ドイツ映画祭 HORIZONTE 2021

5月の開催予定が延期されていた「ドイツ映画祭 HORIZONTE 2021」が、11月18日より開催されます。

期間:2021年11月18日(木)~21日(日)
会場:ユーロライブ(渋谷)
公式サイト:https://www.goethe.de/doitsueigasai2021

★特別先行販売 11月1日(月)~11月14日(日)1300円
ユーロスペース公式サイトhttp://www.eurospace.co.jp/
その後は、鑑賞日の3日前からオンラインとユーロスペース窓口で販売。
 一般:1500円 学生・シニア・ユーロスペース会員:1200円

ドイツ映画は今、変化の過程にあります。2021年ドイツ映画祭「Horizonte」(地平線、視界)の上映作品7本のうち5本は、移民の背景を持つ監督による作品です。ここ数年は新世代の映画人が登場し、従来とは異なるドイツを物語る作品を発表しています。彼らの作品は、ドイツでの生活を自明と考えてきた人々とは異なる視点を提示し、ドイツにある多様な現実に光を当ててくれます。この光によって、これまでのドイツ映画の世界では見えなかった「色」が輝き出し、表現がより豊かになります。ドイツの現実に対する眼差しが多様化することは、ドイツ映画の充実だけでなく、私たち自身の「視界(Horizont)」を拡げ、ひいては未来の社会を共に構築するための大切な支えを作るのです。
(公式サイトより)

開会式&トーク
11月18日(木)
19:30-20:20 トーク

濱口竜介監督(リアル来場登壇予定)
『未来は私たちのもの』主演ベンヤミン・ラジャイブプル※
『マリアム エヴィーン刑務所生まれて』マリアム・ザレー監督※
※印のゲストは、オンライン登壇になります。

トーク後、『未来は私たちのもの』上映



◎イラン系監督の作品
◆『悪は存在せず』
監督:モハマッド・ラスロフ(ドイツ在住イラン人)
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/h21/the.html
11月20日(土)10:00
11月21日(日)13:50

*2020年の東京国際映画祭で上映された作品。
イラン政府当局から映画製作を禁じられているラスロフ監督が、死刑制度にまつわる四つの短編を繋げて、人間の尊厳を問うています。
TIFFトークサロン報告記事
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/478620118.html

◆『未来は私たちのもの』
監督:ファラズ・シャリアット(イラン移民2世。1994年生)
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/h21/fut.html
11月18日(木)19:30 開会式&トーク後、上映
11月20日(土)20:40

◆『マリアム エヴィーン刑務所に生まれて』
監督:マリアム・ザレー(イランの政治犯収容のエヴィーン刑務所生まれ)
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/h21/bor.html
11月19日(金)14:00
11月20日(土)18:00 上映後Q&A  ザレー監督


◎アフガニスタン系監督の作品
◆ベルリン・アレクサンダープラッツ
監督:ブルハン・クルバニ(アフガニスタン人難民の息子。1980年ドイツ生まれ)
西アフリカ・ギニアビサウ出身の男フランシスが、難民としてたどり着いたベルリンで、麻薬組織に巻き込まれ人生を翻弄させられる物語。
原作は、1920年代に出版されたアルフレート・デーブリーンによる現代ドイツ文学の金字塔「ベルリン・アレクサンダー広場」。ブルハン・クルバニ監督が、独自の解釈で映画化。原作の主人公は、下層労働者でしたが、それをアフリカからの難民に設定。貧困・人種・難民の問題を盛り込んだ深みのある作品に仕上げています。
シネジャ作品紹介は、こちらで!
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/481528389.html
公式サイト:
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/h21/ber.html
11月19日(金)18:45
11月21日(日)10:20


◎トルコ系監督の作品
◆『オライの決断』
監督:メフメト・アキフ・ビュユックアタライ
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/h21/ora.html
11月20日(金)15:20  上映後Q&A ビュユカタライ監督
11月21日(土)20:30


◎ドイツ人監督の作品
◆『システム・クラッシャー 家に帰りたい』
監督:ノラ・フィングシャイト
2019年ベルリン映画祭銀熊賞
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/h21/sys.html
11月19日(金)10:30
11月20日(土)13:00

◆『異端児ファスビンダー』
監督:オスカー・レーラー
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/h21/ent.html
11月19日(金)16:00
11月21日(日)17:20