第二回東京国際ろう映画祭(TOKYO DEAF FESTIVAL 2019)

2019年5月31日(金)から6月3日(月)まで
渋谷ユーロライブ、アップリンク渋谷ほか
主催:東京ろう映画祭実行委員会(聾の鳥プロダクション)

東京国際ろう映画祭は、ろう者スタッフが映画をセレクトする映画祭です。
日本の渋谷で2年に1回、ろう者・聴者がスタッフとなって開催されています。
ろうにまつわるテーマを主に中編・長編映画を上映します。
ろう者をとりまく手話社会、ろう文化を映した作品を多くの聴者、そしてろう者自身にも観ていただき、その魅力を深く知って頂くことでろう者の社会や芸術の発展に寄与し、聴者とろう者の相互理解の場を創出することを目的としています。

映画祭の上映プログラムでは、手話弁士の登壇や、フィルム上映、邦画の日本語字幕付き上映などの他、国内外からゲストをお招きしたアフタートークやシンポジウム、写真展、ワークショップなど幅広い企画を実施しています。

2019年のテーマは「可能性」です。
この世界は様々な可能性に満ちています。良いものも悪いものも含めて、それらは思いがけないところから立ち現れます。
私達の生きる現実に対して想像し、考え得るあらゆる物語を、映画を通してより多くの皆様に提供していきたいと考えています。

多彩な上映作品は、公式サイトで確認ください。
公式サイト:https://www.tdf.tokyo/

この記事へのコメント