TIFF9日目(白)

11月2日(金)

本日は受賞作品発表です。

●受賞結果

東京グランプリ/東京都知事賞 『アマンダ(原題)』フランス/ミカエル・アース監督
審査委員特別賞『氷の季節』
最優秀監督賞 エドアルド・デ・アンジェリス『堕ちた希望』
最優秀女優賞 ピーナ・トゥルコ『堕ちた希望』
最優秀男優賞 イェスパー・クリステンセン『氷の季節』
最優秀芸術貢献賞『ホワイト・クロウ(原題)』
最優秀脚本賞 Presented by WOWOW『アマンダ(原題)』
観客賞『半世界』
アジアの未来 作品賞『はじめての別れ』
国際交流基金アジアセンター特別賞 ホアン・ホアン『武術の孤児』
日本映画スプラッシュ 作品賞『鈴木家の嘘』
           監督賞 武正晴『銃』
               田中征爾『メランコリック』
東京ジェムストーン賞 木竜麻生『鈴木家の嘘』
           リエン・ビン・ファット『ソン・ランの響き』
           カレル・トレンブレイ『蛍はいなくなった』
           村上虹郎『銃』


●最後のプレス試写で見た作品

『ある誠実な男』フランス/ルイ・ガレル監督・主演
アベルの親友だったポールが急死した。その妻マリアンヌ(レティシア・カスタ)はかつて自分の恋人でもあった。一緒に暮らしはじめるが、マリアンヌの息子はママがパパを殺したと吹き込む。ポールの妹、エヴ(リリー・ローズ・デップ)も加わってアベルは右往左往する。
前作の続編。陰では気をもんでも、アベルの前ではいつも余裕たっぷりに微笑むマリアンヌ。エヴが「あんなに恋焦がれていたのに、暮らしてみたら普通の男だった」と気づくのも織り込み済み。女性のほうが一枚も二枚も上手でした。子役がとっても美形です!チェックしとこう。

『蛍はいなくなった』カナダ
地方都市の生活にいやけがさしている女子高校生。一番愛した父は労働争議で遠くへ追いやられ、母は大嫌いな父の友人と再婚した。元ミュージシャンの男にギターを習い始め、休暇で戻った父に聞かせる。
娘役のカレル・トレンブレイがジェムストーン賞を受賞したので外せないな、と観ました。このヒロイン「人間が嫌い。ハートの女王みたいに斬首したい」といって怒ってばかり。愛してほしいの裏返しなのだろうけれど、みな中途半端に放り出す。みな失ってみれば大事なものがわかるよ、というメタファーなのか、ラストは闇の中で蛍が光る。

『ジェリーフィッシュ』イギリス
15歳のサラは精神疾患を抱えてなにもできなくなった母、小学生の妹、弟と暮らしている。収入はサラのバイト代だけ、ときどき支払いが間に合わず電気が止まる。みんなで暮らしたいと必死で働き、弟妹の面倒をみるサラは、学校の授業にもよく遅れる。パフォーマンスの先生に勧められてスタンダップ・コメディを知り、初めて打ち込めるものを見つける。母が手続きを忘れたために住宅手当まで止まってしまった。このままでは家を追い出される。
周りの大人は何をしているんだ~!と歯がゆくなります。どんな母親でも一縷の望みをつなぎたい娘、若い娘にすり寄る男、理由を聞かない先生。子どもの不幸は大人が原因、どんなに頑張っても限りがある。それでも逃げないサラ。こちらのサラ役リヴ・ヒルにもジェムストーン賞をあげたい。後ろから蹴飛ばしたくなるような男たち、ダメ母を演じた俳優さんに助演賞を。イギリスの笑いってほんとに辛口。そこが好きですが。(白)

TIFF8日目(白)

11月1日(木)

映画祭も残すところあと2日。早い!

取材
●『黄金狂時代』トークショー 澤登 翠(無声映画活動弁士)

IMG_7055.jpg

●アニメーション監督 湯浅政明の世界
『湯浅政明 自選短編集 1992-2014 』トークショー
湯浅政明(監督)、入江 悠(映画監督)
IMG_7215.jpg

●『jam』鑑賞&舞台挨拶 
SABU(監督)、青柳 翔(俳優)、町田啓太(俳優)、鈴木伸之(俳優)、秋山真太郎(俳優)、小澤雄太(俳優)、小野塚勇人(俳優)、佐藤寛太(俳優)、八木将康(俳優)

IMG_7186.jpg


映画祭以外マスコミ試写『ボヘミアン・ラプソディー』にも行きました。クイーンのリードボーカル、フレディ・マーキュリーの半生。
圧巻のライブシーンについ涙。画面で見るだけでも胸アツです。11月9日(金)全国ロードショー(白)

TIFF7日目(白)

10月31日(水)

『プロジェクト・グーテンベルク』香港/フィリップ・チャン 
チョウ・ユンファ、アーロン・クォック
画家志望の青年レイが夢破れ、贋作作りの腕を買われて偽札作りに参加する。ユンファが頭は切れるが非情なボス役。
よく練られた脚本、久しぶりのユンファ登場が嬉しい。還暦すぎたというのに、アクションも1箇所のみスタントでがんばったようです。しかしネタバレしないように説明するのが難しいのでここまで。一般公開しますように。

『リスペクト』フィリピン/トレブ・モンテラスII監督
「マルコス元大統領を英雄墓地に埋葬するのに反対暴動」とニュースが流れている。警察との応酬で死亡者が出たと話すヘンドリックたち。3人は貧困と犯罪のただ中に住んで、ラップバトルに情熱を燃やしている。罵り言葉しか知らない彼らが老詩人と知り合って、それまで知らなかった言葉の世界をひろげていく。
ヘンドリックは姉と彼氏(麻薬の売人)と暮らしている。高校生くらいにしか見えないけれど、売人の手先になりラップバトルに参加するために盗みも平気。違う世界を知ったことで、良い方向にいくかと思ったのに・・・。若い3人の俳優たちがいい。その後何かに出ているかしら?シネマラヤ映画祭2017でグランプリはじめ最多の7賞を受賞した作品。

展望台に行って、藤子不二雄Ⓐ展見ました。ときわ荘の部屋の再現コーナーがあり、机に向かってなりきり写真も撮れます。

IMG_7030.jpg
IMG_7017.jpg


取材:『太陽の王子 ホルスの冒険』上映後のトークショー
小田部羊一(アニメーター、キャラクターデザイナー)、吉村次郎(撮影) 司会:清水慎治(東映アニメーション常務取締役)

今年4月に亡くなられた高畑勲さんとほぼ同じころ東映入社。面白おかしいだけではない、ドラマチックなアニメーションを作り出してこられたお二人。『太陽の王子 ホルスの冒険』(1968) は公開したのがちょうど50年前です。当時のお話や高畑さんとの思い出など、詳細な記憶、滔滔とお話くださるので30分は短かった!!
「アルプスの少女ハイジ」(1974)で、1からキャラクターを作り上げたと「キャラクターデザイン」という名前をつけたのが演出の高畑勲さんだったそうです。それまでは作画監督と言っていました。そのころ背景、建物、地形など全体を捕まえて場面設計ができたのが宮崎駿さん。東映に10余年在籍して、小田部さんは高畑さん、宮崎さんと一緒にAプロダクションに移ります。
毎週毎週楽しみに見ていた番組を作られた(私にはアイドルの)小田部さんに会えて嬉しい夜になりました。(白)

TIFF6日目(白)

10月30日(火)晴れ

後半に入りました。今朝はブログ更新をしていて、映画祭は午後から。
『それぞれの道のり』フィリピン
「旅」をテーマにしたオムニバス映画。
ラヴ・ディアス監督「Hugaw (Dirt)」
ブリランテ・メンドーサ監督「Defocado (Defocused)」
キドラット・タヒミック監督「Lakan Ni Kabunyan (Kabunyan's Journey)」

アリーナでは無料上映会していますよ。1日まで。

IMG_6905.jpg

31日 『インビクタス/負けざる者たち』『ザ・エージェント』『ピンポン』
1日 『がんばれ!ベアーズ』『レスラー』『ダンガル きっと、つよくなる』(オリジナル版)

映画は1本にして、虎ノ門の完成披露試写会取材へ。
六本木に戻ってもう1本の予定はとりやめ。そのまま帰宅。

★ウィスット・ポンニミット展
2018.10.26(金)~ 11.18(日)
ヒルズ3F森美術館出口の前にミュージアムショップ、すぐ右手のギャラリーで開催中、
タイの40代の漫画家さんですが、絵柄で「ど根性ガエル」を連想しちゃいました。
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/smile/index.html

★藤子不二雄Ⓐ展
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/tcv-fujiko-a-ten/index.html

TIFF5日目(白)

10月29日(月)
今日も晴れて洗濯日和。干してから出かけました。
珍しく地下鉄が遅れて、少々遅刻。

『冷たい汗』イラン
女性フットサルチームの主将のアフルーズは夫と別居中。アジア大会決勝に進出したが、夫の許可なくしては出国できない。夫は離婚にも応じず、話し合いももの別れ。SNSを通じて世論に訴えるが・・・。
法律がこんなに男女不平等だったとは!現在の話よね?と開いた口がふさがらない。男性優位の法律がすぐには変わらないだろうけど、アフルーズはめげずに言うべきことは言う。男性はそんな女性の強さが怖いのだろうと推測。

『漫画誕生』日本(30分のみ)日本の近代漫画の祖と言われる北沢樂天の半生。

『ソン・ランの響き』ベトナム
1980年代のサイゴン。取立て屋のズンがカイルオン(ベトナム南部の大衆歌舞劇)の劇団で役者のリン・フンと知り合う。はじめは反目するふたりだったが、元々劇団で育ったズンは、父親の遺した楽器でリンの伴奏をして、子どものころを思い出す。別の生きかたができるだろうか・・・。
衣装や化粧が京劇によく似ている。リン役はベトナム映画祭で上映した『フェアリー・オブ・キングダム』のハンサムな王子役だったアイザック。歌手だけれど、この歌舞劇の歌は特訓したに違いない。

『BNK48:Girls Don't Cry』タイ
AKB48のバンコク版のドキュメンタリー。
オーディションで第1期生を選出するところから始まり、合格した30名からCD発売のたびに16名を選抜する。メンバーへのインタビューと現場の映像で綴られる。トップにはトップの、アンダーにはアンダーの涙と悩みがあった。

IMG_6896.jpg

カフェでグリーンサラダとコーヒー。隣にいらしたのはフィリピンのタヒミック監督(W『それぞれの道のり』)だったかも。
サラダは多すぎて(美)さんに手伝ってもらった。半分の量で半額だと嬉しいんだけど。(白)