SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 『宴の日』

国際コンペティション
宴の日 英題:Festival 原題:잔칫날

I_Festival.png
©2020 Storyteller Pictures & Kyeom Film All rights reserved

監督:キム・ロッキョン
出演:ハジュン、ソ・ジュヨン
2020年 / 韓国 / 108分
https://www.skipcity-dcf.jp/films/intl03.html

*物語*
イベント司会などで日銭を稼いでいるギョンマン。入院中の父を妹ギョンミと交代で看ていたが、亡くなってしまう。悲しむ暇もなく、通夜の食事から祭壇や棺など、葬儀社に選択を迫られる。蓄えはないから節約するしかない。そんな折、売れっ子の先輩から、自分の代わりに翌日港町で開かれる老婦人の傘寿の誕生日会の司会に行ってほしいと頼まれる。ギャラは200万ウォン。父が亡くなったとは言えず、葬儀を抜け出して港町に行く。依頼主から、両親は陽気な夫婦だったけど、父が亡くなってから母が落ち込んでいるので、笑わせてほしいと頼まれる。踊りの時に着てほしいと、父親が愛用していた韓服を渡される。亡き夫の服を着たギョンマンを見て、「ヨボ~(あなた)」とにっこり笑って倒れる老婦人。救急車で運ばれるが、亡くなってしまう。ギョンマンが手を取ったことから倒れたと疑われ、警察に取り調べられ、なかなか帰してくれない。葬儀社からは、まだ決めてなかった棺のことで電話がかかってくる。妹ギョンミも、喪主がいないことを親戚に責められ、途方に暮れてしまう・・・

傘寿のお祝いで亡くなった老婦人の葬儀は、息子が有力者らしく盛大。ギョンマンならずとも、格差に溜息が出ます。肉親が亡くなり、呆然としている時に、葬儀の段取りをしなくてはいけないのは、ほんとにつらいものです。葬儀社に言われるままになってしまいがちですし、せっかくならお金をかけてあげたいとも思うものです。そんな悲喜こもごもを、ユーモアも交えて描いた作品でした。韓国の葬儀や誕生祝の様子を垣間見れたのも興味深かったです。


◆キム・ロッキョン監督インタビューより
I_Festival_D.jpg
公式サイト動画はこちら

撮影は、父の葬儀をした場所で
9年前に父を亡くしてから、いろいろ考えるようになりました。
葬儀場は大切な人を見送る場所。3日間の間に、お金を重要視する人がいたり、内輪で喧嘩が起こったりするのを子どもの頃にも見たことがありました。愛する人を思い、悲しみに浸る3日間でありたいと思いました。
「後悔しないで生きていきたい」という自身の思いからお葬式をテーマにしました。

父の葬儀で出せなかった感情を主演二人に託した
兄ギョンマンは、痛みを抱えているのに表に出せないという人物です、
ハジュンは「バッドパパ」(18)などテレビドラマで活躍していますが、オーディションの時に明るい姿しか見せないのに、あとから映像を見てみたら、それだけでないのを感じました。もう一度会ってみたら、私と似ていて、ギョンマンにも似ていて、お願いしました。二人でギョンマンを作っていきました。いい目をしていて、それも決め手でした。
妹ギョンミは、兄妹二人が一人の人物に見えるようにしたいと、ハジュンさんに決めた後に、ソ・ジュヨンさんにお願いしました。二人一緒のシーンは多くないのですが、撮影が終わってから、むしろ親しくなってました。
私は父の納棺の時に、我慢して感情を出せませんでした。私が当時出来なかったことを主演の二人に託しました。
映画を観て、人生で大切なことは何か、そして、大切な人のことを思っていただければと思います。

監督と俳優の両方を続けていきたい
本作は、初監督作品ですが、自分の俳優経験が役に立ったと思います。でも、俳優経験に基づいて、出演する俳優たちにお話しするので、しつこいと思われたかもしれません。心を使って演じないといけないので、心が傷つかないように心がけました。
これからも監督と俳優の両方をやっていきたいです。
監督としては、2本目の長編を撮り終えました。このインタビューの背景は、その映画のセットです。

(景山咲子)




この記事へのコメント