AIWFF2019 山田火砂子監督『一粒の麦 荻野吟子の生涯』 (千)

A3EB39A0-44D3-4B4F-A66B-10AFF53769FB.jpeg

◆ 日本/2019/105分 9月8日ウィルホール1310〜
公式サイト:http://www.gendaipro.jp/ginko/

明治時代、男性にしか医師の公的免許が許されていなかった頃、あらゆる勇気と助けと踏ん張りとで試験を受けることができ合格した日本の公許女性医師第1号、荻野吟子さんの物語。埼玉生まれ埼玉育ちの私にとっては偉人すぎる偉人ですが、全国的にはそんなに知られていないなんて、、ショックよりビックリ…、医師としては勿論、社会運動家としても当時、活躍していました。吟子さんが生まれ育った埼玉県北は、埼玉の中でも渋沢栄一や塙保己一など著名人を多く輩出しているエリアで、最近ではラグビーが盛ん!! 同じ県内でも私の地元・大宮とは少々、文化が異なります。

3DF8EB0C-083C-419B-8104-E8ACBCBA245C.jpeg

★2019年10月26日より新宿k’sシネマほか全国順次公開!!

吟子さん、晩年になって、権威ある女医学誌創刊号の巻頭文を書いて欲しいとの原稿依頼が来ます。家族は「巻頭を飾るなんて‼︎」と大喜びで吟子さんを褒めても本人は「ただただ頑張ってきただけ」と全く動じない… この頑張り屋さんの吟子10代〜60代までを演じた女優・若村麻由美さんも素晴らしく。その吟子さんに恋するベテラン医師の井上先生を演じた佐野史郎さんが登場するシーンでは笑いもおこる。さすがキャスティングの妙と言うか、笑いあり涙あり映画のエンタメ性もほどよく入ってる、齢87才の山田火砂子監督にしか作れない社会派映画です。山田火砂子監督、長生きしてこれからも作り続けてください‼︎
上映後のトークイベントにも参加したかったのですが台風の影響で早めに名古屋を出発しました…残念無念…今年で24年も続いている国際女性映画祭、来年も楽しみにしてます。 (千)


この記事へのコメント