イスラーム映画祭7 『ヌーラは光を追う』(チュニジア)

『ヌーラは光を追う』
原題:Noura Rêve英題:Noura's Dream
7_2_ヌーラは光を追う.jpg

監督:ヒンド・ブージャマア / Hinde Boujemaa
2019年/チュニジア=ベルギー=フランス=カタール=オランダ/アラビア語/93分
★日本初公開
予告篇
https://youtu.be/vJcsiBuwKlE

『ある歌い女の思い出』(1994年)でデビューしたアラブ映画を代表する俳優ヒンド・サブリー主演作。ヒンド・サブリーは、『ある歌い女の思い出』と『ヌーラは光を追う』の両方で、北アフリカの伝統ある映画祭カルタゴ映画祭の主演女優賞を受賞。また両作はともに同映画祭のグランプリ受賞作。

ヒンド・ブージャマア監督は、2013年の山形国際ドキュメンタリー映画祭でデビュー作『良いはずだった明日』が紹介されており、本作は初の劇映画。

*物語*
ヌーラは夫ジャメルが刑務所に収監中で、病院(?)の洗濯室で働いている。職場で知り合ったラサドと恋仲になり、離婚の手続きを進めていたが、離婚成立直前に、夫が大統領恩赦で突然釈放される。ジャメルは、収監中に妻が家を引っ越し、自分のベッドを処分したことを不服に思いながら、「心を入れ替えて仕事も見つける、お祈りもする」とヌーラをなだめる。「また汚いお金で養うつもり?」とヌーラはジャメルをなじる。ラザドとの将来を夢見ていたヌーラは途方に暮れる。しかもジャメルがラザドの存在を知り・・・


ヌーラとジャメルの間には、3人の子どもがいるのですが、ヌーラは仕事が忙しいと言って、なかなか刑務所に面会にもいきません。面会に行くと、一番下の女の子は、お父さんに会えて、すごく嬉しそうにします。長女と長男は、少し大人なので、ちょっと父に対して冷めているようにもみえます。
ラザドはラザドで、ヌーラと一緒になりたい気持ちは本物だったと思うのですが、離婚成立寸前の夫の釈放に、さてどう対処するのか・・・ そうくるか・・・という結末は、名古屋や神戸の方、ぜひ映画をご覧ください。

なお、チュニジアでは、独立前、夫から一方的に離婚ができる社会でしたが、独立後に一夫多妻を国家法で禁じています。一方、男女の不義の関係が発覚した場合には、厳しく5年の懲役刑が課せられます。 もともとフランスの法律だそうです。 

★「原題“Noura Rêve”の意味は“ヌーラは夢見る”ですが、夢という字を使うにはハードな内容のため、ヌーラが“光”を意味する事もあり少しひねってこういう邦題を付けてみました」と藤本さん。 

(景山咲子)

イスラーム映画祭7 『ある歌い女(うたいめ)の思い出』(チュニジア)

イスラーム映画祭7 オープニング作品
『ある歌い女(うたいめ)の思い出』
原題:Samt El Qusur  英題:The Silences of the Palace
7_1_ある歌い女の思い出.jpg

監督:ムフィーダ・トゥラートリ / Moufida Tlatli
1994年/チュニジア=フランス/アラビア語、フランス語/129分
配給:エスパース・サロウ
劇場公開当時の35mmフィルムで上映
予告篇(本篇の一部)
https://youtu.be/2Vmtb6B6nTs

1994年に製作され世界各国で賞賛を浴び、日本では2001年に劇場公開されたフェミニズム映画の古典といわれている作品。
ムフィーダ・トゥラートリ監督が2021年2月に新型コロナウイルス感染症により73歳でこの世を去られ、追悼の思いも込め、21年ぶりにリバイバル上映。

*物語*
1956年にフランスから独立し、10年ほど時の経ったチュニジア。
酒場で歌うアリア。お腹に赤ちゃんがいるが、恋人は子どもを望んでいない。
チュニジア最後の皇太子シド・アリーの訃報が届く。
アリアは独立直前、母と過ごした王宮での日々を回想する。
母は王宮で厨房の仕事だけでなく、ベリーダンスを踊らされたり、夜伽もさせられていた。王宮で生まれたアリア。母は最期まで父親の名を明かさなかった・・・


2000年の地中海映画祭で観て、チュニジアがフランスから独立するまで、フランス統治下でありながら王室があったことを知った映画でした。1993年にチュニジアを訪れたことがあるのですが、その時にも認識してなかった次第。

アリアは皇太子の訃報を聞いて、久しぶりに宮殿を訪れ、かつて共に暮らした人たちと再会。いろいろな思いがよぎります。母がどんな気持ちで自分を育ててくれたかにも思いを馳せたのでしょう。恋人が反対しても産むと決意。女の子なら母の名をつけるというアリアの覚悟を決めた姿が素敵でした。
恋人とは王宮にいるときに知り合ったのですが、そのころから独立運動に携わっていた人物。そんな男が子どもを産むのを反対しているとはと、腹の座ってないことに呆れました。

◆2月19日(土)11:00『ある歌い女(うたいめ)の思い出』上映後のトーク
《アラブ映画における女性監督の軌跡 ―ムフィーダ・トゥラートリ監督を偲んで》
【ゲスト】佐野光子さん(アラブ映画研究者)


藤本さんより、本作の初上映は、1997年に吉祥寺で開催されたアフリカ映画祭で、その後、2000年の地中海映画祭での上映を経て、2001年に中野にあった武蔵野ホールで公開されたことが紹介されました。

佐野光子さんよりは、まず、ムフィーダ・トゥラートリ監督のプロフィール紹介。
1947年 チュニジア、シディ・ブ・サイード生まれ
1965年 パリの名門映画学校DHECで映画編集と脚本を学ぶ
1972年 チュニジアに帰国。映画編集者として活躍する
1994年 『ある歌い女(うたいめ)の思い出』カンヌ映画祭カメラドール特別賞、その他受賞多数。
 *アラブ初の女性監督作品と言われたけれども、初ではなく、女性監督作品として名を成した初めての作品。アラブ初の女性監督作品は、サルマー・バッカール監督による『ファーティマ75』(1975年)で、ムフィーダ・トゥラートリが編集を担当している。
その後、監督作品は、『男たちの季節』(2000年)、『ナーディヤとサーラ』(2004年)と計3本のみ。いずれも女性の沈黙、そして沈黙を破ること、母との葛藤を描いたもの。
2011年 革命直後のチュニジア暫定政権で一時期文化大臣を務めた。
存在感のある女性。
2021年2月7日 コロナで亡くなる。享年73歳。欧米でも報道される。

この後、ムフィーダ・トゥラートリ監督が編集を手掛けた多数の映画の中から、いくつか選んで詳細の説明。さらには、アラブの女性監督について、マグレブ3国、アラビア半島、エジプト、パレスチナ、シリアと、限られた時間の中で幅広く語ってくださいました。イスラーム映画祭7のオープニングを飾る充実のトークでした。

(景山咲子)




イスラーム映画祭7 絶賛開催中! (咲)

islam film 7 lineup.jpg

首を長くして楽しみにしていたイスラーム映画祭7が、2月19日(土)に開幕しました。
土日は、どの回も満席か満席に近い大入り♪
明日からの平日の回は、まだお席に余裕があります。
どれも、イスラーム映画祭主宰の藤本高之さんが厳選した見ごたえのある映画です。
ぜひ、お出かけください。

【イスラーム映画祭7】東京篇
渋谷ユーロスペース 2022年2月19日(土)~25日(金)
http://islamicff.com/index.html

PXL_20220220_075731508.MP.jpg
ユーロスペース入口で開場時にお迎えする藤本さん

PXL_20220220_075205894.jpg
上映前には、見どころの解説
上映が終わるごとに、藤本さん自ら、座席の消毒も!

そして、今年も素敵な「イスラーム映画祭アーカイブ」を自費制作されました。
islam film7 book.jpg
【イスラーム映画祭アーカイブ2022】
A4サイズ、オールカラー、42ページ。 1200円。
9本のコラムだけで3万字のボリュームです。
アンコール上映5作品の解説も、前のアーカイブから転載するだけではなく、ちゃんと情報を加えてリライトしました。

☆コラムの内容
①ムフィーダ・トゥラートリ監督とアラブ映画における女性監督の軌跡
②『ある歌い女の思い出』の音楽解説
③“ズィナー(かん通)”をめぐるイスラム社会の刑法
④映画から読み解くマグリブのジェンダー秩序
⑤ボスニア紛争(1992-95)の背景と現地の今
⑥パレスチナ映画『天国と大地の間で』徹底解説
⑦イラン社会に生きるアフガン難民
⑧映画でたどるアフガニスタン戦乱の40年
⑨イスラムで同性愛はどのように捉えられているか

映画祭の上映作品だけではなく、他の映画の参考にもなるような1冊を目指しました。
(藤本高之さん記)


写真満載で、デザインもとても綺麗です。 ぜひ会場でお買い求めください。

イスラーム映画祭7 東京篇ゲスト情報
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/485232744.html

イスラーム映画祭7 上映作品
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/484504597.html

イスラーム映画祭7 東京篇ゲスト情報

islam7 schedule.jpg

【イスラーム映画祭7】東京篇での上映後のゲスト情報です。

渋谷ユーロスペース 2022年2月19日(土)~25日(金)
http://islamicff.com/index.html

①2/19(土)11:00『ある歌い女(うたいめ)の思い出』上映後
《アラブ映画における女性監督の軌跡 ―ムフィーダ・トゥラートリ監督を偲んで》
【ゲスト】佐野光子さん(アラブ映画研究者)

②2/19(土)16:30『時の終わりまで』上映後
《映画から知るアルジェリア―知られざるその魅力》
【ゲスト】和家麻子さん(危機管理コンサルティング会社勤務/アルジェリア滞在歴5年)

③2/20(日)11:00『ジハード・フォー・ラブ』上映後
《愛のために「たたかう」こと ―イスラームと同性愛の交差点を探って》
【ゲスト】辻大地さん(九州大学大学院博士後期課程)

④2/20(日)13:45『泣けない男たち』上映後
《映画から読み解くボスニア紛争 ―傷ついた者たちのその後》
【ゲスト】山崎信一さん(東京大学非常勤講師/岩波新書『ユーゴスラヴィア現代史 新版』)

⑤2/21(月)13:20『アジムの母、ロナ』上映後
⑦2/23(水)14:30『子供の情景』上映後

《音楽で知るアフガニスタン ―トーク with ミニライブ》
【ゲスト】ちゃるぱーささん(アフガニスタン音楽ユニット)
寺原太郎さん(インド音楽バーンスリー奏者)

⑥2/23(日)11:00『ミナは歩いてゆく』上映後
《一人で始めたアフガニスタン支援の28年 ―女性と子どもたちの今》
【ゲスト】西垣敬子さん(宝塚・アフガニスタン友好協会代表/明石書店『アフガニスタンを知るための70章』)

⑧2/24(木)13:30『ソフィアの願い』上映後
《映画に見るイスラーム世界のジェンダー変容》
【ゲスト】辻上奈美江さん(上智大学総合グローバル学部教授/明石書店『イスラーム世界のジェンダー秩序』著者)

⑧2/24(木)16:15『ジハード・フォー・ラブ』上映後
《セクシュアリティ、ジェンダー、労働問題― 映画が掲げるテーマに私たちは追いついているか?》
【ゲスト】松下由美さん(映画プレゼンター/通訳/大学講師/Sintok シンガポール映画祭2009、2012主宰)



イスラーム映画祭7『ジハード・フォー・ラブ』  ★監督登壇のオンライン上映会  (咲)

jihad online.png

イスラーム映画祭7での上映作品『ジハード・フォー・ラブ』のパーヴェズ・シャルマ監督が登壇するオンライン上映会が開かれます。(要申し込み)
監督のQ&Aを聞いたのちに、ぜひまたイスラーム映画祭7でスクリーンで映画をご覧ください。

『ジハード・フォー・ラブ』 原題:A Jihad for Love
監督:パーヴェズ・シャルマ / Parvez Sharma
2007年/米=英=仏=独=豪州/アラビア語、トルコ語、英語、ペルシャ語、ウルドゥー語、パンジャービー語、ヒンディー語、フランス語/81分
予告篇 https://youtu.be/78jUBRio3So
インド出身のムスリムで、ゲイでもあるパーヴェズ・シャルマ監督が、信仰とセクシュアリティの間で葛藤するムスリムたちの声を集めたドキュメンタリー映画。
本作は過去に『愛のジハード』の邦題で公開されています。
2001年のアメリカ同時多発テロ事件後に本作を作る必要性を強く感じたというシャルマ監督は、6年がかりで世界各地の同胞たちを取材しました。(劇中で話される言語は9つ)
神の存在を意識しながら他者に理解されない葛藤を抱き続ける(しかしそれこそが“ジハード”では)彼らの姿を監督のカメラは真摯に捉えています。

オンライン上映会 詳細:https://t.co/ujqpcmK2E6
(以下に内容貼っておきます)

********

イスラーム教徒の同性愛者たちをテーマにしたドキュメンタリー映画『A Jihad for Love』(米2008年)のオンライン上映会を開催します。本人もゲイ・ムスリムであるパーヴェズ・シャルマ監督も登壇します。

ムスリム社会におけるLGBTという問題を切り口に、イスラームの解釈をめぐる議論や、性的少数者の権利など、現代的な諸問題を考えるきっかけになれば幸いです。多くの方々のご参加をお待ちしております。

開催日時:2022年1月19日(水)17:00~19:45

開催方法:Zoomウェビナー(申込みされた方にURLをお送りします)

プログラム:17:00~ 趣旨説明・映画と監督の紹介
      17:10~ 映画上映
      18:40~ アラブ文化研究会発表
      19:00~ パーヴェズ・シャルマ監督Q&A

お申し込みはこちらから↓
https://forms.gle/WD7KjhcVhSA8Cud8A

主催 アラブ文化研究会(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス)
共催 科研費基盤A「トランスナショナル時代の人間と「祖国」の関係性をめぐる人文学的、領域横断的研究」
協力 イスラーム映画祭