イスラーム映画祭7 『アジムの母、ロナ』 (アフガニスタン=イラン)

ajim rona.jpg

『アジムの母、ロナ』★日本初公開
原題:Rona, Madar-e Azim 英題:Rona, Azim's Mother
監督:ジャムシド・マームディ / Jamshid Mahmoudi
2018年/アフガニスタン=イラン/ペルシャ語、ダリ語/89分
字幕:日本語、英語
予告篇
https://youtu.be/wW7ptD1gB8Q

長年イランで暮らすアフガニスタン難民の家族の物語。
ジャムシド・マームディ監督は1983年にアフガニスタンで生まれ、幼い頃、家族とともにパキスタン経由イランに逃れてきて、イランで育ち、イランの大学で映画を学んだアフガニスタン難民です。
長篇デビュー作『数立方メートルの愛』(2014年)が、東京フィルメックスで上映されています。 イランで暮らすアフガニスタン難民の娘と、イラン人の労働者の青年の淡く切ない恋を描いたものでした。背景には、異国で難民として暮らす人たちの悲哀がずっしり。 監督にインタビューしています。(シネマジャーナル 93号 2015年春発行に掲載)
東京フィルメックス 『数立方メートルの愛』ジャムシド・マームディ監督、ナウィド・マームディ プロデューサーQ&Aは、こちらで!

『アジムの母、ロナ』も、 デビュー作『数立方メートルの愛』と同じく、兄ナウィド・マームディがプロデューサーを務めています。ロナは、兄弟の実際のお母様の名前。 母なる故国を重ね合わせています。

*物語*
テヘランで暮らすアフガニスタン難民のアジム。弟ファルークの一家がドイツに密航することになり、母ロナも一緒に行けるよう手配していたのに、出発前になり弟から母は連れていけないといわれる。アジムが母を引き取るが、ほどなく母が重度の糖尿病だと判明する。子どものいないアジム夫妻は、アジムが夜勤をしていて、アジムの腎臓を移植するとなると、重労働ができなくなり経済的になりゆかなくなる。仕事仲間の伝手で臓器を提供してくれるイラン人を見つけるが、外国人であるアフガニスタン人には移植できないと言われる・・・


アフガニスタンの人たちが、長年暮らしていても、イランではあくまで外国人(よそ者)で、賃金もイラン人より低く、差別されている実態が描かれています。弟ファルーク一家が、よりよい暮らしを夢見て、密航してまでドイツに行くことからも、満足のいく暮らしを送っていないことが思い図られます。

アジムを演じているモフセン・タナバンデは、イラン人で、コメディーが定評の俳優ですが、本作では、母親思いで、重労働の合間にもお祈りを欠かさない敬虔なムスリムのアフガン難民を体現しています。 監督としても活躍していて、2019年の東京国際映画祭 アジアの未来部門で監督作『50人の宣誓』が上映され、来日しています。
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/471578092.html
DSCF2463 iran turkey 320.JPG
モーセン・タナバンデ(左)とトルコのレイス・チェリッキ監督(右)

4月1日(金)公開のアスガル・ファルハディ監督作『英雄の証明』にも出演しています。どうぞご注目を!

母ロナを演じているファーテメ・ホセイニは、本作が映画初出演。 日本人にも似た風貌で、アフガニスタンでは少数派のハザラ族。 
アフガニスタンのタジク族やハザラ族の話すダリ語は、イランのペルシア語と単語や発音に多少の違いはありますが、文法は同じなので、言葉の不自由がないことからイランに逃れる人が多いようです。アフガニスタンの半数を占めるパシュトゥン族は、国境を隔てて同じ民族の住むパキスタンに逃れる傾向があるのと対照的です。

2/21(月)13:20からの上映後に、ちゃるぱーささん(アフガニスタン音楽ユニット)と寺原太郎さん(インド音楽バーンスリー奏者)による演奏とミニトーク。
PXL_20220221_062329963.jpg
映画の内容にも呼応する選曲でした。11世紀のバーバー・ターヘル、14世紀のハーフェズなど、ペルシアの詩人の詩に曲をつけたもので、歌詞の意味も歌う前に説明してくださいました。

昨年8月にターリバーンが再びアフガニスタンを制圧し、音楽も禁止。国立音楽学校の楽器が破壊され、音楽学校の人たちも世界各地に亡命した状況だそうです。
世界中に難民として散らばったアフガニスタンの人たちが、故郷に帰れる日が早くくることを祈るばかりです。
(景山咲子)





イスラーム映画祭7 『ジハード・フォー・ラブ』

jihad.jpg

『ジハード・フォー・ラブ』
原題:A Jihad for Love
監督:パーヴェズ・シャルマ / Parvez Sharma
2007年/米=英=仏=独=豪州/アラビア語、トルコ語、英語、ペルシャ語、ウルドゥー語、パンジャービー語、ヒンディー語、フランス語/81分
字幕:日本語、英語
予告篇
https://youtu.be/78jUBRio3So

インド出身のムスリムで、ゲイでもあるパーヴェズ・シャルマ監督が、信仰とセクシュアリティの間で葛藤するムスリムたちの声を集めたドキュメンタリー映画。
本作は過去に『愛のジハード』の邦題で公開されています。
2001年のアメリカ同時多発テロ事件後に本作を作る必要性を強く感じたというシャルマ監督は、6年がかりで世界各地で暮らすムスリムを取材しました。南アフリカ、フランス、エジプト、イラン、トルコ、パキスタン、インドなど、劇中で話される言語は9つ。
神の存在を意識しながら他者に理解されない葛藤を抱き続ける(しかしそれこそが“ジハード”では)彼らの姿を監督のカメラは真摯に捉えています。

(詳細 のちほど)

イスラーム映画祭7 『泣けない男たち』 (ボスニア=ヘルツェゴビナ)

nakenai.jpg

『泣けない男たち』★日本初公開
原題:Muškarci ne plaču 英題:Men Don't Cry
監督:アレン・ドルリェヴィチ / Alen Drljevic
2017年/ボスニア=ヘルツェゴビナ=スロベニア=クロアチア=ドイツ/ボスニア語/99分
字幕:日本語、英語
予告篇
https://www.youtube.com/watch?v=3dgSSQGJSe4

1990年代初頭のボスニア内戦で心や身体に傷を負った、セルビア人、クロアチア人、そしてボシュニャク人(ボスニアムスリム)の男性たちが人里離れたホテルでセラピーを受けている。 かつては隣人として暮らしながら、民族が違うというだけで戦ったことが、まだトラウマになっている男たち・・・


◆2月20日(日)13:45からの上映後トーク
《映画から読み解くボスニア紛争 ―傷ついた者たちのその後》
【ゲスト】山崎信一さん(東京大学非常勤講師/岩波新書『ユーゴスラヴィア現代史 新版』)


yugoslavia.jpg

(詳細 後ほど)


イスラーム映画祭7 『ソフィアの願い』(モロッコ)

7_4_ソフィアの願い.jpg

『ソフィアの願い』★日本初公開
原題:Sofia 英題:Sofia
監督:マルヤム・ビンムバーラク / Meryem Benm'Barek
2018年/フランス=カタール=ベルギー=モロッコ/アラビア語、フランス語/85分
字幕:日本語、英語
予告篇
https://youtu.be/BBdWdhyg0RE

マルヤム・ビンムバーラク監督の初長篇作品。
婚前交渉や中絶が違法のモロッコ。 本作は婚外子を生む20歳の女性ソフィアの物語で、2021夏に公開された『モロッコ、彼女たちの朝』http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/482804629.html
のルブナ・アザバルも出演。

*物語*
カサブランカの海辺の瀟洒な邸宅で両親とともに暮らす20歳の女性ソフィア。親戚が集まって食事中に、ソフィアは破水。医療従事者の従姉のレナが気づいて病院に連れていき出産するが、父親の存在を証明しなければ、婚外交渉として警察に通報されてしまう。出産したことが両親にばれ、ソフィアは、子どもの父親は以前職場で知り合ったウマルだと明かす。両親は下町のウマルの家に押しかけ、結婚式の日取りも決める・・・・


ウマルの父は亡くなっていて、母親は金持ちの娘と結婚できることに、成り行きはともかく内心喜んでいます。ウマルは何も弁明しませんが、あまり嬉しそうではありません。結婚式を3日後に控えた日、ソフィアが驚くべき発言をします。 まだ名古屋・神戸での上映がありますので、真相は明かせませんが、衝撃の作品でした。
家父長制の社会の中で、女性の立場が弱いことには間違いないのですが、本作では女性の家族が金の力で物事を片付けるという格差社会も描いています。
ラストの結婚式。楽団の奏でる音楽の中、新郎新婦の乗った輿が入場してきます。無表情の花婿と、どこか虚ろながら必死に手を振る花嫁の姿が対照的でした。

エンドロールで流れる歌は、ベルベル語。藤本さんは、この歌詞もぜひ字幕にしたいと、堀内里香さんに翻訳を依頼されています。


◆2月24日(木)13:30~からの上映後トーク
《映画に見るイスラーム世界のジェンダー変容》
【ゲスト】辻上奈美江さん(上智大学総合グローバル学部教授/明石書店『イスラーム世界のジェンダー秩序』著者)

まずは藤本さんより、本作は観た人によって受け止め方が違って、反響が大きいことが語られました。抑圧されている社会の中で抵抗している女性という見方をした人が多かったとのこと。
この後、辻上さんと核心に触れる会話があったのですが、ここでは明かさないでおきます。

◆姦通(ズィナー)や一夫多妻について
モロッコでは未婚者の性交渉は違法だが、チュニジアでは未婚者同士の性交渉は違法ではない。 イスラーム学派の違いで国によって法律も違う。
クルアーンに書かれていないことを、後世、どう解釈するかの違い。
チュニジアは北アフリカの中で、最も家族法の発展している国。フランスから独立した時に整備した。 一夫多妻を禁止。男性から3回離婚といえば離婚が成立することも禁止。当時としては画期的な法律。一夫多妻を法律で禁じているのは、トルコとチュニジア。
中東では、夫がどこで浮気しているかわからないより、わかっていた方がいいとか、自分が年を取ったので第二夫人をと考える女性もいる。第一夫人とほかの夫人の間で相互扶助が行われることも。 サウディアラビアで、かつて女性が運転できなかった時代には、例えば第一夫人の息子に運転してもらうというケースもあった。

モロッコの刑法 中絶に対して厳しい。モロッコでは、年間 6千人~7千人の子が出生時に捨てられている。
本作では、モロッコ国内の格差も描いていて、丸く収めようとするのが女性たち。
シングルマザーに対する法律は、日本でもちゃんと整備されていない。
監督は、「貧しくて男性社会に抑圧された女性」というステレオタイプへの異議申し立てとして本作を作ったと語っている。
「家父長制とミソジニーの犠牲者」としてのみ描かれるアラブの女性像と違ったものを描いている。

(景山咲子)


イスラーム映画祭7『時の終わりまで』(アルジェリア)

7_3_時の終わりまで.jpg

『時の終わりまで』★日本初公開
原題:Ila Akher Ezaman 英題:Until the End of Time
監督:ヤスミーン・シューイフ / Yasmine Chouikh
2018年/アルジェリア=UAE/アラビア語/94分
字幕:日本語、英語
予告篇 https://www.youtube.com/watch?v=inbUUG5irrE

イスラーム映画祭6で上映された『ラシーダ』のヤミーナ・バシール=シューイフ監督の息女、ヤスミーン・シューイフ監督のデビュー作。
元々は編集者であるバシール=シューイフ監督が娘のデビュー作でも編集を担当しています。

*物語*
アルジェリア西部の山間。スーフィーの聖者シディブーレクブルが祀られている廟を中心に墓地がある。初老の独身男アリーはここで遺体のお清めと埋葬を生業としている。聖廟参詣の祭に人々がバスに乗ってやってくる。最後に降りた一人の女性ジョヘル。彼女は祭ではなく、ここで亡くなった姉エルアーリアを偲びにきたのだった。アリーが、エルアーリアは家にいつも鍵をかけてなかったと声をかける。姉の葬式に夫が行かせてくれなかったが、夫が亡くなり家を追い出され、やっと墓参りに来たと語るジョヘル。ナスィーマという女性に姉の暮らしていた家に案内される。どうやらここで参詣にきた男性の相手をしていたらしいと、ジョヘルは同業のナスィーマに冷たい目を向ける・・・


墓地を舞台に繰り広げられる老いらくの恋?!
遺体のお清め係アリーの同僚ジェルールも独身で、来世で天女フーリーに囲まれて暮らすことを楽しみにしています。導師は、メッカ巡礼の機会が巡ってきてアリーに導師の代理を頼みます。葬儀をしきっているナビールは葬儀ビジネスで一旗あげることを夢見ています。
ある日、海を見たことがないナスィーマを連れて、アリー、ジョヘル、ジェルールは4人で海へ。ジェルールとナスィーマはいい雰囲気になり結婚することに。天女フーリーよりも現世で女性と楽しむことを覚えたジェルールは仕事もおろそかに。アリーも思い切ってジョヘルにプロポーズします。さて、ジョヘルの答えは・・・

時の終わり=現世の終わりを見届けてきた人たちが、あらためて自分の人生を見つめる姿にほろりとさせられました。ジョヘルの姉エルアーリアやナスィーマも、決していかがわしい商売ではなく、お墓参りに来た人たちに食事を提供し、話相手をして近親者を亡くした人の心を癒していたのだとわかります。

この映画のテーマは、イスラームの信仰の基礎である「六信五行」の六信の一つ「来世」。
イスラームでは来世は生まれ変わるのでなく、この世は仮の住まいで、人は死んだあと世界の終末が訪れた時に神様の「最後の審判」を受けて天国行きか地獄行きかが決められるとされています。 この世には終わりがあるけれど、永遠に続く来世のために、ムスリムの人たちは現世で善行を積むのです。
本作には、クルアーンの朗誦が多く出てくるのですが、藤本さんはそのすべての翻訳にもこだわり、字幕をつけています。


◆2月19日(土)16:30からの上映後トーク
《映画から知るアルジェリア―知られざるその魅力》
【ゲスト】和家麻子さん(危機管理コンサルティング会社勤務/アルジェリア滞在歴5年)

和家麻子さん、2013年~2018年 5年間アルジェリアに滞在。 アルジェ、オラン、コンスタンティーヌ。 2013年2月 天然ガスプラントが襲われ、日揮の日本人10名が亡くなられる。当局からはっきりした情報は発表されておらず、軍が襲撃したときに亡くなられた方も。

アルジェリア
人口 4390万人。日本の3分の1.
面積:238万㎡。 アフリカ最大。(スーダンから南スーダンが独立したので)
民族:アラブ人 74%  ベルベル人 25% その他
宗教:イスラーム 99%
言語:アラビア語、ベルベル語、フランス語
在留日本人 和気さんのいた頃、1000人位。1980年:2000人、 2020年:77人
在日アルジェリア人 379人(2021年) 

18030年から132年間 フランス統治
1954年~ 対仏独立戦争
1962年7月5日 独立宣言

*独立戦争を描いた映画
『デイズ・オブ・グローリー』 2006年 仏
『アルジェの戦い』 1966年 イタリア・アルジェリア
『いのちの戦場』 2007年 仏・モロッコ

◆独立後のアルジェリアの歴史と映画
独立前、フランス語で教育。独立後、アラビア語教育。他国から教師を呼んできたが、フスハ(文語)のアラビア語がアルジェリアで実際に使われているアラビア語と違うので、ほとんど外国語を学ぶ感じ。
独立後、民族解放戦線(FLN)による一党独裁体制。
1991年 イスラム救国戦線(FIS)が選挙で圧勝。FLNが選挙結果を無効とし、1992年 クーデター、内戦に。暗黒の10年。
1999年 ブーテリカ大統領 国民和解政策

*内戦を描いた映画
『ラシーダ』 2002年 アルジェリア・フランス
『パピチャ 未来へのランウェイ』2019年 フランス・アルジェリア・ベルギー・カタール
『神々と男たち』 2010年 仏
『インターネットの扉』 2004年
『時の終わりまで』 2017年

◆スーフィズムとアルジェリア
アルジェリア内にたくさんのスーフィー教団がある

アルジェリア最古のスーフィー関連施設:14世紀 アブー・マドヤン・モスク (トレムセン)
歴史家イブン・ハルドゥーンも教鞭をとった
アブー・マドヤン (1126~1198年) :マグリブ地域のスーフィズム普及に貢献。

フランス統治時代、スーフィー教団指導者の影響が大きく、フランスが資産を没収。
20世紀、サラフィー・ジハード主義が台頭し、スーフィズムは異端として施設が攻撃される。
政府はスーフィズムを穏健なイスラームとして後押しし、過激派のジハード主義に対峙する。

(景山咲子)