東京国際映画祭 特集「イスラエル映画の現在 2018」『赤い子牛』10/27 Q&A (咲)

DSCF5957 akai.JPG

「イスラエル映画の現在 2018」 ワールド・フォーカス
『赤い子牛』 英題:Red Cow 原題:Para Aduma
監督:ツィビア・バルカイ・ヤコブ
出演:アビガイル・コバーリ、ガル・トレン、モラン・ローゼンブラット
2018年/イスラエル/ ヘブライ語/92分

*物語*
自分を産んだ時に母が亡くなり、ユダヤ教聖職者の厳格な父とふたりで暮らしてきた赤毛の少女ベニー。自分の誕生と同時に生まれた赤い子牛の世話をしている。明るく行動的な少女ヤエルと親しくなり、父親から宗教的な暮らしや牛の世話を強制されていると指摘される。ベニーとヤエルはお互い恋心に近い感情を持ち始める。やがて父がそのことを知る・・・


イスラームの「岩のドーム」が見晴らせる家で、正統派ユダヤの父と暮らすベニー。毎日、父と共に祈る。土曜日には、安息日の服に着替えなさいと父から注意される。煙草を吸っていると、司祭の娘が安息日に許される行為なのかと陰で言われる。ヤエルと知り合う前は、それが当たり前だと思っていた正統派としての暮らし。だんだん自我に目覚めていく少女の姿がまぶしい。

◆10月27日 上映後のQ&A
登壇者:ツィビア・バルカイ・ヤコブ(脚本/監督)、ボアズ・ヨナタン・ヤコブ(撮影監督)、イタイ・タミール(プロデューサー)
司会:松下由美さん

司会:スペシャルゲストがもう一人、ヨセフちゃんがいらっしゃいますね。この映画からもう一つ生まれた素敵なものがあるとは!

監督:ツィビアと申します。脚本と監督を担当しました。私の個人的な体験から生まれた物語です。宗教的な家庭に生まれ育って、入植地で暮らしていました。

撮影監督:撮影の責任者です。映画が終わると共にツィビアと結婚して、このヨセフが生まれました。
DSCF5939 akai.JPG


プロデューサー:お招きいただき光栄です。楽しんでくださったことと願っています。

司会:まず、場所の設定と背景をご説明お願いします。

監督:舞台は東エルサレムで、基本的にアラブ人の住む地域なのですが、一部、ユダヤ人が土地を買って住んでいます。「赤い牝牛」が生まれることによって神殿が再建されると信じられています。神殿は、今、岩のドーム(イスラームの第三の聖地)の建つ丘の上にもともとあったもので、第三神殿として再建されるべきものと考えられています。
父ヨシュアが信じているのは、神殿が丘に建てられ、ユダヤ人だけを守る国家でなく、神殿が必要をとする人たちの国ができることです。
「赤い牝牛」がキーワードになっていて、良い兆候として存在しています。聖なる存在で、主人公のベニーと重なっています。
DSCF5928 akai.JPG


*会場とのQ&A
― 牛を囲いから出そうとするのに、出ていかないのは何を象徴しているのですか?

監督: 「選択の自由」が映画の一つのテーマです。ベニーは牛を無理矢理出そうとせず、牛に任せています。門が開かれてるのに、牛は出て行かない。一方、ベニーは、自分で選択して出て行きます。

― イスラエルでのLGBTに対する状況は?


監督:テルアビブでは、非常にオープンです。その他の地域は、まだまだ古い習慣が根強く残っていて、宗教家の影響も強く、タブーがあります。宗教的なコミュニティの中でも、同性愛者の方たちが認めてもらおうと活動を始めているケースもあります。まだまだ始まったばかりです。

― 現在のイスラエル社会を考える意味でも良い作品でした。ヨシュアが所属する正統派の人たちはどのようなスタンスの人たちですか?


監督:
正統派の中でも階層がいろいろ分かれています。ヨシュアはシオニズム宗教家の一人で、入植地に住んでいて、ヨシュアは中でも極端な立場をとっています。

― 父親が正統派ユダヤの祈りを捧げている窓の向こうに岩のドームが見えるという、素晴らしい構図でした。イスラームの祈りを呼びかけるアザーンが聴こえていて、ヨシュアのユダヤの祈りと重なっているのが、とても象徴的でした。

監督:エルサレムは3つの宗教の聖地で、緊張感が漂っていますが、あのようにアザーンの声が流れてくるのは、日常の一部です。それぞれの宗教の祈り方をしているのですが、同じ神様を祈っているはずのに、対立が生じているという皮肉な状況になっています。

― 描き足りなかったことが多々あると思います。


監督:
まさに、そういう場面がたくさんあります。かなり早いペースで撮影したのですが、ストーリー性をはっきりするために割愛した場面もたくさんあります。

― エンディングは、試行錯誤したのでしょうか?

撮影監督:
映画の最後は、彼女はよくわからないというところで終わっています。生まれたばかりの人間という状況です。1時間半という限られた時間で、最後はわからないという終わり方で、まだまだ物語に余地が残っています。
DSCF5934 akai.JPG


★10月29日の上映後のQ&Aは、公式サイトをご覧ください。







東京国際映画祭 イスラエル映画の現在2018『テルアビブ・オン・ファイア』 (咲)

DSCF5807 tell aviv s.JPG

イスラエル映画の現在2018 コンペティション部門
『テルアビブ・オン・ファイア』  
英題:Tel Aviv on Fire

監督:サメフ・ゾアビ
出演:カイス・ナーシェフ、ルブナ・アザバル、ヤニブ・ビトン
2018年/ルクセンブルク・フランス・イスラエル・ベルギー/97分/カラー/アラビア語、ヘブライ語

*物語*
パレスチナ人の青年サラムは、人気メロドラマの制作インターン。ヘブライ語のチェック係だ。撮影所に通うのに毎日イスラエルの検問所を通らなければならない。ある日、変な質問をしたことから車から降ろされる。ドラマの脚本を持っていたことから、検問所の主任アッシは、サラムを脚本家と勘違い。アッシの妻が大好きなメロドラマだと知って、筋書きに介入したがり、毎日のようにサラムを検問所に招きいれる・・・
  

イスラエル国籍のパレスチナ人であるサメフ・ゾアビ監督が描いた、大笑いのブラックコメディー。映画内のメロドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」は、1967年の第三次中東戦争前夜を舞台にしたパレスチナ女性とイスラエル将校の恋物語。恋の行方について、主任アッシはあれこれアイディアを出してくるが、政治的背景も絡んでくるのでインターンのサラムも本気で別案を出す。ユダヤ人とパレスチナ人が互角に意見を交わすということは、現実では残念ながらありえない。こうあってほしいという監督の思いも感じた。

DSCF5796 telaviv.JPG
10月26日の上映後、イスラエルの検問所の主任アッシを演じたヤニブ・ビトンさんが客席から登壇。「監督は、完成した映画をなかなか見せてくれなくて、今回は、ベネチア映画祭に次いで2回目。日本のお客様がパレスチナとイスラエルの葛藤をどれだけ理解してくれるかなと心配していたのですが、客席で一緒に観ていて、くすくす笑ってくださったので、理解していただけたと嬉しかった」と挨拶。監督から脚本をもらった時には、コメディだったので驚いたとも語った。

DSCF5798 tel aviv.JPG
アッシがパレスチナの郷土料理フムス(豆のペースト)の美味しい店があるといって、サラムを連れていく場面がある。 10月26日の上映後のQ&Aの折に、その場面について質問され、サメフ・ゾアビ監督は「フムスは家庭料理で、パレスチナ人にとってはレストランで食べるものじゃない。しかも、アッシが連れていった店のは缶詰のホムス。それには、戦争中、1週間に2時間しか開かない店で買った缶詰のフムスを食べさせられた経験が背景にあります」と答えていたのが可笑しかった。
実は、1991年にイスラエルを訪れた折、料理がアラブ料理と酷似したものが多くあって、そのことをユダヤ贔屓の日本人ガイドに伝えたら、「いや、全然違いますよ」と否定されたのを思い出した。東欧などから移住してきたユダヤ人たちの料理などもあるだろうけど、アラブ料理に影響を受けたものも数多くあって、それをユダヤ人が好きだというのも自然なことだと思う。

あの頃は、和平が近づいたかに思えた時期。分離壁も検問所もなかった。
本作では、今のイスラエルでパレスチナ人が生きることの大変さを見せながら、対話こそ和平への道であることを示唆しているようだ。(咲)

公式サイト 10月26日上映後のQ&A 

公式サイト 記者会見 






東京国際映画祭 イラン映画『冷たい汗』ソヘイル・ベイラギ監督 Q&A  (11月1日)

DSCF6370 TIFF iran s.JPG
(左:通訳のショーレ・ゴルパリアンさん)

アジアの未来 『冷たい汗』
2018年/イラン
監督:ソヘイル・ベイラギ

*物語*
女子フットサルのイラン代表チームの主将をつとめるアフルーズは、自らの活躍でアジア選手権大会の決勝進出を決める。ところが、決戦の地マレーシアへ向かう空港で、夫が出国を認めていないことが発覚し、足止めを食ってしまう。テレビキャスターの夫とは別居中で、夫はこれを機に妻が他国のチームに引き抜かれて国を去ってしまうのではないかと危惧していたのだ。アフルーズは、チームメイトの待つマレーシアに行けるのだろうか・・・
★注)イランでは、女性が出国する場合、既婚者は夫の許可、未婚や離婚した女性は父親(亡くなっている場合は親族の男性)の許可がいる。

1回目の上映は深夜だったのでQ&Aを聴くのを諦め、2回目の上映後のQ&Aを取材しました。
公式レポートが掲載されていないので、遅ればせながらお届けします。
*1回目の10月30日のQ&Aの模様はこちらで

監督:こんにちは。初めて東京に来られて、皆さんと一緒に自分の映画を観ることができてとても嬉しいです。

司会:7年ほど前の実話をもとに作った作品で、今、イランで公開中で大ヒットしているとのことです。

*会場とのQ&A

― 現在公開中とのこと。女性への対応も変化し、かつてはサッカー場に観にいけないという映画も作られました。このような題材で作る上での困難はあったのでしょうか?

監督:
女性がサッカー場に入れないのは、今も同じ状況です。特別に許された女性だけが、先日入ることができました。
フットサルは、女性が選手として活躍しているけれど、服装に規制があります。またイランでは、女性のフットサルを観にいけるのは女性だけです。映画では家族の問題も扱っています。

― 夫が古い価値観を代表するキャラクターです。テレビのパーソナリティをしていますが、番組も古い価値観を表わしているタイトルでした。イランのテレビでは、古い価値観のものを番組が多いのでしょうか? メディアの事情を教えてください。

監督:番組は、実際に似たものがあって、真似して作りました。伝統的なものだけではなくて、新しい雰囲気の番組もあります。本作のキャスターはモダンな格好をしているのに、頭の中は古くて、モダンでもな伝統的でもない中途半端な男になっています。

― サラーム! 半年前に女一人でイランを2週間旅しました。離婚した女性や離婚調停中の女性と話す機会もあって、どんな扱いをされるかを聞くことができました、男性が離婚すると、イランの社会ではどういう扱いをされるのでしょうか?

監督:離婚は他の国と同様の状況だと思います。女性が離婚する時は、独立を求めていて、とても芯が強いです。イランの法律は、全くアンチ女性ではないけれど、男性の肩を持っている部分が多いと思います。女性は自分から離婚したいと思って裁判にかけると男性に有利な場合が多いのが実情です。
女性は単なる遊びの旅行だけでなく、仕事で国外に出る場合も夫の許可が必要なので、そこを変えてほしいと、この映画を作りました。

司会:離婚して女性が非難されるようなことはありますか?

監督:
家族の中で生きている女性の方が自由があるかもしれません。離婚して一人で暮らしている女性が白い目で見られることはないけれど、皆、一人で頑張って生きていこうとしています。イランの女性はとても強いです。

― 主人公が連盟から解雇通告を受けたあと、連盟の部屋の中で女性たちが宗教的な歌を歌っている場面があったのが気になりました。信仰と社会システムの関係をどう描こうとしたのでしょうか?

監督:イランでは、聖人の生誕日を祝ったり、亡くなった日を悼む行事が数多くあります。そのような宗教的行事を役所の中で仕事をやめて行うのはいけないことだと思うので、あえて入れました。
彼女が解雇されて悲しい思いをしているのに、連盟のスタッフの皆が楽しそうにやっているのを見て、さらに孤独を感じます。連盟は自分の第二の家だと思っていたのに、違っていたという思いです。

― 映画を作っている時に、イラン国内で、反発はありませんでしたか?
また、公開後の反応は?


監督:このテーマは検閲官がいろいろ言いたくなるものでしたが、あれこれ口論して、検閲で引っかかったところはほとんどありませんでした。結局、一つ二つの台詞が駄目と言われましたが、大切な台詞ではなかったので削除しました。
映画が出来上がって、公開前にはイスラーム指導省の検閲が入って、テレビや新聞に宣伝を出せないという“静かな検閲”を受けました。口コミやSNSで広めてくれて、お陰さまで、多くの人に観てもらうことができました。人々が映画を守ってくれました。指導省は悔しがっていると思います。

― 夫役の人は、こんな人は死ねばいいというキャラクターでした。女性から観て、あんなに気分の悪くなる男性を男性監督が撮ったのがすごいと思いました。女性を抑圧する理不尽な法律はすぐには変わらないと思うのですが、変えていこうというムーブメントはあるのでしょうか?


監督:幸い、国会の中で議論していて、もうすぐ変わるのではと期待しています。女性議員のコミュニティがあって、電話をくださって、「あなたの映画を観て勇気を貰いました」と言われました。法律が変われば、女性議員の人たちが私の映画に影響を受けて頑張ってくれたのだと嬉しく思います。

司会:あのにくたらしい夫役はとても上手かったですが、プロの役者ですか?

監督:はい、大プロです。この映画に出演しているメインの5人の役者すべてイランの映画祭で賞も貰うような方たちです。

DSCF6399 TIFF iran s.JPG




東京国際映画祭 トルコ映画『シレンズ・コール』 ラミン・マタン監督インタビュー   ~ 自立したトルコ女性シレンは、西洋のオリエンタリズムに合わない~  (咲)

DSCF6048 siren s.JPG

東京国際映画祭 2018年 コンペティション部門
『シレンズ・コール』 2018年/トルコ


*物語*
離婚寸前の妻の父が営む建築会社に勤めるタクシン。建築ラッシュの大都会イスタンブルに嫌気がさして、女友達シレンが有機栽培をして暮らしている南の町のコミューンに行く決意をする。辞表を出したタクシンは、社有車と社用の携帯電話を取り上げられてしまう。交通渋滞でタクシーを降りたタクシンは、慣れないバスや電車に乗るが、小銭がなくて苦慮する。あげく、無賃乗車で検挙されそうになり逃げる羽目に。
トルコ行進曲に乗って、イスタンブルの町を右往左往するタクシン。夕方のフライトに乗りたいのに、なかなか空港にたどり着けない。しかし、憧れて行った南の地も決して天国ではなかった・・・
sirens call.jpg

ユーモアと皮肉を散りばめて、本作を紡いだラミン・マタン監督にお話を伺う時間をいただきました。
インタビューの前に、10月27日の上映後のQ&A、10月30日の記者会見があり、お聞きしたかったいくつかのことが話題に出ました。
また、インタビュー後には、2回目の上映後のQ&Aも行われました。

10月27日のQ&Aの折の記事は、公式サイトをご参照いただくとして、写真のみこちらに掲載します。
DSCF5859 siren.JPG


DSCF5876 siren.JPG

DSCF5878 siren.JPG


DSCF5890 siren.JPG


また、記者会見やQ&Aでの大事なポイントをこちらにまず挙げておきます。

◆原題は『Siren's Call』 (シレンからの電話)
トルコ語タイトル『Son Çıkış(最後の出口)』が原題ではなく、英語タイトル『Siren's Call』の方が、先につけたタイトルです。
女友達の名前Sirenは、神話に出てくる人魚で、水兵たちを海に引きずり込むことで知られています。トルコ語でパトカーのサイレンと同じ綴りのため、トルコではサイレンを思い浮かべる人が多いので、トルコ語タイトルを後から別に考えました。「最後の出口」が意味するところは観客に委ねます。

◆モーツァルトのトルコ行進曲

曲の元々のタイトルは「Rondo alla turca」。(ロンド:輪舞)。最初の10分位を編集していて、タクシンが町をぐるぐる回る内容に合うと思いつきました。最後の方では、調子を崩してみたら面白いなと考えました。

◆イスタンブルの乱開発

イスタンブルの人口は公式で1700万人位。そこまで新しい住居が必要なわけではないのに、ここ数年、建築バブルで、バブルも崩れつつあって、150万戸が売れ残っています。ちゃんとした建設計画もなく、インフラも整備されていません。

◆男たちのたむろする茶屋
タクシンが疲れ果てて入った古い町並みに残る茶屋。空港に行けなくて困っていると知って、親分肌の男が茶屋にいる男二人に車で送るように指示します。昔ながらのトルコの助け合いの精神ともいえますが、茶屋に集まる人たちはちょっと極右っぽい人たちで、昔の伝統的なトルコを残そうというフリをしているんです。

◆タクシンがシレンと再会したカフェバー
シレンと女友達がお酒を飲みながら煙草を吸っていた店は、若い人たちが飲みに行く隠れ家的な知る人ぞ知る場所で、解き放たれた気持ちなれる所です。


◎ラミン・マタン監督インタビュー

私がイランのことにも係わっていると自己紹介したところ、お父様がイラン人とのこと。ラミンというのは、イラン系の名前でしょと監督。お父様は外交官でトルコに駐在していた時に、お母様と知り合って結婚。その後は、ずっとトルコに住んでいて、監督自身もイランに行ったことがなく、ペルシア語も、出来ないとのこと。お父様が、トルコに居座ることになった事情など、お伺いしたい気持ちを抑えて、映画についてお伺いしました。
なお、通訳の都合で、監督は英語で発言されました。

― 35年前に初めてトルコに行って以来、6回訪れています。最後は10年ほど前です。
この映画を観て、ますます乱開発が進んで、ビルの谷間にモスクがあるのを観て、古き良きイスタンブルはどこに行ったと寂しくなりました。

監督:ほんとに、この10年でさらに変わりました。

― ビルの合間にモスクが埋もれるように建っているところが映し出されていましたが、あれはどのあたりですか?

監督:冒頭の工事現場は、アジア側のカドゥキョイの近くです。埋もれたモスクもアジア側です。撮影自体は、イスタンブルのあちこちで撮っています。


― バスの中でお釣りを乗客たちがバトンリレーしているのは35年前と変わらないと可笑しかったです。バスも恐らくこれからはカードになるので、なくなる文化ではないかと思いました。チャイハネに男たちが集っているのも昔ながらですが、いずれも消えつつあるトルコの姿を映像に残す思いがあったのでしょうか?

監督:大きなバスは、もうカードになってしまっています。ドルムシュ(ミニバス)では、今も見られる光景です。
男たちが集まるチャイハネは、今は確かに消えつつあります。古いものを映したかったのではなく、話の展開で、あそこに集まっている男たちがタクシンと絡んで何かを起こすということで登場させたのです。


― 立ち退きで、これまでのご近所付き合いがなくなる上に、高層アパートで新しい隣人と顔も合わせない事態になって、孤独な老人が増えるのではないかと心配します。世界のどこの都会でも起こりうることだと思いました。

監督:まさにそうですね。大都会の話として共感いただければと思います。

― 一軒家に一人住まいしているおばあさんは、若者に大麻を売っているようでしたが、若者が偽札で支払って騙しているのが気になりました。オレオレ詐欺じゃないですが、世界のどこにでもある話で、これも共感してもらえると思いました。
(ここで、通訳の方が日本でのオレオレ詐欺について、詳しく説明してくださいました。あぁ~持ち時間はあまりないのに・・・!)

監督:同じようなことがトルコでもありますね。実は、私の母も騙されかけたことがありますよ。

― 時折映し出される看板の言葉 「ここはあなたが勝つための場所」「人生の幕開けに」など、映画の内容にぴったりでした。 実際に町にあるものを映したのでしょうか?

監督:撮影場所を探しているときに、たまたま見つけたものなのです。新しいマンションの売り込みのためのキャッチフレーズなどですね。


― この映画では、シレンや友人の女性が生き生きと自分の思う人生を歩んでいる姿が、男たちと対照的で素敵でした。トルコの女性というと、スカーフをしっかり被って、伝統的な家父長社会の中で生きているイメージが強いですが、対極にある、仕事を持ち、活躍している女性たちのことを描いていて嬉しかったです。

監督:そうおっしゃっていただいて嬉しいです。実は西洋では、自立して活躍する女性はトルコのイメージに合わないと不評なのです。バーで煙草を吸う女性など論外なのです。前回の映画も生き生きとした二人の女性についての物語だったのですが、もっと抑圧されているステレオタイプな伝統的な女性じゃないと、彼らのオリエンタリズムに合わないという次第でした。西洋の人にとって、トルコ人といえば、いつも鬱々としているイメージなのですね。残念ながら。
DSCF6051 siren s.JPG

― 40年程前に、トルコ大使館主催の料理教室に参加したら、文化参事官の方が女性で、とてもアクティブに働いていて、当時の日本の女性はまだまだ仕事上で地位が低かったので、うらやましく思ったことがあります。

監督:トルコは西欧に先駆けて女性の参政権も認めた国なのに、そういった面をヨーロッパ諸国は見てくれないのです。それに、トルコの現状は後退していますし。

― エルドゥアン大統領のもと、宗教的にも保守化しているようですね。

監督:政治的なことは言いたくないですね・・・ 


― 確かに! もっとお話したいところですが、あっという間に時間が来てしまいました。
テッシェッキュル エデリム (トルコ語でありがとうございます)

監督:先日の上映後にも、トルコ語で話しかけてくださる日本人が大勢いて嬉しかったです。

― トルコは日本人に人気で、トルコ語を学ぶ人もすごく増えています。

通訳の方からも、エルトゥールル号遭難事件のこと(1890年、和歌山の串本沖で遭難したトルコの船の乗組員たちを串本の人たちが助けた)が映画になって、日本でもトルコに親近感を持つ人が多くなったことが語られました。

    **★**★**★**
映画では、カタルの貿易投資団が来るため、空港からの道路が封鎖されていて、渋滞を起こしていて、タクシンはなかなか空港に行けないでいました。
私も、1991年7月にイスタンブルに行った折、ボスポラス海峡を渡る船に乗ろうとエミニョニュの船着き場をめざしたのに、あちこち道路が封鎖されていて、なかなかたどり着けないということがありました。着いたらボスポラス海峡も封鎖でした。アメリカのブッシュ大統領が湾岸戦争のお礼参りにトルコに来ていて、船着場近くの広場で演説を行ったあと、ボスポラスクルーズをされた次第。そんなことも、懐かしく思い出しました。その頃のイスタンブルには、まだ高層ビルはなく、モスクの丸い屋根とミナレットがそこかしこに見えていたことも思い出しました。時代に応じて開発は必要だけど、景観は旅人の郷愁をそそるためだけのものではないと思います。(景山咲子)





東京国際映画祭 トルコ映画『シレンズ・コール』 10月30日上映後のQ&A  (咲)

DSCF6077 siren s.JPG

東京国際映画祭 2018年 コンペティション部門
『シレンズ・コール』 2018年/トルコ

建築ラッシュの大都会イスタンブルを抜け出し、女友達シレンのいる南の町に行きたいのに、なかなか空港にたどり着けない男タクシンの物語。

上映後、ラミン・マタン監督、タクシンを演じたデニズ・ジェリオウルさん、シレン役の女優エズギ・チェリキさん、プロデューサーのエミネ・ユルドゥルムさんが登壇。Q&Aが行われました。司会は矢田部さん。

司会:東京にブラックユーモアをもってきてくださってありがとうございます。

監督:上映していただき光栄です。楽しんでいただけたなら嬉しいです。

司会:タクシン役のデニズ・ジェリオウルさん、1回目の10月27日の上映の時にはいらっしゃらなくて、今回2回目の上映には飛んできていただけました。

デニズ:イスタンブルから出られなかったら、まさに作品通りでした。脱出して来ることができて嬉しいです。

エズギ:(トルコ語で発言し、監督が英語に通訳)東京に来ることができてとても嬉しいです。皆さんに楽しんでいただけたなら幸いです。
DSCF6093 siren s.JPG

プロデューサー:皆さん、ご覧いただきましてありがとうございます。
DSCF6072 siren s.JPG



★会場とのQ&A

ートルコ映画なので、イスラーム色が強い映画と思っていたら、モスクもスカーフの女性も出てきませんでした。
(注:ビルに埋もれたモスクや、まだ残る古い地区の市場にはスカーフの女性がたくさんいました。咲)
トルコには行ったことがないのですが、今のトルコはこの映画のような感じなのでしょうか?

監督:はい、もちろん、この映画は今のイスタンブルで撮りました。まさにこんな感じです。でも、モスクも映っていましたし、場所によってはイスラーム色の強い場所も出ています。

司会:開発は結構町中で進んでいるのですか?

監督:ほんとにイスタンブル中で古いビルを解体して、新しいビルを建てています。特に価値の高い土地で開発が進んでいます。

ー おもしろく拝見しました。東京のど真ん中の六本木で上映されているのが皮肉ですね。東京でも、30分もいけば、畑が広がっているところがあります。


監督:
イスタンブルは4時間車で走っても、まだ町から出られません。
そんな状況をもっと深堀りしたいと思ったのが、この映画のきっかけです。おかしな建築ブームが起きています。その状況が普通になっていて、それを人々がどう感じているかも描きたいと思いました。主人公は建築会社の社員で、地獄を作っている一人です。

― モーツァルトのトルコ行進曲を変調して使っているところにも意味を感じました。


監督:トルコ行進曲は、オープニング部分を編集している時に思いつきました。元々「Rondo alla turca」という曲名で、まさに、主人公がぐるぐる回って逃れられない姿にぴったりだと。少しずつ調子を崩していきました。ぐるぐる回って、最後には元に戻るのですが、若干違った人物になっています。

司会:主人公をどのように理解して演じましたか?

デニズ:この役柄は年齢も同じ位なので、考えていることを理解しやすかったです。物理的に逃げようとしているけど、何から逃げようとしているのか実はわかってない。自分の目を覚ましてくれるような役柄でした。これはやってはいけないということを教えてくれました。
DSCF6088 siren s.JPG

― ユートピアと思った島に行ってもお金次第で、どこまで行っても資本主義から逃れなれないのだなと思いました。
シレンという名前は、トルコでは普通によくある名前ですか? 神話からきているのでしょうか?


監督:まさにそうです。神話に出てくる人魚で、水兵たちを海に引きずり込みます。Sirenは、トルコではわりと稀な名前です。トルコ語でサイレンと同じ綴りです。

デニズ:大都市を離れたシレンを追って、彼はファンタジー求めていったのですが、現実は違いました。

監督:彼が何を学んだかは、観客の皆さんにお任せしたいと思います。

デニズ:監督は観客に考える余地を残しますが、役者としては、いつまでもぐるぐる回ってないで、ステップアップしたい。(笑)

監督:最後の方で、同じようなところに戻っているように見えますが、バーで女性から誘われても応じません。

― 映画の中でヒッピーのコミューンが出てきます。トルコ女性たちの間で、今、実際にそのような動きがあるのですか?

監督:リアルです。女性だけではないですが、イスタンブルから逃れようとして、地方でコミューンを作るけど、失敗して戻ってくることも多いです。撮影も、実際にあるコミューンで行っています。