東京国際映画祭『ティティ』アイダ・パナハンデ監督インタビュー

自由な心で生きる女性ティティの物語を紡いだ

titi aida panahandeh 1.png


作品情報
『ティティ』 原題:TiTi
監督:アイダ・パナハンデ
2020年/イラン/102分/カラー/ペルシャ語
上映:2020年11月1日(日) 20:45~ 11月4日(水) 11:00~
TOKYOプレミア2020 国際交流基金アジアセンター共催上映
☆ワールド・プレミア
https://2020.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3301TKP31

Main_Titi.jpg

*物語*
ブラックホールを解き明かそうとする物理学者のイブラヒムは、入院中に病室の清掃を担当していたロマ(ジプシー)の女性ティティと知り合い、心を通わせていく。


◎アイダ・パナハンデ監督インタビュー 

11月4日(水) 16:00-16:30リモート取材
通訳:ショーレ・ゴルパリアンさん

◆映画を観てイランにロマの存在を知る
― 人が生きる上で、なにが大事なのかを考えさせられる素敵な映画でした。なら国際映画祭の映画製作プロジェクトNARAtive(ナラティブ)の一環で作られた『二階堂家物語』で、日本のしきたりに注目されていましたが、本作ではイランのロマの文化に注目されています。監督の身近にロマの人がいて、本作につながったのでしょうか?

監督:イランのロマに関するあるドキュメンタリーを観て、イランにもロマが住んでいることを知らなかったので、驚きました。その後、バフマン・キアロスタミ監督の作品も含め、イランのロマに関する映画をいくつも観ました。
1500年前位に、多くのロマの人たちがインドからイランにやって来たとされています。現在、イランには1万人位のロマの人がいて、カスピ海そばのマーザンラダーン州に多く住んでいます。イランに溶け込んで暮らしていて、自分たちの文化を持ちながらもイラン人という意識です。
(注:ペルシア語でロマのことは、Kowli )

Director_Titi.JPG

― 映画の撮影は、マーザンダラーン州で行われたのでしょうか?

監督:物語の中では、場所を特定していません。撮影は、マーザンダラーン州の隣のギーラン州で行いました。地元の人たちはギーラキー(ギーランの言葉)を話しています。ティティは孤児で手品師に拾われて育てられたと説明しています。ロマに育てられたので、彼らの習慣を身に着けているのです。

― ティティ役エルナズ・シャケルデュースト(Elnaz Shakerdust)も、アミール・ササン役のホウタン・シャキリバ(Hootan Shakiba)も、ロマになりきっていて、実際にロマの方かと思うほどでした。お二人にどのように役作りをしてもらったのでしょうか?

監督: エルナズ・シャケルデューストは、とても才能のある役者です。一緒にロマに関するドキュメンタリーをいくつか観ました。また、トニー・ガトリフ監督などヨーロッパのロマのことを描いた映画を観てくださいとお願いしました。ロマは、自由な生活をしている、枠に入り込まない人たちです。それを多くのドキュメンタリーを観て、掴んで貰えたと思います。
アミール・ササンは、自分がロマだとは言ってません。ロマの人たちと一緒に音楽活動をしている人物です。ティティもロマの手品師に育てられましたが、血筋は特定していません。

◆かけ離れた二人が心を通わす物語を紡いだ
― ブラックホールを解き明かそうとする物理学者のイブラヒムと、ロマの女性ティティという、かけ離れた二人の物語をどのように思いついたのでしょうか?

監督:プロデューサーで脚本を一緒に書いたアルサラミン・アミリ(注:監督の夫でもある)とどんな物語にするか考えました。最初に話していたのは、小さな町に住む学校の先生が人類を救うという設定でした。教師を大学教授に変えて、相手は普通じゃない、無知で可愛い女性にしようということになりました。イメージしたのは、フェデリコ・フェリーニ監督の『道』(54)のジェルソミーナです。孤独だけど自由な性格が大好きです。さらにそれをロマの女性にすれば、ロマの伝統も入れられると考えました。

◆描きたかったのは自立しようとする女性の姿
― 今回の東京国際映画祭で上映されたイラン映画『ノー・チョイス』にも代理母をする若い女性が出てきました。イランでは、アメリカの経済制裁もあって経済がひっ迫していますが、代理母や売春婦など身体を売るしかない女性が増えているのでしょうか?

監督:『ノー・チョイス』は観てなくて、映画に代理母が出てくることも知りませんでした。代理母がイランで増えているかどうかも知りません。仕方なく売春している女性たちがどれくらいいるかも知りません。ただ一つ言えるのは、経済的に苦しんで、これまでやったことのないことをやるしかない人たちがいるということです。

― 監督は、これまでにも女性の権利について映画で描いてこられました。最後に、この映画に込めた思いをお聞かせください。
titi aida panahandeh 13.png

監督:自分は女性だし、イランの中での女性の問題を女性のフィルムメーカーとして描きたいと思っています。8歳の時に父が亡くなって、母一人で育ててくれました。自然に自分の中にある声を表現したいと思うようになりました。自分の話をしないと、男性は聞こうとしません。女性のフィルムメーカーとして、女性のことを描き続けたいと思います。

― 次の作品も日本で観られることを楽しみにしています。本日は、ありがとうございました。

*ここに掲載した監督のスクリーンショットは、東京国際映画祭事務局より提供いただきました。

取材:景山咲子




*取材を終えて*
インタビューは、11月4日(水)の4時からリモートで行いました。同じ日の夜、TIFFトークサロンの監督とのQ&Aで、恐らく『二階堂家物語』や、これまでに影響を受けた映画については質問が出ると思って、質問しませんでした。予想通り、トークサロンで日本映画についての話題が数多く出ました。★トークサロンの様子は、こちらで!
自宅からの初めてのZOOMを利用してのリモート取材で、途中でWi-Fiが不安定で接続が切れるハプニングもあって慌てました。録画にも失敗し、取材を終えてすぐ、メモから書き起こしました。もともとメモ魔なので助かりました。とはいえ、監督が答えてくださったことのすべてを思い出すことはできず申し訳ない思いです。

第33回東京国際映画祭(2020) クロージング&授賞式

第33回東京国際映画祭 観客賞
大九明子監督『私をくいとめて』に

(まとめ&写真 宮崎暁美)

●P1130701補正2.jpg


東京国際映画祭クロージングセレモニーが11月9日、映画祭会場のTOHOシネマズ六本木で行われた。今年は新型コロナウイルスの世界的な大流行の影響で海外ゲストの来日もなく、グランプリなど従来の賞の審査、表彰は行われず、「TOKYOプレミア2020部門」全32作品を対象に観客投票を募り「観客賞」1作品が表彰され、『私をくいとめて』が観客賞を受賞。大九(おおく)明子監督と主演ののんがセレモニーに登場した。

●P1130578補正.jpg

大九明子監督は「素晴らしい賞をいただきありがとうございます。観客賞をいただくのは私とスタッフにとって2度目になります」と語り、3年前の『勝手にふるえてろ』に続き、今年も観客賞を受賞したことを喜んだ。「海外の映画祭の多くがリモートや配信などで行われているなか、東京国際映画祭が実際にお客様を入れてスクリーンで観ることを実現させたことは素晴らしいことだと思います。まだまだ安心できず不安ななか、この作品のチケットを買っていただき、劇場で映画を観て票を入れてくださった観客の皆さん一人一人の貴重な1票が私たちに賞をくださったのだと感慨深いです。早く一人ひとりのお客様と握手を交わしたり、話したりできる機会がくるといいなとお祈りしています。本当にありがとうございました」と語った。

●P1130604補正.jpg

一方、のんはで笑顔でトロフィを受け取り、観客賞に選ばれたことについて「唯一の賞という事で嬉しく思っています。映画は観客に見てもらって初めて完成するものなので、この賞を大切に受け止めたい」と受賞の喜びを語った。
本作は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で共演した女優の橋本愛(24)との7年ぶりの共演でも話題になった。
「私ごとではありますが、この作品が何年かぶりの主演映画。(作品に)呼んでいただいて、本当に喜びでいっぱいです」と快挙を喜んだ。

●P1130649補正.jpg


『私をくいとめて』公開情報
12月18日(金) 全国ロードショー 劇場情報
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」朝日文庫/朝日新聞出版
監督・脚本:大九明子
音楽:髙野正樹 
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり、橋本愛
2020年製作/日本 配給:日活
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇
公式HP

386c8536ac419d0d.jpg
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

 
『HOKUSAI』舞台挨拶
授賞式後、クロージング作品『HOKUSAI』の上映があり、上映前に舞台挨拶があった。登壇したのは橋本一監督を始め、葛飾北斎の青年期を演じた柳楽優弥さん、老年期を演じた田中泯さん、企画・脚本・出演の河原れんさん。

●P1130861補正.jpg
左から 橋本一監督、柳楽優弥さん、田中泯さん、河原れんさん


●P1130765補正.jpg

●P1130740補正.jpg

●P1130858補正.jpg
●P1130783補正.jpg


第33回東京国際映画祭 クロージングセレモニー写真集(撮影:SIMONE K)をfacebookに掲載しています。併せてごらんください。

ooku_non_audience2020.jpg

yagira_tanaka_closing2020.jpg
(上記2点 撮影:SIMONE K)


10月31日(土)より11月9日(月)までの10日間に渡って開催された第33回東京国際映画祭。新型コロナウイルスの世界的な大流行で海外ゲストはなし。オンライントークなど前例のない形で実施されました。10日間で138本が公式上映され4万人余りが来場。オンラインイベントの動員数は84万に上ったそう(私はオンラインイベントには1回も参加せずでした)。そして今年は第21回東京フィルメックス(10月30日~11月7日)と共催。さらに中国映画週間も10月27日~11月1日にあり、私はあちこちの上映会場を行ったり来たりの怒涛の日々をすごしました。
新型コロナウイルスの影響で4月、5月はほぼ外出せず約2ヶ月家で自粛し、6月以降も出かけるのは週に2回ほど。8月以降になってやっと週に3回ほどの映画鑑賞の日々が復活。映画祭シーズが始まる10月下旬まで週3回ほどの映画の日々でしたが、映画祭シーズンが始まった10月27日から11月9日までの2週間、ほぼ毎日、映画の日々でした。さすがに疲れました。でも快い疲れです。


参照 スタッフ日記 「2020年秋 映画祭の日々

今年は映画祭が重なってしまったので、何年も取材してきた東京国際映画祭オープニングレッドカーペットでの撮影はあきらめ、10月31日はフィルメックス上映の原一男監督作『水俣 曼荼羅』の鑑賞を選びましたが、やはりクロージング&授賞式の取材には参加しました。11月9日のクロージング&授賞式で、今年の映画祭シーズンは一段落(暁)。




TIFF観客賞『私をくいとめて』

第33回東京国際映画祭 TOKYOプレミア2020部門
観客賞/東京都知事賞受賞作品

大九明子監督作品『私をくいとめて』

3年前のTIFFで作品賞受賞の『勝手にふるえてろ』の原作・綿矢りさ&監督・大九明子が再タッグ!
今年唯一の受賞です!おめでとうございます!!

3301TKP15_1.jpg

©2020「私をくいとめて」製作委員会
監督:大九明子
原作:綿矢りさ
キャスト:のん、林 遣都、橋本 愛、臼田あさみ、片桐はいり、若林拓也
HP: https://kuitomete.jp/
大久監督、のんさんの受賞記者会見はこちら。(動画57分)

10日間の公式上映動員数/公式上映作品数も発表されました。
4万533人/138本 (第32回:6万4492人/183本 9日間)

その他リアルイベントの動員数 7272人
オンラインイベント動員数 84万7873人
共催/提携企画動員数 約3万3000人
公式上映作品における女性監督の比率(男女共同監督作品を含む)は16.7%(138本中23本)

11/9 TIFF最終と『レディ・トゥ・レディ』取材(白)

11月9日(月)

映画祭最終日。
umibenokanojotati.jpg
(C)2020 E.x.N K.K.

プレス試写が満席で見逃した『海辺の彼女たち』の一般上映へ。2日に買ったけれど最前列しか残っていなかったので、あおむけ状態で鑑賞。挨拶はなしで上映のみでも満席。

ストーリー:ベトナムから実習生として日本に来た女の子が3人。切羽詰まった顔で電車に乗っている。次はフェリーに乗り込み、3人身体を寄せ合って眠っている。着いたのは青森の漁港。迎えに来たベトナム人男性との話から、待遇も給与も約束と違って2ヶ月働いて、逃げ出してきたことがわかる。紹介料を払い、新しい銀行カードを受け取る。パスポートも身分証明書も前の職場に預けたまま。気をつけるように言われている。
研修とは名ばかりの安い労働力として酷使されている外国籍の人たちの過酷な状況をドキュメンタリー映画のように見せていて、フィクションではあってもリサーチの末の描写と思うと胸がつまる。
新聞で駆け込み寺となっているベトナム人の尼僧のいる寺院の記事を見た。こちら
逃げ出す人にはそれなりの理由があるはず。使い捨てにしている職場を監督するのはどこ?迎え入れるなら責任を持って、ちゃんと指導したうえで故郷へ帰してほしい。昨年ホーチミンで会った優しい人たちに申し訳ない。


撮影の岸さんと渡辺プロデューサーを外で見かけましたが、次は別の取材のため移動するので、声をかけないまま。六本木を後にしました。
あとしばらくすると「観客賞」発表です。

湯島に移動して『レディ・トゥ・レディ』W主演の大塚千弘さんと、内田慈(ちか)さんのインタビュー。
高校の同級生、生活に追われる主婦の鈴木真子、売れない独身女優・城島一華が同窓会で再会し、一華の提案で競技ダンスに挑戦する。かつてダンスで鳴らした二人が身体に鞭打ってこれまでなかった女子ペアで登場。いくつになっても挑戦すること、夢を持つことは楽しいと思い出させてくれる作品です。そのダンスの特訓の日々などについてお話を伺いました。もうお二人とも素敵!役得役得。

lady to lady poster.jpg
Ⓒ 2020 イングス

11/8 TIFF(白)

11月8日(日)

『ある職場』Q&A
舩橋 淳監督、平井早紀、伊藤 恵登壇。ほかのキャストたちが客席から見守っていました。「なぜ保養所に泊まったか」について、みんなを集めて否応なく意見を述べる場として、決めたんだそうです。議論の最中は延々と長回しで、短くて2時間とか。終わってからキャストや監督が出て来られたので、写真を撮らせていただきました。映画の中と違って満面の笑顔。
IMG_4738.jpg

『ゾッキ』Q&A
竹中直人、山田孝之、齊藤 工の3監督のほか、原作者、脚本家、俳優に後で市長さんも加わって、大きなスクリーン7の舞台いっぱいに9人が並びました。挨拶だけで次の取材の時間が来てしまい、途中から抜けました。すみません。
IMG_4764.jpg

『本気のしるし』Q&A
もう何度目かの『本気のしるし』トークでしたが、司会が安藤さん、客席からの質問にも今までなかったのがあって良かった。これが私的に最終の取材。あとはアーカイブで。
IMG_4792.jpg

『メコン2030』(ラオス、カンボジア、ミャンマー、タイ、ベトナム)
2030年を想定して各国の監督が短編を作ってオムニバスとにまとめてお披露目。ところどころ10年後っぽい場面はありましたが、淡々と続くので眠気が。。。