11/2 TIFF(白)

昨日5本詰め込んだので、今日は洗濯、お昼支度をすませて午後から。

『トゥルーノース』(日本、インドネシア)
アニメーション。北朝鮮から亡命した男性が、聴衆を前に「政治の話はしません。僕の家族の話をします」と語り出します。
最初に少年の父が捉えられ、すぐ後に母と妹と少年が連れて行かれたのは、政治犯収容所。想像を絶するような過酷の日々、残忍極まりない看視者たち、そんな地獄のような10年間のお話。暗い背景に荒い木彫りのような人物、これだけでも十分な描写だった。

『チャンケ:よそ者』(台湾)
韓国に住む男子高校生のクァンヤン。母は韓国人、父と自分は韓国生まれなのに、国籍は台湾で外国人パスポート。華人の学校から韓国の普通高校に転校してから、優等生で学級委員だけれど「チャンケ」と呼ばれ、いじめに遭っている。初めて好きな女の子に出会うが…。
クァンヤンのTシャツは前に「幹」背中に「看三小」と書いてありました。台湾語では罵り言葉で悪い意味になるらしいですが、韓国ではこの漢字では通じないのかな?カラオケで歌う懐メロは何だろう?と松岡さんと話していたら、姜育恆 「驛動的心」 (1987)と教えてくださった方がいました。松岡さんが葉蒨文 Sally Yeh(サリー・イップ)も歌っていたのを思い出してくれました。聞いたことがあった!
https://www.youtube.com/watch?v=SlTB40sBbVk 「驛動的心 」國語版
https://www.youtube.com/watch?v=38z14fHkayw 「祝福」粵語版

この後少し時間が空いたので、カフェでのんびり食べていたら『海辺の彼女たち』が満席になってしまっていました。あうう。3日の一般上映は売り切れ、9日最終日の最前列しか残っていませんでした。『僕の帰る場所』の藤元監督でサンセバチャン映画祭だったからか。人気でめでたいことです。
思い切り時間が空いたので、日比谷へフィルメックスのパンフを買いに行ってきました。メトロの24時間券(100円安いシニア券も限定発売中)だったし良かった。


IMG_4614.jpg

『赦し』(トルコ)
父に厳しくあたられ、可愛がられる弟メリクが妬ましい兄のアジズ。メリクの持ち出した銃でアジズは弟を死なせてしまった。アジズは苦しみ悪夢にうなされ、母は病院に連れていきアジズを抱きしめるが、父は怒りでアジズを見ようともしない。
子どものうちは、親はどの子にも分け隔てなく愛情を。子どもには唯一人の父と母だもの。親は子供のおかげで親になっていく。一緒に成長しなくちゃ。この映画のように一時激しい憎しみにかられることがあるかもしれない、それでも本当に引き金を引いたり殴りつけたりしない理性は働くはず。働かせて。

後もう1本観られたけれど、ちょうど同じ試写を観ていた(咲)さん、(美)さん、イスラーム映画祭主催の藤本さんと1Fの中華やさんで晩御飯。香港に行くと必ず食べていたエビワンタンメンにしました。美味しかった。(白)

この記事へのコメント