第19回 東京フィルメックス(2018)が始まりました(暁)

アジアを中心として、世界から集めた独創的な作品を上映してきた東京フィルメックス。今年は19回目を迎え、11月17日のオープニングはホン・サンス監督の『川沿いのホテル』で始まりました。クロージングはジャ・ジャンクー監督の『アッシュ・イズ・ピュアレスト・ ホワイト(原題)』。特集上映はアミール・ナデリ、日本人新鋭監督は広瀬奈々子監督、奥山大史監督、近浦啓監督などの作品が上映されます。

一時期開催が心配されたフィルメックスですが、オフィス北野から木下グループへ運営支援が変わり、無事開催されます。開会式は新しくできたTOHOシネマズ日比谷で、市山尚三プログラム・ディレクターの開会挨拶があり、「ウェイン・ワン監督から何でもやるよ」という励ましがあり、今回審査委員長をお願いしたとのことで、審査委員長のウェイン・ワン監督(映画監督 アメリカ)の熱弁からフィルメックスが始まりました。
●P1000029補正.jpg
熱弁するウェイン・ワン監督

●P1000035補正.jpg
審査員の皆さん 左から
西澤彰弘氏 (日本/東京テアトル株式会社・映画興行部長)
ウェイン・ワン ( 審査委員長:米/映画監督)
モーリー・スリヤ (Mouly SURYA/インドネシア/映画監督)
エドツワキ氏 (日本/イラストレーター、アートディレクター)
市山尚三プログラム・ディレクター

この記事へのコメント