエメン人監督による、初のイエメン国内で商業公開された映画!

islam6 yemen.jpg

2/20(土)12:30からの上映前に、イスラーム映画祭主宰 藤本高之さんより、本作は映画産業のないイエメンで、テレビ局の若い人たちによって作られた映画との紹介がありました。映画館もないイエメン。2017年から2018年にかけて、結婚式場で公開され、イエメン中の人が観てロングラン。アラブ諸国やヨーロッパ諸国でも上映されています。
昨年、イスラーム映画祭5で上映された『わたしはヌジューム、10歳で離婚した』もイエメン人監督による作品ですが、イエメン国内では上映されていないので、『結婚式、10日前』がイエメン国内で初めて商業公開されたイエメン人監督による映画となりました。
昨年のイスラーム映画祭で上映したかったのですが、先方がのんびりしていて間に合わなかったとのことです。


『結婚式、10日前』原題・英題:10 Days Before the Wedding
監督:アムルー・ガマール Amr Gamal
2018年/イエメン/121分/アラビア語

イエメン南部の港町アデン。
マァムーンとラシャーは3年前に結婚する予定が内戦で延期になり、ようやく10日後に控えた結婚式の準備に大忙し。そんな最中、マァムーンの叔母が離婚して出戻り、新婚生活をおくる予定だった実家の部屋を明け渡す羽目に。家財道具を家が見つかるまで預けるものの、がめつい老女にしっかり保管料を取られる。ラシャーには内緒にするつもりが、ばれてしまう。
一方、ラシャーも内戦で家が壊され、父の従兄弟サリームの世話する家に仮住まいしている。内戦に翻弄され働けなくなった父にかわって、ラシャーが一家の大黒柱だが、稼ぎの半分は父のカート(嗜好品)代で消えてしまう。
二人で新居を探しに行くが、階段をかなりあがった安い家賃の家で妥協するしかない。結婚式の費用も切り詰めようと、あれこれ算段する・・・


踏んだり蹴ったりの状況が、コメディー仕立てで描かれているのですが、イエメン社会の大変な状況もずっしり伝わってきました。
結婚式場のキャンセルも成立して、ほっとしたところで久しぶりの外食。二人の幸せそうな食べっぷりに、思わず「よかったね」と言いたくなりました。
なんだか情けないマァムーンと違って、ラシャーは機転を利かして物事を解決していきます。逆境の中では、女性のほうがたくましく生き抜くことができそうです。
父の従兄弟のサリームは二人目の妻にラシャーを迎えたいという下心があって、何かと差し入れを持ってやってきます。その眼付のいやらしいこと!(名役者です!) そんなサリームのことも、上手に交わすラシャー。あっぱれです。
内戦で疲弊し、「世界最悪の人道危機」が続くイエメン社会ですが、そんな中でもユーモアを忘れず、タフに生きている人たちに監督がエールをおくった映画です。
挿入歌でエンドロールでも流れた切ない曲が胸に響きました。映画では、しっかり歌詞の訳も付けてくださっていました。
「Mother of the Poor/Umm-ul masakin」という作曲・歌:サーレム・ファダーク Salem Fadaq)の曲だと、先輩の麻田豊氏がyoutubeを見つけてくださいました。
https://youtu.be/rRIvUrKUiT4
映画の場面も楽しめます。ぜひお聴きください。