SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 受賞結果

“若手映像クリエイターの登竜門”として2004年に埼玉県川口市でスタートしたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、9月25日(土)よりオンライン配信で開催され、最終日の本日10月3日(日)、YouTube Liveでのオンライン授賞式にて、グランプリをはじめとする国際コンペティション、国内コンペティションの各賞が発表されました。

★受賞者の喜びの声や、審査員のコメント、受賞作品の詳細は、下記サイトをご覧ください。
https://www.skipcity-dcf.jp/news/news/211003aw.html


《国際コンペティション》
受賞者_国際コンペティション 320.jpg
最優秀作品賞(グランプリ) 『ルッツ』 アレックス・カミレーリ監督 (マルタ)
監督賞 『ライバル』 マークス・レンツ監督 (ドイツ、ウクライナ)
審査員特別賞 『シネマ・オブ・スリープ』 ジェフリー・セント・ジュールズ監督(カナダ)
『ミトラ』 カーウェ・モディーリ監督(オランダ、ドイツ、デンマーク)
観客賞 『国境を越えてキスをして!』 シレル・ペレグ監督(ドイツ)

国際コンペティションでは、地中海の島国マルタで先祖代々伝統的な漁を続けてきた男が、船の破損をきっかけに漁師の仕事を捨てるか逡巡する姿を描いた人間ドラマ『ルッツ』(アレックス・カミレーリ監督/英題:Luzzu)がグランプリを受賞!
マルタ製作の映画としては本映画祭初ノミネートとともに初の受賞となりました。


《国内コンペティション》
SKIPシティアワード 初めて短編作品が受賞 !!
『カウンセラー』 酒井善三監督

今後の長編映画制作に可能性を感じる監督に対し贈られる「SKIPシティアワード」は、カウンセラーと謎の患者のやり取りを不穏な心理ホラーに仕立て上げた、酒井善三監督の『カウンセラー』が受賞。短編作品の同賞受賞は本映画祭史上初の結果となりました。

PXL_20211003_065850708.MP.jpg
左:『カウンセラー』酒井善三監督 右:『夜を越える旅』萱野孝幸監督

優秀作品賞(長編部門) 『夜を越える旅』 萱野孝幸監督(日本)
優秀作品賞(短編部門) 『リトルサーカス』 逢坂芳郎監督(日本)

観客賞(長編部門) 優秀作品賞とW受賞 !!
『夜を越える旅』 萱野孝幸監督(日本)

観客賞(短編部門) 史上初!優秀作品賞とW受賞 !!
『リトルサーカス』 逢坂芳郎監督(日本)

国内コンペティションでは、長編部門で『夜を越える旅』(萱野孝幸監督)、短編部門で『リトルサーカス』(逢坂芳郎監督)がそれぞれ優秀作品賞と観客賞をW受賞!! 
両部門で同時に優秀作品賞と観客賞をW受賞する快挙も、本映画祭として史上初となりました。

この記事へのコメント