第21回東京フィルメックス ラインナップが発表されました 

9月24日(木)3時よりオンライン記者会見で、プログラムディレクターの市山尚三氏よりラインナップ発表が行われました。
アジアを中心に、今回も充実の内容です。特別招待作品には、東京フィルメックスでおなじみの監督たちの新作が揃いました。
東京国際映画祭との連携により、開催日程が例年より3週間程早くなりましたが、一部、11月22日にも上映があります。
東京国際映画祭との連携は、同時期に開催することにより、来日ゲストの交流や、遠方よりの観客にとって一気にアジア映画が観られるなどの相乗効果を狙ったものとの説明がありました。今年はコロナ禍で残念ながら来日ゲストは望めませんが、今後の展開に期待したいところです。

期間 : 2020年10月30日(金) ~ 11月7日(土) (全9日間)+11月22日(日)

会場 :TOHOシネマズ シャンテ 10/30(金)〜11/5(木)
ヒューマントラストシネマ有楽町 10/30(金)〜11/5(木) *レイトショー
有楽町朝日ホール 10/30(金) – 10/31(土)、11/6(金)- 11/7(土)+11/22(日)
アンスティチュ・フランセ東京 11/5(木) – 11/6(金)
アテネ・フランセ文化センター 11/6(金)

公式サイト:https://filmex.jp/2020/

上映スケジュール:https://filmex.jp/2020/schedule

◆コンペティション部門
https://filmex.jp/2020/news/information/tokyofilmex2020_lineup_competition

アジアの新進作家の2019年~2020年製作映画12作品。(内、女性監督3作品)
通常10作品程度ですが、今年は多め。また、日本映画4作品はこれまでで最多です。

『風が吹けば』Should The Wind Drop
監督:ノラ・マルティロシャン(Nora MARTIROSYAN) ★女性監督
フランス・アルメニア・ベルギー / 2020 / 100分

『死ぬ間際』 In Between Dying
監督:ヒラル・バイダロフ(Hilal Baydarov)
アゼルバイジャン・メキシコ・アメリカ / 2020 / 88分

『迂闊(うかつ)な犯罪』 Careless Crime
監督:シャーラム・モクリ(Shahram MOKRI)
イラン / 2020 / 139分

『イエローキャット』 Yellow Cat
監督:アディルハン・イェルジャノフ(Adilkhan YELZHANOV)
カザフスタン・フランス / 2020 / 90分

『マイルストーン』 Milestone
監督:アイヴァン・アイル(Ivan AYR)
インド / 2020 / 98分

『アスワン』 Aswang
監督:アリックス・アイン・アルンパク(Alyx Ayn ARUMPAC)★女性監督
フィリピン / 2019 / 85分

『無聲(むせい)』 The Silent Forest
監督:コー・チェンニエン(KO Chen-Nien) ★女性監督
台湾 / 2020 / 104分

『不止不休』 The Best Is Yet To Come
監督:ワン・ジン(WANG Jing)
中国 / 2020年 / 115分

『泣く子はいねぇが』 Any Crybabies Around?
監督:佐藤快磨(SATO Takuma)
日本 / 2020年 / 108分

『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』 The Blue Danube
監督:池田暁(IKEDA Akira)
日本 / 2020年 / 105分

『由宇子の天秤』 A Balance
監督:春本雄二郎(HARUMOTO Yujiro)
日本 / 2020年 / 152分

『オキナワ サントス』 OKINAWA SANTOS
監督:松林要樹(MATSUBAYASHI Yoju)
日本 / 2020年 / 90分

☆コンペティション 国際審査員
万田邦敏(審査委員長/日本/ 映画監督)
クリス・フジワラ(アメリカ/映画評論家)
坂本安美(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)
エリック・ニヤリ(アメリカ/プロデューサー)
トム・メス (オランダ/映画評論家)

審査員の方には、実際にスクリーンでご覧いただきたいと思っていたところ、コロナ禍ですが、外国の3人の方は偶然日本に滞在中とわかり依頼することができたとのことです。


◆特別招待作品
https://filmex.jp/2020/news/information/tokyofilmex2020_lineup_specialscreening

【オープニング作品】
『愛のまなざしを』
監督:万田邦敏 
日本 / 2020 / 102分

【クロージング作品】
『天国にちがいない』 It Must Be Heaven
監督:エリア・スレイマン(Elia SULEIMAN)
フランス、カタール、ドイツ、カナダ、トルコ、パレスチナ / 2019 / 102分

『クラッシュ』 Crash  *4K修復版
監督:デヴィッド・クローネンバーグ(David CRONENBERG)
カナダ / 1996 / 100分

『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』 Denise Ho: Becoming the Song
監督:スー・ウィリアムズ(Sue WILLIAMS)
アメリカ / 2020 / 83分

『ハイファの夜』 Laila in Haifa
監督:アモス・ギタイ(Amos GITAI)
イスラエル、フランス / 2020 / 99分

『照射されたものたち』 Irradiated
監督:リティ・パン(Rithy PANH)
フランス、カンボジア / 2020 / 88分

『日子』 Days
監督:ツァイ・ミンリャン(TSAI Ming Liang)
台湾 / 2020 / 127分

『七人楽隊』 Septet: The Story of Hong Kong
監督:アン・ホイ (Ann HUI)、ジョニー・トー (Johnnie TO)、ツイ・ハーク (TSUI Hark)、サモ・ハン (Sammo HUNG)、ユエン・ウーピン (YUEN Wo Ping)、リンゴ・ラム (Ringo LAM)、パトリック・タム (Patrick TAM)
香港 / 2020 / 113分

『海が青くなるまで泳ぐ』 Swimming Out Till The Sea Turns Blue
監督:ジャ・ジャンクー(JIA Zhang-ke)
中国 / 2020 / 111分

『平静』 The Calming
監督:ソン・ファン(SONG Fang)
中国 / 2020 / 89分

『逃げた女』 The Woman Who Ran
監督:ホン・サンス(HONG Sang-soo)
韓国 / 2020 / 77分

『水俣曼荼羅』 Minamata Mandala
監督:原一男(HARA Kazuo)
日本 / 2020 / 369分

『仕事と日(塩尻たよこと塩谷の谷間で)』 The Work and Days (of Tayoko Shiojiri in the Shiotani Basin)/
監督:C.W.ウィンター & アンダース・エドストローム(C.W. WINTER, Anders EDSTRÖM)
アメリカ、スウェーデン、日本、香港 / 2020 / 480分

【特別上映】 『繻子の靴』 The Satin Slipper
監督:マノエル・ド・オリヴェイラ( Manoel de OLIVEIRA)
ポルトガル、フランス / 1985 / 410分
★第21回東京フィルメックスの本会期終了後の11月22日より特別上映


◆特集上映:エリア・スレイマン
https://filmex.jp/2020/news/information/tokyofilmex2020_lineup_eliasuleiman
クロージング上映される最新作『天国にちがいない』と共に、エリア・スレイマン監督がこれまでに発表した長編映画3本を一挙上映

『消えゆくものたちの年代記』 Chronicle of a Disappearance
パレスチナ / 1996 / 84分

『D.I.』Divine Intervention
フランス、パレスチナ / 2002 / 92分

『時の彼方へ』The Time That Remains
パレスチナ、フランス / 2009 / 105分





"第21回東京フィルメックス ラインナップが発表されました "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: