SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 受賞結果

2020年9月26日(土)~10日4日(日)の9日間、オンラインでノミネート作品が配信された今年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭。 授賞式はいつものSKIPシティ映像ホールで、10月4日(日)11時よりリアルで行われました。同時にYouTubeで生中継されました。
こちらで視聴できます。

☆審査員と受賞者のコメントはこちらで!

《国際コンペティション》
最優秀作品賞 『願い』Hope
国際グランプリ_マリア・セーダル監督.jpg
監督:マリア・セーダル  
2019年/ノルウェー、スウェーデン/ 125分
*事実婚のパートナーと6人の子どもたち(3人実子、3人継子)に囲まれて暮らす女性アンニャが、クリスマス直前に受けた末期ガンの宣告に苦悩する11日間

監督賞 & 審査員特別賞 『ザ・ペンシル』The Pencil
国際監督賞・審査員特別賞_ナタリア・ナザロワ監督.jpg
監督:ナタリア・ナザロワ  
2019年/ロシア/ 93分
*本映画祭初のW受賞

観客賞 『南スーダンの闇と光』Heart and Bones
国際観客賞_ベン・ローレンス監督.jpg
監督:ベン・ローレンス
2019年/オーストラリア/ 111分

SKIPシティアワード『写真の女』Woman of the Photographs
写真の女_串田壮史監督01.jpg
監督:串田壮史
2020年/日本/89分
*国際コンペティション・国内コンペティションを通じた全日本作品を対象に、今後の長編映画制作に可能性を感じる監督に対し贈られる賞


《国内コンペティション》
優秀作品賞(長編部門)『コントラ』Kontora
コントラ_アンシュル・チョウハン監督01.jpg
監督:アンシュル・チョウハン
2019年/日本/ 144分

優秀作品賞(短編部門)『stay』Stay
stay_藤田直哉監督01.jpg
監督:藤田直哉
2019年/日本/ 38分

観客賞(長編部門)『コーンフレーク』Cornflakes
コーンフレーク_磯部鉄平監督01.jpg
監督:磯部鉄平
2020年/日本/ 95分

観客賞(短編部門)『ムイト・プラゼール』Muito Prazer
ムイト・プラゼール_朴正一監督01.jpg
監督:朴正一
2020年/日本/ 31分

☆授賞式写真:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局提供

★授賞式を生中継で拝見し、観ていなかった受賞作品を大急ぎで観ています!(咲)

【SKIPシティ】『シュテルン、過激な90歳』ホロコーストを生き抜いた女性の物語(咲)

I_MsStern-3.jpg

©Adrian Campean A+A Produktion.

『シュテルン、過激な90歳』 英題:Ms. Stern 
監督:アナトール・シュースター
出演:アフーヴァ・ゾンマーフェルト、カーラ・シュレーダー
2019年/ドイツ/79分
公式サイト作品情報

「死にたいの」と語る90歳になるユダヤ女性シュテルン。ホロコーストで家族すべてを失い、戦後、イスラエルで出会った男性と結婚。彼の故郷ドイツへ移住したが、20年前に愛する夫は亡くなり、今はベルリンで娘や孫と暮らしている。
死にたいと線路に横たわってみるが、助けられてしまう。なんとか銃を手に入れたいと奔走する・・・

シュテルンさんは、煙草をスパスパ吸い、孫の世代の若者たちと夜な夜な踊ったりして、すこぶる元気。時折、イケメン美容師が家にやってきて髪の毛を整えてくれて身綺麗にしています。何よりの楽しみは、「星の時間」というトーク番組。孫娘の計らいで、ついにこの番組のゲストとして出演するシュテルンさん。憧れの司会者が「信仰を支えに、過去を忘れて生き抜いて・・・」と紹介するのを、「嘘を言わないで。私たちは許しても、過去は決して忘れないと夫と約束したの」とさえぎります。
シュテルンさんが、あえて若い人たちと仲良くしているのにも、実はワケがあるのです。ホロコーストを生き抜いた人たちも、どんどんあの世に旅立っています。どんな思いで生きてきたかを知る一端となる言葉でした。

監督は、エネルギッシュなアフーヴァ・ゾンマーフェルトさんと出会って、ぜひ彼女を主人公に映画を撮りたいと思ったそうです。彼女はホロコーストを生き抜いたけど、哀れな人でなく自由な精神を持った人。素晴らしいキャラクターに触発されて、自由なストーリーテリングをしたいと既存の形に捉われない映画作りに取り組みました。アフーヴァさんの人生が反映されているけれど、あくまでフィクション。娘さんは女優で、この映画に娘役で出演していますが、アフーヴァさんは女優初体験。これまで歌ったことはなかったのですが、カラオケにも挑戦しています。こんな風に生きたいと、元気を貰える映画です。

アナトール・シュースター監督オンラインインタビュー動画は、こちらで!


【SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020】 二人の戦場カメラマン『戦場カメラマン ヤン・グラルップの記録』『南スーダンの闇と光』(咲)

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020の国際コンペティション 10作品の中で、まず気になったのが、戦場カメラマンを主人公にした2本の映画でした。
ドキュメンタリーとドラマの違いはありますが、どちらも戦場カメラマンが身の危険を冒してまで戦地で苦しむ人々の姿を捉えて発表することにより、世の人々に反戦の思いを感じてほしいと願っていることを感じさせてくれる映画でした。
一方で、戦場カメラマン自身、自国で平和に暮らしているように見えながら、家族のことなど様々な問題を抱えていることも見せてくれました。


◆『戦場カメラマン ヤン・グラルップの記録』 原題:Photographer of War
監督:ボリス・B・ベアトラム
2019年/デンマーク、フィンランド/78分  ★ドキュメンタリー
公式サイト作品情報
I_Photographer-4.jpg
©Good Company Pictures
戦場や災害被災地を撮り続けているヤン・グラルップ。
船で逃れる人々、木の上で佇む少年、モスルの戦火の中での結婚式・・・
オペラハウスで写真を披露するヤン。
再度、自爆テロの続くイラクへと出かけていく。
イスラム国が台頭し、多くの民間人が犠牲になっている様を捉えるヤン。
妻サーシャが病に倒れ、これまでは4人の子どもたちも母親がいるからと戦地にいても安心していたが、今は自分だけが頼りだ。
無事帰国するが、やがて妻が亡くなる。
「共に過ごした時間を喜ぼう」と子供たちに語る。
そして、また戦地へと出かけていく・・・

カメラマンを戦場へと駆り立てる原動力は何だろうか?と考えることがよくあります。
一発当てて名声を得たいという者も中にはいるかもしれません。
本作の中で、戦場の惨い死体の写真をみながら、ヤンが「この写真を撮ったのは誰と聞かれても、特派員とだけ伝えて。代理店経由で名前も国籍も伏せて。デンマークとわかると、ほかのデンマークの記者も困る」と語る場面があります。
純粋に、写真で反戦を社会に訴えたいという思いがわかる言葉です。
それでも快適なデンマークの自宅で過ごすヤンと、惨たらしい戦地で暮らさざるを得ない人たちとの天と地の差に、居心地の悪さを感じてしまいます。それは、私自身もまた何不自由ない暮らしをしているのに、何も手を差し伸べることができないでいるからかもしれません。


◆『南スーダンの闇と光』 原題:Hearts and Bones ★観客賞受賞
監督:ベン・ローレンス
2019年/オーストラリア/111分  ★ドラマ
公式サイト作品情報
I_Hearts-2.jpg
© 2019 Hearts and Bones Films Pty Ltd, Spectrum Films Pty Ltd, Lemac Films (Australia) Pty Ltd, Create NSW and Screen Australia
戦場カメラマンのダンは、パートナーのジョシーから妊娠したと告げられても素直に喜べないでいる。PTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えている彼には父になる自信がないのだ。
そんなある日、セバスチャン・アフメッドという男が訪ねてくる。南スーダンの自分の出身地でダンが撮った写真を、まもなく開催する写真展に出さないでほしいという。さらに、難民仲間で歌を歌って過去を克服しようとする姿を撮ってほしいと頼まれる。彼らの集う場に行き、打ち解けたところで、セバスチャンが写真に写っている銃を持っている手は自分のものだという。家族を皆殺しにされ、復讐しようと銃を向けた思いをダンにぶちまける・・・

セバスチャンは、ダンに勝手に自分のことを戦争被害者だと思い込んだと当たります。復讐のためとはいえ、銃を手にした自分は加害者だという負い目があるのです。難民としてやってきた地で知り合って結婚した妻には、過去に家族がいたことを明かせないでいます。戦争加害者だったことは、さらに言えないでいます。写真には手しか写ってなくても、自分だと特定できるものが写っている・・・ 写真を公の場に出してほしくない思いが痛いほどわかります。
戦場に限らず、肖像権の問題で、今は本人に断りなく写真を発表することが難しくなっています。何気なく撮った写真が、被写体となった人に迷惑をかけることもあるということに思いが至ります。本作は、それを乗り越え、カメラマンと被写体となった男性の心が通う瞬間を捉えています。また、様々な思いを抱えていても、寄り添える相手がいて、人は未来に希望を持って生きることができるのだと感じました。

ベン・ローレンス監督インタビュー(Youtube)は、こちらで観れます。

◆映画本編の視聴方法◆
https://www.skipcity-dcf.jp/howtowatch.html
1本 300円 見放題 1480円
*10月4日(日)まで


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 国内15作品 オンラインQ&A開催

JapaneseFilms_OnlineQA_re.jpg

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 国内作品全15本(国際コンペティション1本、国内コンペティション長編部門5本、国内コンペティション短編部門9本)は、映画祭の会期後半に監督・出演者とのQ&AセッションをZOOMウェビナーでライブ配信されます。
https://www.skipcity-dcf.jp/news/news/20091802.html
※オンラインQ&AはいずれもZOOMウェビナーで開催予定
※視聴・参加は無料(事前申し込み不要)
※ZOOMウェビナーのURLは別途、公式サイトのニュースに掲載
※当日ご参加いただけない方向けに、本サイト上でご質問の事前受付も行います。
(9/26より受付開始予定)
公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp/ 

日本作品全15本の監督・出演者の皆さんからのビデオメッセージ集は、こちらで!
https://youtu.be/yONAv1KoFi8

<国内作品 オンラインQ&A開催スケジュール>

【9/30(水)】
■ 19:00~
『あらののはて』長谷川朋史監督 作品詳細

■ 21:00~
『来夢来人』伊藤竜翼(出演)作品詳細
『ムイト・プラゼール』朴正一監督 作品詳細
『stay』藤田直哉監督 作品詳細

【10/1(木)】
■ 19:00~
『レイディオ』塩野峻平監督 作品詳細
『ななめの食卓』岸朱夏監督 作品詳細
『そして私はパンダやシマウマに色を塗るのだ。』武田佳倫監督 作品詳細

■ 21:00~
『雨の方舟』瀬浪歌央監督 作品詳細

【10/2(金)】
■ 18:00~
『コーンフレーク』磯部鉄平監督 作品詳細

■ 20:00~
『B/B』中濱宏介監督 作品詳細

■ 22:00~
『axandax』二羽恵太監督 作品詳細

『つぐない』宮部一通監督 作品詳細
『リッちゃん、健ちゃんの夏。』大森歩監督 作品詳細

【10/3(土)】
■ 14:00~
『写真の女』串田壮史監督 作品詳細

■ 16:00~
『コントラ』アンシュル・チョウハン監督 作品詳細



SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 海外作品 監督インタビュー動画配信

InternationalCompetition_DirectorsInterview.jpg

映画祭ならではの“クリエイターと観客の交流”の場として、国際コンペティションの海外作品は、制作背景や作品に込めたメッセージを伺った監督インタビュー動画を、映画祭開催に合わせてYouTubeで配信されます。
https://www.skipcity-dcf.jp/news/news/20091801.html

配信はこちらから▼
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭公式YouTubeチャンネル


<海外作品 監督インタビュー動画 配信スケジュール>

① 9/26(土) A.M.10:00配信開始
『願い』マリア・セーダル監督
  作品詳細

『南スーダンの闇と光』ベン・ローレンス監督
 作品詳細

『ペリカン・ブラッド』カトリン・ゲッベ監督
 作品詳細

② 9/27(日) A.M.10:00配信開始
『シュテルン、過激な90歳』アナトール・シュースター監督
 作品詳細

『リル・バック/メンフィスの白鳥』ルイ・ウォレカン監督
 作品詳細

③ 9/28(月) A.M.10:00配信開始
『カムバック』パトリック・エークルンド監督
 作品詳細

『ザ・ペンシル』ナタリア・ナザロワ監督
 作品詳細

※都合により、予告なく変更・中止になる場合があります。

公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp/