【SKIPシティ】『シュテルン、過激な90歳』ホロコーストを生き抜いた女性の物語(咲)

I_MsStern-3.jpg

©Adrian Campean A+A Produktion.

『シュテルン、過激な90歳』 英題:Ms. Stern 
監督:アナトール・シュースター
出演:アフーヴァ・ゾンマーフェルト、カーラ・シュレーダー
2019年/ドイツ/79分
公式サイト作品情報

「死にたいの」と語る90歳になるユダヤ女性シュテルン。ホロコーストで家族すべてを失い、戦後、イスラエルで出会った男性と結婚。彼の故郷ドイツへ移住したが、20年前に愛する夫は亡くなり、今はベルリンで娘や孫と暮らしている。
死にたいと線路に横たわってみるが、助けられてしまう。なんとか銃を手に入れたいと奔走する・・・

シュテルンさんは、煙草をスパスパ吸い、孫の世代の若者たちと夜な夜な踊ったりして、すこぶる元気。時折、イケメン美容師が家にやってきて髪の毛を整えてくれて身綺麗にしています。何よりの楽しみは、「星の時間」というトーク番組。孫娘の計らいで、ついにこの番組のゲストとして出演するシュテルンさん。憧れの司会者が「信仰を支えに、過去を忘れて生き抜いて・・・」と紹介するのを、「嘘を言わないで。私たちは許しても、過去は決して忘れないと夫と約束したの」とさえぎります。
シュテルンさんが、あえて若い人たちと仲良くしているのにも、実はワケがあるのです。ホロコーストを生き抜いた人たちも、どんどんあの世に旅立っています。どんな思いで生きてきたかを知る一端となる言葉でした。

監督は、エネルギッシュなアフーヴァ・ゾンマーフェルトさんと出会って、ぜひ彼女を主人公に映画を撮りたいと思ったそうです。彼女はホロコーストを生き抜いたけど、哀れな人でなく自由な精神を持った人。素晴らしいキャラクターに触発されて、自由なストーリーテリングをしたいと既存の形に捉われない映画作りに取り組みました。アフーヴァさんの人生が反映されているけれど、あくまでフィクション。娘さんは女優で、この映画に娘役で出演していますが、アフーヴァさんは女優初体験。これまで歌ったことはなかったのですが、カラオケにも挑戦しています。こんな風に生きたいと、元気を貰える映画です。

アナトール・シュースター監督オンラインインタビュー動画は、こちらで!


"【SKIPシティ】『シュテルン、過激な90歳』ホロコーストを生き抜いた女性の物語(咲)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: