第5回 広島イラン愛と平和の映画祭 2018


会場と日程:
広島テレビホール:8月4日(土)・5日(日)
八丁座:8月5日(日)

公式サイト・http://www.a-sia.com/hilpff/

上映作品:
http://www.a-sia.com/hilpff/movie.html

『水中の杉』
2017年/117分
監督:モハマドアリ・バシェアハンガル

『近郊の人々』
2016年/100分
監督:モニール・ゲイディ

『マフール』
2016年/112分
監督:ハミード・ザルガルネジャード

『テヘラン悪ガキ日記』
1998年/90分
監督:カマル・タブリーズィー

『リザード』
2004年/116分
監督:カマル・タブリーズィー

アニメ『ジュノー』ペルシャ語字幕版
2010年/70分
統括:津谷静子

『どうして広島に来たの?』ペルシャ語字幕版
2013年/34分
監督:時川英之

★例年と違って、広島イラン愛と平和の映画祭での上映作品は、東京では上映されません。
東京イラン映画祭(8月7日~9日)とは別のラインナップです。


ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 (SSFF & ASIA 2018)

開催期間:2018年6月4日(月)~2018年6月24日(日)
上映会場:表参道ヒルズ スペース オー、ラフォーレミュージアム原宿、アンダーズ 東京 Andaz Studio、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、シダックスカルチャーホール、六本木ヒルズ ヒルズ カフェ / スペース、ほか
※開催期間は各会場によって異なります

上映作品:世界130以上の国と地域から集まった1万本を超える作品の中から、選りすぐりの約250作品を一挙上映。
料金:無料上映 一部、有料イベントあり。
主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会
公式サイト:http://shortshorts.org/2018/


20周年を迎えた映画祭。
実行委員会委員長、別所哲也さんの言葉より;
今年のコンセプトは、「CINEMA SMART (シネマスマート)」
本から学ぶ「BOOK SMART」
経験から学ぶ「STREET SMART」
そして・・・シネマから学ぶ「CINEMA SMART」!
動画と情報があふれる今だからこそ! 映像、とりわけシネマの持つチカラを信じて!シネマの原点であるショートフィルムで、映像文化と映像産業の歴史と未来をつなぐ結節点にこの映画祭をしていきます。

多彩なプログラムから、お気に入りを見つけて、ぜひお出かけください。
プログラム・イベント:
http://www.shortshorts.org/2018/ja/program/



第28回にいがた国際映画祭

期日:2018年6月1日(金)〜6月8日(金)
会場:クロスパルにいがた 4F映像ホール
    新潟・市民映画館シネ・ウィンド
チケット:当日券・・・ 1,100円
https://28th.niffec.com/

スケジュール:
◆クロスパルにいがた 4F映像ホール
6/1(金)18:40〜21:10 『クイーン 旅立つわたしのハネムーン』[オリジナル完全版]
6/2(土)
10:00〜12:00 『きっといい日』
12:30〜14:10 『星空』
14:40〜16:20 『スイス・アーミー・マン』
16:50〜18:30 『わたしたち』
19:00〜20:50 『すれ違いのダイアリーズ』
6/3(日)
『英雄の谷』(ゲストトーク:ワンマツェダン氏)
上映/10:30〜 トーク/11:00〜
『十年』(ゲストトーク:倉田 徹氏)
上映/13:00〜 トーク/14:55〜

◆新潟・市民映画館シネ・ウィンド 連日10:00より
6/2(土) 10:00〜12:30 『クイーン 旅立つわたしのハネムーン』 [オリジナル完全版]
6/3(日) 10:00〜11:50 『スイス・アーミー・マン』
6/4(月) 10:00〜11:40 『わたしたち』
6/5(火) 10:00〜11:50 『星空』
6/6(水) 10:00〜12:00 『すれ違いのダイアリーズ』
6/7(木) 10:00〜12:10 『きっと、いい日が待っている』
6/8(金) 10:00〜12:00 『十年』

第7回うらやすドキュメンタリー映画祭

2018_urayasu_eigasai_chrashi_omote1-e1526740732901.jpg

期日:2018年6月15日(金)~6月17日(日)
会場:浦安市民プラザWave101 大ホール
(ショッパーズプラザ・イオン新浦安4階、JR新浦安駅から徒歩3分)
 TEL:047-350-3101
入場料:1dayパス 事前予約1,600円 当日1,800円(高校生以下999円)
2dayパス 事前予約2,999円 ※当日販売なし
前夜祭・アフター6パス  当日のみ999円(高校生以下500円) 

上映作品:☆上映後ゲストトーク予定 ★シンポジウムゲスト登壇予定

 【6/15(金)】前夜祭 『国家主義の誘惑』<日本初上映>☆
 【6/16(土)】 ※9:45開場
 『三里塚のイカロス』☆
  『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』☆
  『A2完全版』☆
  『映画のない映画祭』☆
 【6/17(日)】 ※10:00開場
  『ミリキタニの猫《特別篇》』☆
  『いただきます 劇場版』☆
  『いのちの岐路に立つ』☆
 シンポジウム「ドキュメンタリーが未来に貢献できること」★
  『ソニータ』☆
詳細はこちら
http://urayasu-doc.com/

EUフィルムデーズ(EU Film Days)東京/京都/広島の3都市で順次スタート!

eufilmdays_cover.jpg

主催:国立映画アーカイブ、駐日欧州連合代表部およびEU加盟国大使館・文化機関
会期:2018年5月26日(土)-6月21日(木)
会場:長瀬記念ホール OZU(2階)
 〒104-0031 東京都中央区京橋 3-7-6 国立映画アーカイブ(旧フィルムセンター)
定員:310名(各回入替制・全席自由席)
★各回の開映後の入場はできません。
★5-6月の休館日:月曜日期日:5月26日(土)から

料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、東京国立近代美術館及び国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
◆開場時(開映30分前)に、前売券に記載された整理番号順にご入場
◆当日券で入場される方には、開館と同時に、当日上映する全ての回の入場整理券を1階ロビーにて発券します。
・各日の開館時間についてはスケジュール欄をご覧下さい。
詳細はこちら
http://www.nfaj.go.jp/exhibition/eufilmdays201805/