TIFFコンペ部門 審査員記者会見 ~作品情報は見ないで鑑賞~ 

第31回東京国際映画祭 コンペティション部門審査員記者会見

DSCF5666 TIFF s.JPG
10月26日(金)10時~  
TOHOシネマズ六本木ヒルズ SC7にて

【登壇ゲスト】
審査委員長:ブリランテ・メンドーサ監督(『ローサは密告された』)
審査員:
ブライアン・バークさん(J・J・エイブラムス作品や『ミッション:インポッシブル』シリーズのプロデューサー)
タラネ・アリドゥスティさん(『セールスマン』主演女優)
スタンリー・クワン監督(『ルージュ』『フルムーン・イン・ニューヨーク』)
南果歩さん(『海炭市叙景』『家族X』『わが母の記』)

映画祭のメインであるコンペティション部門は、2018年1月以降に完成した長編作品が対象。109の国と地域の1829本の応募の中から選ばれた16本がグランプリを競います。
各賞を決める大事な役目を担った5人の審査員が登壇。審査委員長 メンドーサ監督を筆頭に、一言挨拶。
最後に挨拶した南果歩さんは、開催国の審査員として、英語も交えて、少し長めに挨拶されました。
「朝早くから申し訳ありません。いよいよ第31回始まりました。映画を身近に感じて、いろんな映画に足を運んでくださることを願っています。愛を込めて、魂を込めて作られた16本。審査員の5人の一人に選ばれたことを光栄に思います」

続いて、会場からの質問に応じました。

◆まっさらな状態で映画を観たい
最初の質問は、今年の審査員長の出身地であるフィリピンの女性記者から。
5人に対し、コンペの審査に当たる思いと、メンドーサ監督には、フィリピンとして初めて審査員長に就かれたことについて質問されました。

ブライアン・バークさん
心と魂を注いで作られた素晴らしい作品を楽しみにしています。意図的にシノプスを見ないで拝見しようと思います。

南果歩さん
私もブライアンさんに賛成。情報を見ないで観たいと思います。第一印象が大事。自分の気持ちとして、まっさらな感じで。

タラネ・アリドゥスティさん
DSCF5633 TIFF.JPG
やはり第一印象が大事。ペルシア語に「同じ目線で人を見る」という言葉があります。16本を同じ目線で観たいと思います。

スタンリー・クワン監督
DSCF5606 TIFF s.JPG
同意見です。『アリー/ スター誕生』(今年のオープニング作品)は、香港で公開初日に観にいきました。それほど映画が大好きですが、審査員の立場で観るのは、映画を鑑賞しにいくのとは違います。16本の映画、どこの国とか、監督が誰とか、関係なく観てみたい。

メンドーサ監督

DSCF5600 TIFF 2.JPG
昨日、ガイドラインをいただきました。16本の情報もいただきました。大切なのは、初めて鑑賞する興奮。予想をせずに観るのがいい。もちろん、映画的言語がちゃんと使われているかも見る必要があると思います。
フィリピンから審査員長が選ばれたことについては、もちろんとても幸せです。日本のような先進国と違って、発展途上国のフィリピンから選ばれたことは名誉と感じています。今年から来年にかけて、フィリピンでは映画製作100周年を祝っていますので、そのような時に審査員長を務めるのは、ことのほか嬉しいです。

◆コンペに女性監督作品が1本しかない!

ドイツの記者から、今年のコンペでは女性監督の作品が『翳りゆく父』1本だけということについて、特に二人の女性審査員に思いを聞きたいと質問がありました。

タラネ・アリドゥスティさん
DSCF5650 TIFF.JPG
映画に限らず、すべての役割は男女平等でするべきだと思います。実際、女性のフィルムメーカーはマイノリティです。一歩一歩歩みを進めていかないといけません。今回、女性審査員が2名というのも東京国際映画祭では珍しいことです。これも小さな一歩と思います。

南果歩さん

昨日、タラネさんとも話していたのですが、世の中男女半々。今回、審査員が5名のうち女性2名。来年は女性3人とか、審査員長が女性になってもいいと。私たちが発言していくことで変わっていくと思います。

メンドーサ監督

映画祭では、まず作品を観て評価すべきで、性別で認識して語るものじゃない。もちろん、男女平等に扱うべきですが。

ブライアンさん

このような質問自体が残念です。すぐれた女性のフィルムメーカーは大勢いますので、いつの日か、このような質問が出ない社会になってほしい。

☆最後に、メンドーサ監督に「審査員長として、5人の意見が分かれたら、どうやって決めますか?」との問いに、メンドーサ監督は「過去に経験していますが、必ずしも自分が好きじゃないからいい映画でないとはいえません。いい作品でも、好みじゃないこともあります」と答えました。
自分の好みではなく、5人で話し合って、公正な目で判断したいということでしょう。
さて、審査員の方たちは、どの作品を選ぶのでしょう。
11月2日の発表が楽しみです。

DSCF5660 TIFF s.JPG

*******
朝が弱い私にとって、朝10時からの記者会見はつらかったのですが、タラネさんにお会いしたくて、頑張りました。すべて英語で発言されたので、ペルシア語が聴けなくて残念でした。
DSCF5616 TIFF.JPG
フォトセッションの時に、タラネさんにペルシア語で「ようこそ」と声をかけたら、「メルスィー」とにっこり笑って答えてくださいました。ミッション成功!  (注:イランでは、メルスィーが、「ありがとう」として一般的です)

そんな次第で、タラネさんの写真はたくさん撮ったのですが、私の席から遠くにいらした南果歩さんとブライアンさんの写真を撮り損ねてしまいました。失礼しました・・・ 
そして、耳が痛かったのが、審査員の皆さん、そろって映画は情報なしにまっさらな状態で観るとおっしゃったこと。私は、寝てしまっても話についていけるようにと、しっかり情報を読んで映画を観ているのです。確かに、資料を読む時間がなくて、どんな映画かまったく知らないで観た時の方が、驚きも多く新鮮。さて、今後どうするかな。(景山咲子)

TIFF4日目(白)

10月28日(日)
今年はお天気まずまず。雨もポツポツくらいで済んでいます。
めざましかけて起きたものの、主婦は何かとやることがあり、午後イチの作品から4本。
3本が親子の話でした。

『はじめての別れ』中国
新疆ウイグル地区からTIFF初登場。ヤギや羊と草原や森を歩く少年。聾唖の母親を愚痴ひとつ言わずに介護する息子アイサ。疲れてしまった父親は母親を施設に入れようとする。兄も町に出ていった。
友達のカリビヌールは、キラキラのスパンコールのついたワンピースを着ていて(お金持ちらしい)ちょっと驚く。その両親が綿をつみながら歌う。お父さんの歌が上手すぎる。本業は歌手なのか?とにかく映像が美しい。

『靴ひも』イスラエル
母が事故死し、一人になった障害のある35歳の息子が、生まれてすぐ別れた父と同居する。腎臓病なのに透析もサボる頑固な父。はじめは互いに受け入れないけれど、いつしか・・・という家族のドラマ。
俳優さん上手くてついつい泣けてくるのだけれど、これもハッピーエンドだと思う。

『人魚の眠る家』東野圭吾原作/堤幸彦監督
篠原涼子さん子を思う母親を熱演。特殊な設定ではあるけれども、その心情に泣ける。そういえば出演者全員が泣くお話だった。

『カンボジアの失われたロックンロール』アメリカ・カンボジア
1950~1970年代のカンボジアの音楽史。
弾圧前の髪型や服装が日本でも見たスタイルで、懐かしいと思う自分(の年)を再確認。『音楽とともに生きて』で、心の支えとなり、くりかえし歌われた大歌手シン・シサモットを詳しく紹介。エンドロールでカンボジア国民に捧ぐ、と献辞が出て試写室内で拍手が起こった。ジョン・ピロジー監督はアメリカ人。
(白)

TIFF3日目(白)

10月27日(土)

昨日はご飯食べる時間が取れないくらいびっちりでした。
本日は空きはあるものの、ほかに取材できるほどはなし。早く帰りたくなって最後の1本をワールドフォーカスから。

『母との距離』フィリピン
理解ある夫と娘二人を残して家を出て恋人と暮らした妻。5年後恋人が亡くなって一人になった妻を夫は連れ戻す。娘たちには不在だった理由を明かさなかった。大学生になった長女は強く反発する。次女は少しずつ距離を縮めるが・・・
家に戻った妻は、娘の名前も呼ばず、謝る言葉もない。罪を意識するが故と100歩譲っても、一言謝っても罰は当たらないだろうと家族の代わりに怒りたくなる。

『トレイシー』香港
50代に入ったダイホンに高校生のころ親友だったチンの訃報が届く。チンの遺骨を持ってパートナーだったというボンドが香港にやってくる。
これまでずっと隠してきた感情があふれ出すダイホン。
まだ20代のジュン・リー監督の長編デビュー作。姜皓文(フィリップ・キョン)はアンディ・ラウ主演の『爆弾処理班(原題:拆弾専家)』で、第37回香港電影金像奨の最優秀助演男優賞を受賞した人です。そういえばあちこちに出ていたっけ。こんなに切ない役で観たのは初めて。

『ブラザー・オブ・ザ・イヤー』タイ
賢兄愚弟ならぬ「賢妹愚兄」、お互い気になるあまりに喧嘩ばかり。デキル妹は日本留学から帰って、広告会社社員の兄のクライアントである日本企業に就職した。おまけに日タイハーフのモジという社員と恋愛中。兄はいつものように邪魔をするが、結婚まで進みそう。
兄妹はタイとフランスのハーフということで、美男美女。素直になれずにこじれてしまった兄と妹のストーリー。甘い顔のモジ役は韓国のアイドルグループ2PMのニックン。韓国系でなく、お母さんは中国系アメリカン、お父さんがタイ人でアメリカで生まれ育っているんだそうです。

『世界の優しき無関心』カザフスタン
父親が事業の失敗から自殺、母親に借金のカタに身売り同然に出されてしまった娘サルタナット。使用人で娘を慕うクアンドゥクが用心棒のようについていく。借金は大きすぎて二人にはどうにもならなかった。
のどかな田舎道を歩く二人の映像から、厳しい現実にもまれていく。純朴な男だったクアンドゥクがハードボイルドになっていくのがおかしくもあり、哀しくもあり。

IMG_6892.jpg
IMG_6894.jpg

「CROSSCUT ASIA#05 ラララ♪東南アジア」は小さな冊子です。
今年の「CROSSCUT ASIA」のテーマは音楽。上映作品の紹介や関わる人々の記事があって、読み応えのある52p。
細野晴臣さんの記事に続いて、森崎ウィンさんのインタビュー「叶った夢、これから叶える夢」が写真入りで4pありました。おー!
ラヴ・ディアス監督と石坂健治さんの対談「映画の宇宙」、高田漣さんの「ピート・テオを語る」があり、藤元明緒監督が「ミャンマーが僕に教えてくれたこと」を書いています。前は上映会場に入るときに手渡されましたが、今日は映画祭のパンフと一緒にラックに入って持ち帰れました。シネマカフェにも置いてありました。映画と一緒にお楽しみください。より深く残るはずです。(白)

TIFF2日目(白)

10月26日(金)
今年はできるだけ「アジアの未来」、「CROSSCUT ASIA」中心で観ることにしました。
コンペ作品はいまのところスタッフ日記に書いた『半世界』『愛がなんだ』を事前試写で。
今回は試写の予約ができないので、スタッフ全員でカバーできるかどうか疑問。席数の多いEXシアターに期待。
本日観たのはこれ。詳細はのちほど。

『海だけが知っている』台湾
台湾南東部の離島。子どもと祖父母を残して都会に出稼ぎに行く親が多い。赴任してきた若い男性教師は、転任に不満で早く町へ戻りたい。伝統舞踊の大会に生徒を参加させて、評価されようと目論む。祖母と暮らすマナウェイは、父を喜ばせたくで練習に励む。
教師以外のキャストはみな島の住民。祖母のリーさんの体験が元になっているので、孫への気持ちが思い出されて自然に涙している。マナウェイくん俳優になれるぞ。

『武術の孤児』中国
武術学校へ叔父のコネで赴任してきた国語教師。畑違いの環境にとまどうばかり。美人の校医と武術が苦手ないじめられっ子が気にかかる。
現存する学校でのロケ。ブルース・リー、ジャッキー・チェン、リー・リンチェイになりたい、と鍛錬に励む子たち。コメディタッチで描かれているけれど、こぼれてしまう子へのケアがほしかった。そのシーンが棘のように刺さって忘れられないのだけれど、解決させても記憶に残るはず。

『音楽とともに生きて』カンボジア
アメリカからギターを携えて母の故郷を訪れる娘。遠路を行く間に、母の若き時代、クメール・ルージュの迫害を受けた父、現在の映像が映し出される。貫くのは心の支えにしたシン・シサモットの歌謡曲。
拘束され強制労働中に作曲を強要される音楽家が出てくる。行方の知れないわが子と同じくらいの少年兵に監視されている。実際に子どものころクメール・ルージュに掴まり、虐待を受けながら生き延びた人が演じているらしい。処刑前に朗々と歌い上げるのがシン・シサモットの歌。

『輝ける日々に』ベトナム
『サニー』ベトナム版。韓国オリジナルより人数を減らしている。再会した親友たちが末期がんで苦しむ一人の願いを叶えようとする。キャストの性格付けなどは同じで、背景の政治事情や流れる歌はベトナムのもの。グループの名前は「荒馬団」?!とにかく賑やか。
日本版(大根仁監督)では、90年代のギャル文化が背景。Jポップスが流れ広瀬すずさんの変顔、篠原涼子さんの制服姿が拝めてお得感あり。


IMG_6872.jpg

13時から「アジア三面鏡」の『碧朱』松永大司監督インタビューへ。ミャンマーへ進出した日本企業のサラリーマンと、ヤンゴンの市場で働く女の子との邂逅。いやおうなく変わって行くものへの惜別が感じられた作品。主演の長谷川博巳さんも長身だけれど、松永監督も同じくらいありそう。美大生だったナンダーさんが小柄なので、2人の間にはさまるとさらに小さく見える。はかなげだけど、ちっとも物怖じせずしっかりした女の子なのだそうです。

インタビュー記事はこちら

IMG_6879.jpg

映画の合間に『プロジェクト・グーテンベルク』(香港)のフェリックス・チョン監督Q&Aへ。
久しぶりのチョウ・ユンファ主演のミステリー。脚本も書いた監督はユンファに似たこの役をほかの俳優で撮るつもりだったんだとか。
→すでに引退状態だったユンファへのつてもなかった
→別の役で出演を決めていたアーロン・クォックが自らコンタクトをとってくれた
→おかげでユンファが出てくれた
→「これ、誰にやらせるつもりだったの」って言われた
→ユンファ、引退は撤回。
すごい!会場から拍手が沸き起こりました。(白)

第31回東京国際映画祭 開幕(白)

10月25日(木)
IMG_6856.jpg

本日六本木ヒルズにて、華やかなゲストを招いてのレッドカーペット、オープニングイベントがありました。
HP https://2018.tiff-jp.net/ja/

公式チャンネルyoutube
https://www.youtube.com/user/TIFFTOKYOnet

観たい作品のチケットは手に入りましたか?
↓のスケジュールで○△×でチケットの状況もわかります。
https://2018.tiff-jp.net/ja/schedule/list/day25 

六本木ヒルズのアリーナ(27日より)と東京ミッドタウン日比谷のステップ広場では(26日より)、さまざまなジャンルの映画の無料上映があります。お気軽にお楽しみください。上映作品はスケジュールでご確認くださいね。
 
(日付を選ぶか>をクリック)
スケジュール表PDFはこちら
IMG_6857.jpg