アジアフォーカス 『恋の街、テヘラン』

『恋の街、テヘラン』のアリ・ジャベルアンサリ監督Q&Aが、9月14日と18日の上映後にあるので、9月17日~19日の2泊3日で航空券とホテルのパッケージを予約したのですが、9月に入って、スケジュール表から、18日のQ&Aが消えました。監督が予定を変更されて17日に帰国されることになったとのこと。インタビューは叶いませんでしたが、映画の内容と、佐賀在住のペルシア語科卒業生のTさんからいただいたQ&A追加情報をお届けします。

『恋の街、テヘラン』
Tehran: City of Love
2019年/イラン・イギリス・オランダ/102分/DCP/1:2.39/ペルシア語
監督 : アリ・ジャベルアンサリ

アリ・ジャベルアンサリ
1981年イラン、テヘラン生まれ。10代にカナダに移住。テヘランに戻り、アッバス・キアロスタミの映画製作ワークショップで1年学んだ後、2008年にロンドン映画学校に入学。卒業制作『Aman』(2011年)はフランスおよびポルトガルの映画祭で賞に輝く。長編映画監督デビュー作『Falling Leaves』(2013年)は、米カリフォルニア州のティプロン国際映画祭で最優秀海外新人賞を受賞。現在ロンドン在住。

teheran kantoku.jpg
9月14日上映後のQ&A 公式レポート(写真:公式サイトより)

*物語*
大都会テヘランで、孤独を抱えた3人が、それぞれに愛を求める。
◆同性愛者の悲哀
ヘサム
は、ボディビルの元チャンピオン。伯父から選手権を目指すアルシアの面倒を見てやってほしいと頼まれる。一方、ルイ・ガレル主演のフランス映画のオーディションに受かり、承諾すればパリでの撮影もあり、アルシアの指導が出来なくなる。悩んだあげく、映画出演を断るが、アルシアから選手権は諦めたので指導は不要と言われてしまう。

◆SNSで美女になりすます女性
ミナ
は美容クリニックで受付をしている小太りの女性。アイスクリームが大好きで、ダイエットもなかなか効き目がない。容姿に自信がなく、美人の写真をSNSにアップしている。受付で知った、これはという男性に甘い声で電話し、会う約束を取り付けるが、いつも結局会わずに帰ってきてしまう。
ミナは人づき合いを改善するための教室に通い始める。そこで、理想の男性に出会い打ち解けるが、彼には妻がいることがわかる。
teheran.jpg
◆結婚式で歌う葬儀専門の根暗な歌手
ワヒドはモスクで葬儀の時に追悼の歌を歌っている。婚約者に振られてしまい、叔父から、陰気くさいから女性も逃げると、結婚式場で歌ってこいといわれる。歌える曲のリストを渡すと、結婚式場の担当者からは、結婚式でこんな歌を?と言われる。男ばかりの部屋で歌うワーヒド。結婚式場付のカメラマンの女性ニルファ―から、男女混合の非合法の披露宴で歌ってみない?と紹介される。彼なりに頑張って明るい歌を歌うが、やがて警察の手入れが入り、刑務所に入れられてしまう。有力者に口をきいてもらい、釈放されるが、淡い恋心を抱いたニルファーは、オーストラリアに移住してしまう。

****

★同性愛者ヘサムの場面は、2分カットされた
冒頭、会話する男女の後姿が写しだされ、バスが来て、男性は前へ、女性は後ろへ。男女の席が分かれていることを象徴した幕開け。
入れ違いに降りてきた体格のいい男が、主人公の一人であるヘサム。
私は鈍くて気がつかなかったのですが、ボディビルダーのヘサムは同性愛者。家で過去の選手権のDVDを観ようとアルシアを自宅に招いた後に、アルシアから指導を断られてしまいます。その夜のことが原因だと推察する友人。
9月14日の上映後のQ&Aで、「ヘサムは同性愛者か?」との質問が出て、監督から「まさにそうです。イランでは、場所がインスピレーションを与えます。ジムの場面は、男だけのホモエロティックの部分を表しています。イランでも、撮影・上映OKでした。ただし、2分間ほどカットされました」という回答があったと、佐賀在住のTさんから教えてもらいました。(公式サイトのレポートには掲載されていません)

★非合法の結婚披露宴とは?

私が観る前に観た友人から、「合法的結婚と非合法の結婚はどう違うの?」と聞かれました。結婚自体は、契約書を交わして合法となるのですが、状況がわからなかったので答えられませんでした。映画を観て、披露宴が男女別なのが合法、男女混合なのが非合法という意味だとわかりました。
イスラーム革命後、ホテルやレストランでの披露宴は男女別が基本。(実際には、男女一緒のものにも遭遇したことがあります。)
「はい、今度は花嫁からキスを!」とワヒドが促して、男女一緒に踊っている雰囲気を感じさせてくれますが、客席は映しません。
この映画に出てきたような、塀に囲まれた大邸宅を利用したレストランは、今、流行っていて、あちこちにあるそうです。男性歌手のショー(女性の歌手はご法度)もよくやっているそうですが、立ち上がって踊ってはいけないそうで、皆、着席のまま身体を揺らして手拍子しているとのこと。踊りが大好きなイラン人には、かなりつらいのではと察します。
思えば、結婚披露宴は男女別室なのに、レストランでは普通に男女同席です。
(革命直後は、家族席がカーテンの向こうというレストランもありましたが)

★結婚式場のカメラマンのニルファーは『ある女優の不在』のベーナズ・ジャファリさん
ワヒドが結婚式場で知り合うカメラマンの女性ニルファーは、実は、美容クリニックで受付をするミナの友人。ミナと違って美人。オーストラリアへの移住を申請している積極的な女性。
レストランで、ニルファーがミナにビザがおりたと報告したとき、注文したデザートが届き、ミナのアイスクリームには付いている紙の傘が、ニルファーのフルーツサラダには付いてなくて、ボーイに「こっちにはないの?」と特別にお願いします。
ミニ傘を持って二人で写真を撮る場面がなかなか印象的だったのですが、このニルファーを演じたベーナズ・ジャファリさん、12月13日から公開されている『ある女優の不在』の主演を務めている女優さん。東京フィルメックスで特別招待作品として上映され、審査員として来日されました。
『ある女優の不在』を観た時には、『恋の街、テヘラン』のニルファーだと気がつかなかったのですが、本人にお会いして、まさにニルファーだとわかりました。「あのニルファーですね!」と言ったら、劇中でワヒドが歌った「ニルファー」の歌の出だしを歌ってくださいまいsた。

DSCF2553 behnaz.JPG
『ある女優の不在』で、ぜひニルファーに再会してみてください。
ベーナズ・ジャファリさん インタビュー

報告:景山咲子





"アジアフォーカス 『恋の街、テヘラン』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: