ヨコハマ・フットボール映画祭2021  女子サッカーを語るオンライントーク

yokohama football.png

「ヨコハマ・フットボール映画祭2021」は、下記日程を予定していましたが、1月14日に延期が決定され、2021年中の新日程での開催を目指すとのことです。

当初予定:
2021年1月30日(土)31 日(日)かなっくホール
2021年2月1日(月)~5日(金)シネマ・ジャック&ベティ
https://yfff.org/yfff2021/
★新たな日程の発表をお楽しみに!

「ヨコハマ・フットボール映画祭2021」のオープニングを飾る予定だった『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』 は、2021年2月5日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されます。
シネジャ作品紹介

また、本来の開催初日である1月30日に予定されていたトークイベントの一つがオンラインで開催され、アーカイブとして視聴することができます。
新作『私をくいとめて』が公開中の大九明子監督も登壇しています。製作の現場にいるときには、女性であることを特に意識したことはないのに、「女性監督」という枠組みで語られることへの思いも語っています。ぜひお聞きください。 (景山咲子)

◆スペシャルトーク
これからの女子アスリートがまとうべきイメージ、ストーリーとは
視聴リンク:https://youtu.be/WokG7IrZIPQ

 今、日本の女子サッカー界は、けなげな「なでしこ」のイメージから「ウーマンエンパワーメント」というキーワードで動き出そうとしています。
 ただ、現場からは期待とともに、変化への戸惑い、不安の声も聞こえています。
  映画監督やサッカー経験者などとの会話からより自由なジェンダー論を展開します。

ゲスト
大九明子(映画監督・脚本家)
 社会を生きる女性の心理をユニークな手法で描く映画監督。
 『勝手にふるえてろ』(松岡茉優主演  第30回東京国際映画祭 観客賞受賞)
 『私をくいとめて』(のん、林遣都主演 第33回東京国際映画祭 観客賞受賞)

栗林藍希(女優)
 選手視点で語れる女子サッカー選手出身の女優。
 アルビレックス新潟 レディースU-18、U-15でプレーしていた。
 スクリーンデビューは2017年の『緑色音楽』(村上虹郎主演)。
 テレビ東京『音流 ? #ONRYU ?』レギュラーMC。

日々野真理(フリーアナウンサー)
 サッカーに深い愛を注ぎ込み、日本中になでしこの魅力を伝え続けてきたフリーアナウンサー。
 なでしこジャパンの密着取材を15年以上続け、選手との親交も深い。
 著書は『凛と咲く なでしこジャパン30年目の歓喜と挑戦』(KKベストセラーズ)

司会:石井和裕
 なでしこリーグ冠スポンサー担当などを経て、2020年より日本初のWEリーグを追う女子プロサッカー・マガジン「WE Love 女子サッカーマガジン」 にて主筆を務める。
 女子W杯は07年、11年、19年に現地観戦。