ベトナム映画祭2018 『目を閉じれば夏が見える』(暁)

映画祭シーズンが終わって一段落したら、なんと帯状疱疹になってしまい、眼精疲労がひどく2週間以上原稿が書けず状態でした。
http://cinemajournal.seesaa.net/article/463241761.html

楽しみにしていたベトナム映画祭ですが、東京フィルメックスと重なっていて、ベトナム映画祭の間には2本しか観ることができなかったけど、そのレポートを。

11月21日(水)
東京フィルメックス2018(11月17日~25日)とベトナム映画祭(11月10日~23日)がバッティングしてしまい、ベトナム映画祭になかなか行けずにいたけど、やっと行くことができた。
13本の上映作品のうち6本は、それまでの映画祭で観たり、公開されていて観たことがあったけど、ベトナムの映画を観る機会というのはなかなかないので、他にも観たかったのだけど、前半は東京国際映画祭が終わった直後でなかなか行けずで、すごく残念だったけど、ベトナム映画祭は結局1日しか行けなかった。
その中で、日本が舞台の作品『目を閉じれば夏が見える』が印象に残った。

『目を閉じれば夏が見える』 
監督:カオ・トゥイ・ニ 2018年製作
mewotojireba.jpg
©Soul Catcher Production

北海道東川を舞台に、ベトナムの女性が幼い頃にわかれた父親を探す物語。
日本にいる父からの手紙とともに、ベトナムに送られてきた写真を手がかりに東川にやってきたベトナム女性ハー。東川に向かうバスで、アキラと出会った。しかし、無愛想なアキラは、全然親切ではなくぶっきらぼう。写真教室を開いている。それでもハーはその教室の撮影会に参加しながら、父親探しを兼ねて彼女の父親の跡をたどる。父親から送られてきた写真はどこで撮られた写真かを東川在住の人たちや撮影会に参加している人たちの協力を得ながら探っていくのだが、彼女の父は東川で写真を教えていたらしい。そしてアキラはその教え子だということがわかってくる。そしてハーにはいきつけの写真屋ができ、そこのオーナーとも親しくなってゆく。雪山で撮られた写真は旭岳周辺で撮られた写真だった。しかし父親はすでに他界していた。そして、その写真屋こそ父親とゆかりの地だった。

東川は写真の街として知られる。写真をやっている私もいつか行ってみたいと思っている街。でもずっと勘違いしていて、北海道南部にある街だと思っていたら、旭川や美瑛に近い街だった。美瑛や富良野など、近くに何回も行っていたのに知らずにいた。今度は絶対行ってみよう。
この『目を閉じれば夏が見える』は日本・ベトナムの合作作品。カオ・トゥイ・ニ監督、初の長編作品で、今年(2018年)6月ベトナムで公開され、インディペンデント作品ながらヒットし、大きな反響があったという。
映画上映が終わった後、アキラ役を演じた阿久津貴文さんが登場し、撮影でのエピソードや、ベトナムでの舞台挨拶の話なども話してくれた。そして、本人いわく、実際の僕はアキラのような陰気でイジワルな人物ではありませんと笑いながら語っていた。

阿久津貴文さん.jpg
阿久津貴文さん

ベトナムの映画、今までけっこう観てきたけど、ここ数年、ベトナムの発展とともに、娯楽作品が増えてきたなと感じる。以前はベトナム戦争を踏まえた作品だったり、『モン族の少女 パオの物語』や『草原に黄色い花を見つける』のようにベトナムの農山村部を描いた作品が多かったけど、都会の若者を描いた作品や『超人X』のようなスーパーマンだけどゲイなんていう単なるアクションではなく、ちょっとひねった作品なども出てきた。
今年大阪アジアン映画祭で観た『仕立て屋 サイゴンを生きる』などタイムスリップものとかも面白かったし、本来ベトナム現地でヒットしているエンターティメントやアクションなどのベトナム作品も日本で観ることができるようになったなと、この映画祭でのラインナップを見て思った。
今回とても残念だったのは、ダン・ニャット・ミン監督の『焼いてはいけない』を観ることができなかったこと。ダン・ニャット・ミン監督の作品は、これまで『十月になれば』(84)、『河の女』(87)『ニャム』 (95)を観ていて、この監督の作品に興味を持っているので、いつか『焼いてはいけない』を観てみたい。

参照 シネマジャーナルHP

『焼いてはいけない』ダン・ニャット・ミン監督インタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/461786756.ht

『モン族の少女 パオの物語』ゴー・クアン・ハーイ監督 インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2007/pao/index.html

『草原に黄色い花を見つける』 ヴィクター・ヴー監督 来日会見&インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yellow-flowers/index.html

そういえば前日の11月20日(火)は、東京フィルメックスに行っていて、「そうだ、今回1回も行っていないのでベトナム料理食べよう」と、バインセオサイゴン有楽町で「バインセオセット」を食べたんだけど、21日ベトナム映画祭に行ったら、バインセオサイゴン新宿とのタイアップでバインセオが無料サービスされるというので、この日もバインセオを食べて(笑)、2日も続けて食べてしまった。バインセオというのはベトナムのお好み焼きというような料理で、薄いオムレツの中に海老とか豚肉、もやしなどが入っていて、それをレタスのような葉っぱに巻いて食べる。手で食べないといけないので、手が油だらけになってしまい少々食べにくい。でもさっぱりしていて、大好きなベトナム料理。以前はフォーを食べていたけど、最近はベトナム料理の店に行くと頼むことが多い。

白石さんの記事参照
http://cinemajournal.seesaa.net/article/462899070.html

思えば、このバインセオサイゴン新宿は新宿駅の上のビル(新宿ミロードだったかな?)にあった時に初めて行ったのを思い出した。その後、有楽町店にも通うようになった。その後、新宿店は別の場所に移り、そこにも行ったけど、今はまた駅に近いところになったようだ。
でも一人で入ることが多い私には、有楽町店のほうがセットがあるので入りやすい。このバインセオセットだとフォーもついている。新宿店は数人で入るにはいいけどセットがなくて、一人だといろいろ食べられないのが残念。でも、新宿店は、私がベトナム料理を好きになったきっかけになった店。そういう意味ではおいしいベトナム料理を教えてくれてありがとうと思っている。



"ベトナム映画祭2018 『目を閉じれば夏が見える』(暁)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: