東京フィルメックス『マイルストーン』(インド) リモートQ&A  (咲)

mailestone.jpg

『マイルストーン』原題:Milestone
監督:アイヴァン・アイル(Ivan AYR)
インド / 2020 / 98分

北インドを舞台に、激しい腰痛に苦しみながら亡くなった妻の家族への賠償金のために働くベテランのトラック運転手の苦悩を描く。デビュー作『ソニ』が高く評価されたアイヴァン・アイルの監督第2作、ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門で上映。
(公式サイトより)
https://filmex.jp/2020/program/competition/fc5

*物語*
トラック運転手として経験の長いガーリブ。デリーにあるトラックセンターで待遇をめぐって荷物の積み込みを行う労働者がストに突入。ガーリブは自ら積み下ろしをしなくてはならず、腰を痛めてしまう。
さらに、ガーリブが頼りにしている相棒の運転手ディルバーグの夜目が利かなくなり辞めるという。トラックセンターの老社長や若社長から、絶大な信頼を置かれているガーリブは、若手育成を託される。若い運転手パーシュがトラックに同乗するようになるが、いつか自分の仕事を取られてしまうのではとガーリブは不安になる。
一方、2年前にやっと娶った妻が自殺してしまい、妻の実家のシッキムから父親と妹がやってきて、賠償金を支払えという。ガーリブは故郷の村落委員会に解決の仲介を頼む・・・

仕事場では、頼りの同僚は仕事ができなくなり、労働者のストもあって負担が重くのしかかっているのに、私生活でもやっと結婚した相手が自殺。散々な目にあっているガーリブの物語。デリーのガーリブの隣人はカシミール出身の家族。亡くなった妻は、ネパールやブータンにも近いシッキム出身。なぜこんな遠いところの人と結婚?という謎は、Q&Aで解けました。
シッキムには20年以上前に行ったことがあって、亡くなった妻の父親や妹の風貌が日本人にも似ているのを懐かしく思いました。監督のいるインド北西部のチャンディーガルにも行ったことがあって、ル・コルビュジエ設計の碁盤の目のような計画都市。インドらしくない無機質な町。こちらはシク教徒の多い地区。ガーリブという主人公の名前からムスリムかなと思っていたら、亡き妻の賠償金の調停のために帰った村は、どうみてもシク教徒の村。第一、ガーリブがムスリムなら結婚するときに婚資金の取り決めをしているはずなので、賠償金の額でもめることはないはず。そんなことを思っていたら、監督とのQ&Aで、ガーリブはシク教徒と判明しました。インド北西部のシク教徒の間で、ムスリムの名前を付けることはよくあることなのだそうです。


上映:
10月31日(土) 21:20- @ヒューマントラストシネマ有楽町 
11月5日(木) 12:50- @TOHOシネマズ シャンテ 

◎Q&A(リモート)
11月5日の『マイルストーン』上映後、監督とのQ&Aがリモートで行われました。
mailestone kantoku.jpg
登壇:
アイヴァン・アイル(監督)
市山 尚三(東京フィルメックス ディレクター)
松下 由美(通訳)
動画:https://youtu.be/i1Ea8Ra9go8
下記のうち、★印:動画にはない部分

市山:インドのチャンディーガルにいる監督とZOOMで繋がっています。さっそくQ&Aを始めます。

監督:大変な時期だからこそ、皆さんが劇場で観てくださったのがなにより嬉しいです。自分もその場にいられたらと思います。日本で観ていただくのが夢でした。日本の巨匠たちから大変影響を受けましたので。

市山:なぜ長距離トラックの運転手を主人公にしたのでしょうか? 日々の生活を描いていますが、なぜこの職業の方を?

監督:まず、トラック運転手はどこにでもいますよね。資本主義を支えているのが運送業の人たち。でも気づいたのですが、移動しているけど、運転手自身は小さなトラックの世界に閉じ込められていて、実は彼らはどこにも行っていません。それは私たち皆にも当てはまることだと思います。自分の人生を操縦する主人公であるのにもかかわらず、小さなところから思うように動かない。その視点から作品を撮ることにしました。

Q:ファーストカットを長いシーンにしたのは? ワンカットにした理由を教えてください。

監督:私は自分の作品をカットのないシークエンスでよく始めます。最初に主人公のいる状況、時と空間をまず観て貰って、360度キャラクターの眼に入るものを観客に共有してもらう目的です。居場所や環境を観る人に確認してもらって、キャラクターの目線で世界を観て、そこから旅を始めるという導入です。

mailestone 3.jpg

Q:主人公はムスリムだと思いますが、シッキム出身の奥さんは仏教徒かクリスチャンでしょうか? 二人はどのようにして知り合って結婚したのでしょうか?

監督:主人公の名前はムスリムのものですが、シク教徒です。主人公のガーリブという名前は、インドの19世紀のムスリムの偉大な詩人からつけられています。北インドのシクの人たちは、ムスリム系の名前をよくつけます。
また、亡くなった妻をシッキム出身の女性にしたのは、リサーチでわかったことですが、運転手はなかなか結婚できなくて、仕事で行った先で結婚を持ちかけられ、金を払って妻を娶ることがあるそうです。この映画の主人公の場合はお金を払ったとは特定していませんが、仕事で行った先のシッキムで知り合ったという設定です。彼はクウェートで生まれ育って、その後インドに両親と戻ってきたけれど、よそ者。デリーでも馴染めない。北東のシッキムの人もインドに住んでいながら部外者意識を持っていて、共鳴しあったという設定です。

Q: ガーリブが詩人の名前と説明がありましたが、助手のパーシュも詩人の名前。なぜ二人に詩人の名前を付けたのですか?

監督:気が付いてくださって嬉しいです。インド外ではあまり知られていませんが、インド国内でも、映画を観てなかなか気づいてくれません。詩に触れる機会がないのです。映画の主人公たちも、日々自分の名の背景に気が付いてもらえません。インドの社会で、こういった名前が意味を持たなくなってしまったのは、詩や芸術に価値を見出せない。それを享受する余裕もなくて、生きるのに精一杯なのです。楽しいことを求めるけど、あまりにも困難で詩を書くこともなかなかない。私のペシミストな観方が二人に反映されています。

Q:主人公の腰の痛みが最後に取れ、今度は姉からの電話で若いパーシュが腰痛になったと知ります。監督にとっても腰痛は何かのメタファーなのでしょうか? 

監督:実は腰の痛みが取れるという発想は、映画を煮詰めている終わりのほうで自分に降ってきたものです。ストーリーとして意味はないのですが、こういう形で終えようと思いました。なぜ急に痛みが消えたのか? それが比喩だとしたら、一番近い答えは、ガーリブが罪の意識を克服できたからではないでしょうか。自分でもちゃんとした答えはないのですが。 

Q:ガーリブの部屋にダライ・ラマの写真がありました。奥さんが飾っていたものでしょうか?

監督:亡くなった奥さんの出身地シッキムの大多数は仏教徒で、仏教徒ではない人たちも、ダライ・ラマの写真を伝統的に飾ります。彼の家を仕切っていたのは奥さんだったということを示しています。

Q:日本の監督で特に影響を受けたのは?

監督:一番多くを学んだのは小津監督です。私の映画に対する考えを変えた偉大な監督です。最近では、市川崑の『野火』を観て、映画観が変わりました。黒沢明監督、鈴木清順監督。現役では、是枝監督、黒沢清監督。日本以外では、インドのサタジット・レイ、リッティク・ゴトク監督。ゴトク監督はサタジット・レイに比べると知名度は劣るのですが非常に才能に溢れた監督で影響を受けました。国外ですと、デビッド・リンチ、ジム・ジャームッシュ、イランのジャファール・パナヒと、挙げたらきりがないです。

市山:リッティク・ゴトク監督の特集をかなり以前にフィルメックスでしました。(2007年 第8回東京フィルメックス) しばらく観る機会がないので、また上映できればと思います。
もう時間がありませんので、これを最後の質問にしたいと思います。Q「今、インドで感じている閉塞感や問題点があれば教えてください」

監督:経済的に困窮していて、何を話してもそれがあまりにどこにも垂れこめていて、経済的不安定の中で必死になっています。短期契約の非正規雇用がコロナでどんどんなくなっています。誇張せずに、全くお金が無くなって、親元や兄弟に頼らざるをえなくてストレスを感じている人が多いです。文化、芸術、哲学、教育、健康などについて話す余地が全くないのが現状です。

P1310447 milestone.jpg
最後に皆さんに手を振って終了。

まとめ:景山咲子





フランス映画祭 2020 横浜 中東絡みの作品たち  (咲)

la-daronne_poster.jpg

当初6月に予定されていたフランス映画祭 2020 横浜が、コロナ禍で延期され、12月10日から開催されます。
上映される長編10作品の内、9作品は日本公開が決まっていて、オープニング作品の『ゴッドマザー』のみ、配給未定です。試写の案内をいただき、主役の役柄が「アラビア語通訳」とあったので、これは観なければ!と、飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京に駆けつけました。
また、ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとのコラボで無料配信される6本の短編の中に中東絡みの作品が2本ありましたので、併せてご紹介します。

フランス映画祭 2020 横浜 公式サイト:https://www.unifrance.jp/festival/2020/


オープニング作品
『ゴッドマザー』 原題:LA DARONNE
監督:ジャン=ポール・サロメ
出演:イザベル・ユペール、イポリット・ジラルド

警察でアラビア語の通訳として働くパシャンス(イザベル・ユペール)。今日も、麻薬捜査班の取り締まりに同行して、通訳を務める。パシャンスの目下の悩みは、介護施設にいる我儘な母親のこと。介護士ハディージャ(*注)の優しさに支えられている日々だ。
ある日、警察の依頼で通話の盗聴をしていて、大麻の密輸事件のドラッグディーラーの一人が、介護士ハディージャの息子だと気づいてしまう。どうしても、その息子を助けたいと、パシャンスは大胆な計画を立てる・・・
(*注:ハディージャは、預言者ムハンマドの最初の妻の名前。介護士がムスリマであることがわかります。)

la-daronne1 © Guy Ferrandis.jpg

「イザベル・ユペール主演の社会派コメディ」のうたい文句通り、まぁハチャメチャなドラッグ密輸組織を揺るがすゴッドマザーの大活劇! 
la-daronne2 © Guy Ferrandis.jpg

大量の大麻樹脂を元手に、パシャンスはドラッグディーラーのちょっと抜けた二人組に取引きを持ちかけ、ヒジャーブ姿でアラブの女に成りきって出かけます。いつしか「ゴッドマザー」と呼ばれるようになるパシャンス。

パシャンス(忍耐)という名前は、ろくでもない父親がつけてくれたらしいのですが、オマーンの首都マスカットにある墓に眠る父を訪ねたあと、パシャンス号と名付けられた船でオマーンの海に乗り出します。思いもかけず、オマーンの美しい風景も楽しめた作品でした。
麻薬を扱う男たち相手の通訳は、わざとわかりにくい方言を使われたりして、大変な仕事であることも垣間見れました。



◎ブリリア ショートショート シアター オンライン配信作品から

◆『音楽家』原題:ペルシア語Navozande, フランス語 le musician
監督:レザ・リアヒ
フランス/14:56/アニメーション/2020
音楽家_Navozande.jpg

~引き裂かれた恋人たちはいつまでも想い合う〜
1219年、ペルシア。モンゴル軍の侵攻で、恋人の音楽家と引き裂かれた女性。40年後、宮廷で働く彼女は、盲目の楽師が生き別れた恋人だと気づく・・・
残虐なモンゴルの襲撃、そして華やかな宮廷の宴が、伝統楽器の美しい調べと共に繰り広げらるアニメーション。
ペルシア語を学び始めた時に、「モンゴル軍が来て、焼いて、殺して、破壊して・・・」と順序は忘れましたが、動詞を覚えるのに教わったのを思い出しました。ペルシアにとって、モンゴルの侵攻はそれほど残虐な記憶。それを象徴する15分でした。


◆『思い出たち』 原題:Souvenir Souvenir
監督:Bastien Dubois
フランス/15:10/アニメーション/2020
思い出たち_souvenir-souvenir.jpg

~戦争を語ること、知ることの難しさ〜
祖父がアルジェリアから持ち帰ったサソリの標本。この10年、アルジェリア戦争のアニメ映画を作ろうとして、戦争に行った祖父に実態を知りたいと聞くけれど、仲間や狩りの楽しい話ばかり。問い詰めると、招集されて行くしかなかったとポツリ。
実戦で地獄を見た人ほど、戦争経験を話さないのはいずこも同じ。思い出したくない記憶を抱えて生きる人たちに思いを馳せました。


★上記2作品を含めて、6作品を下記のサイトで視聴できます。
配信サイト:ブリリア ショートショート シアター オンライン
特設ページ: https://sst-online.jp/magazine/9184/
配信期間 12/5(土)10:00〜12/18(金)10:00

『真西へ 』(原題:Plein Ouest)監督:アリス・ドゥアール
『アデュー』(原題:Un adieu)監督:マティルド・プロフィ
『ローラとの夜』(原題:La Nuit, tous les chats sont roses)監督: Guillaume Renusson / BSSTO作品
『音楽家』(原題:Navozande, le musicien)監督:レザ・リアヒ
『岸辺』(原題:Rivages)監督:ソフィ・ラシーヌ
『思い出たち』(原題:Souvenir Souvenir)監督:バスティアン・デュボワ


景山咲子

フランス映画祭2020 横浜

★FFF2020_key visual_tate.jpg

期間:2020年12月10日(木)〜12月13日(日)全4日間
*当初、6月25日(木)〜6月28日(日)に予定されていたものを延期して開催

会場:横浜みなとみらい21地区、イオンシネマみなとみらいほか
主催:ユニフランス
共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜市
特別協賛:日産自動車株式会社
公式サイト:https://www.unifrance.jp/festival/2020/

上映作品
オープニング作品
『ゴッドマザー』
監督:ジャン=ポール・サロメ 出演:イザベル・ユペール 
  ★オープニングの本作のみ日本公開未定
la-daronne_poster.jpg

作品内容は、こちらで!


『カラミティ(仮)』
『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』
『FUNAN フナン』
『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』
『パリの調香師 しあわせの香りを探して』
『MISS(原題)』
『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』
『私は確信する』
『マーメイド・イン・パリ』


◆特別マスタークラス  *SSFF & ASIAとのコラボ企画
フランス映画祭2020 横浜
×
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 特別マスタークラス

配信日時:12月11日(金)11:00〜12:00 (予定)*生配信
配信URL:https://www.youtube.com/c/フランス映画祭2020横浜
(フランス映画祭2020 横浜公式チャンネル)
テーマ フランスのショートフィルムでみる親と思春期の子の関係
対象作品
『真西へ 』(原題:Plein Ouest)監督:アリス・ドゥアール
『アデュー』(原題:Un adieu)監督:マティルド・プロフィ
『ローラとの夜』(原題:La Nuit, tous les chats sont roses)監督: Guillaume Renusson / BSSTO作品

★ブリリア ショートショートシアター オンラインで6作品配信

上記特別マスタークラスの3作品のほか、下記3作品を無料配信
『音楽家』(原題:Navozande, le musicien)監督:レザ・リアヒ
『岸辺』(原題:Rivages)監督:ソフィ・ラシーヌ
『思い出たち』(原題:Souvenir Souvenir)監督:バスティアン・デュボワ

配信サイト:ブリリア ショートショート シアター オンライン
特設ページ: https://sst-online.jp/magazine/9184/
配信期間:12/5(土)10:00〜12/18(金)10:00

作品内容ほか詳細はこちらで
https://www.unifrance.jp/festival/2020/event/

『音楽家』と『思い出たち』は、こちらもどうぞ!
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/478868949.html


東京国際映画祭 『赦し』(トルコ) TIFFトークサロン (咲)

Main_Forgiveness.jpg

『赦し』 英題:Forgiveness  原題:Af
監督:ジェム・オザイ
出演:ティムル・アジャル、エミネ・メルイェム、ハカン・アルスラン
2020年/トルコ/95分/カラー/トルコ語  *長編1作目の監督作品
TOKYOプレミア2020国際交流基金アジアセンター共催上映
上映:11月4日(水)20:50~ 11月7日(土)20:05~
https://2020.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3301TKP14

厳しい父に愛されずに育った兄はある日、間違って猟銃で弟に発砲してしまう。お気に入りの次男に起こった事故に愕然とする父、沈黙する母、絶望する長男。家族に希望は訪れるのか。新鋭監督の重厚なドラマ。(公式サイトより)

*物語*
霧深い山奥で木を切り出して暮らす一家。
父親は次男メレクを贔屓にして、長男アジズに何かと厳しく当たっている。
父に銃の使い方を教えてもらった兄弟。アジズが試している時に足元に蛇が来て、驚いたとたんに発砲し、弟を撃ってしまう。
お気に入りの次男が亡くなり、ますますアジズにつらく当たる父。
アジズを赦す時は来るのか・・・

村の小さなモスクでクルアーンを学ぶ兄弟。
試験に受かったご褒美に弟が父に買ってもらったドローンをアジズは木に引っかけてしまいます。木片を集める作業中に、要領のいい弟がちょっと遊ぼうと言った時の出来事でした。それでも父は兄を悪者と決めつけてしまいます。
母親がアジズを気遣うのも気に入らない様子の父親。
父親の眼光が鋭くて、過去に何があって、そこまで長男を疎むのかと、アジズが気の毒になりました。
何十年も前の話かと思ったら、ドローンが出てきて現在の話とわかりましたが、地方ではまだまだ家父長制が強いことを感じさせてくれる物語でした。でも、こうした親の子どもたちに対するえこひいきは、どこにでも存在すること。普遍的な物語でもあると気づきました。子どものいない私にはわからないけれど、やっぱりお気に入りの子を贔屓にしてしまうかも。
TIFFトークサロンで、監督の知り合いに実際にあった出来事が、この映画の発端だと知りました。



TIFFトークサロン
DSCF4170 yurusi.jpg

11月8日(日)17:30~
『赦し』
登壇者:ジェム・オザイ(監督/脚本/編集)
司会:石坂健治さん(TIFFシニア・プログラマー)
トルコ語通訳:野中恵子さん
英語通訳:王みどりさん
アーカイブ動画  https://youtu.be/hfZFojHTDg4

監督:メルハバ!

石坂:『赦し』をワールドプレミアで出していただき、ありがとうございます。

監督:このような形でお会いできて、私の作品を観た方たちから感想を聞くことをできるのが嬉しいです。この困難な日々の中で東京国際映画祭を開催いただきまして、関係者の方たちに感謝します。

石坂:複数の方たちからいただいている質問で、その中には日本トルコ協会アナトリアニュースの担当者の方もいらっしゃいます。Q「この作品を撮るきっかけは何だったのでしょうか?」

監督:知り合いの人の実際にあった話がきっかけです。映画のデコレーション関係の仕事の師匠の立場の方から、家族との間でこういう問題があると聞いたことから着想を得て、この映画のプロジェクトが始まりました。

石坂:脚本からお書きになっているのですね。次の質問です。やはり複数の方からいただいています。「キャスティングが素晴らしいです。兄役は、演技と思えない緊張感がありリアリティがあって素晴らしかったです。お父さん役にも圧倒されました」

監督:兄役ハカン・アルスランは、撮影現場の地方で暮らしている少年。とても賢い子で、どうすればいいか素早くキャッチしてくれました。自然の中で隔絶されているところです。内向的で静かな子という、探し求めていたアジズの精神的なものも備えたキャラクターでした。自然な立ち居振る舞いもよかったです。カメラの前に立ったことのない子です。撮影期間中、見事に役割を演じてくれました。弟役ユスフ・バイラクタルもアマチュア。母役エミネ・メルイェムはプロです。リハの時や撮影の休憩中もとても貢献してくれました。

石坂:長男アジズは誤って弟を撃ってしまう役。子役にはとても重い役だと思います。撮影中、心のケアなど、気を付けられたことはありますか?

監督:アジズ役も弟役も重い憂鬱な心理状況にならないようにしなければなりませんでした。彼らに対してこれは芝居でありゲームであると言って協力してもらうようにしました。ドラマの持つ深みを認識しないように仕向けました。お陰で、いい結果を得ることができました。子どもに演じてもらうのは難しい。一方、容易であるともいえます。彼らの認識は浅いので、撮影環境の中で集中してくれて、成功したと思います。

石坂:Q「ロケ地が素晴らしかったです。どのように決めたのですか? 監督ゆかりの地ですか?」 

監督:いろいろなところを見ました。頭の中にあったのは、山の中の村。隔絶された地で、社会との交わりのない、時が止まったような場所。今回の家族の悲劇は、内向的に閉じ込められ追い詰められたようなところで起こりました。父親の役柄を表す為にも、地理的にも困難なところである必要がありました。子どもたちに成功することを強要する父親。そのような気持ちになる場所ということで、ここで撮らなきゃと思いました。交通も不便で到達するのも難しいところです。私の作品にふさわしいと思いました。

石坂:Q「劇中に音楽がBGMとして使われなかったのは?」

監督:音楽は映画を感情的にさせてしまいます。メロドラマ的にしたくありませんでした。心理状態のリアリティを反映させるために音楽はいれないのが正しいと思いました。現場の家族の背景にある厳しく激しい自然の自らの音に任せるのがいいと思いました。

石坂:これは私からの質問です。父親に疎まれる長男と、好かれている次男、その関係から悲劇が起こることから、旧約聖書のカインとアベルを思い出しました。実際にあった話とのことですが、古典の物語をどこかで意識していたのでしょうか?

監督:古典を意識したことはないです。旧約聖書のカインとアベルは違う。彼らの関係は嫉妬の感情。この兄弟の関係はえこひいき。公正でないという関係です。父親は成功を求めていて、長男にはより多くを求めています。二人の子がいて、公正でないことはよくあることです。よりできる子を贔屓にすることがあります。ここで表現したのは、父親のかたくなで圧力的な態度です。

石坂:Q「子豚のシーンが印象的でした。お父さんが粉をかけましたが、何だったのでしょう?」

監督:ネズミを殺すための粉でした。

石坂:残念ながら時間となりました。最後のメッセージをお願いします。

監督:初めての長編です。観た方と初めてお会いできました。時間をとって観ていただき、関心を示してくださりありがとうございました。それに見合う内容であったならば嬉しいです。

DSCF4172 yurusi.jpg
スクリーンショットタイム

まとめ 景山咲子



第17回ラテンビート映画祭

11/19(木)オープニング特別上映
『Forgotten We'll Be』
 原題:El Olvido Que Seremos
@新宿バルト9(1回のみ)

【オンライン配信】
2020年11月20日(金)0:00〜12月13日(日)23:59
公式サイト:https://lbff.jp/index.html

★作品一覧 https://lbff.jp/#peliculas
★視聴方法 https://lbff.jp/2020/howto.html

■11月20日より配信開始
家庭裁判所 第3H法廷/Courtroom 3H
息子の面影/Sin Señas Particulares
老人スパイ/El Agente Topo
ビボス ―奪われた未来―/Vivos
モラル・オーダー/Ordem Moral

■11月26日より配信開始
エピセントロ ~ヴォイス・フロム・ハバナ~/Epicentro
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ベネズエラ/Once Upon a Time in Venezuela
マリアの旅/La vida era eso

【短編】15の夏
*視聴料金:1作品 1000円[税込] (短編のみ300円[税込])※購入後72時間視聴可能。

◆スペイン大使館で二つの美術展
異国の恋人 井上雄彦とガウディのバルセロナ

ハビエル・マリスカルとハバナの歴史

場所:スペイン大使館(東京)
期日:2020年11月16日〜2021年1月22日
料金:入場無料