東京国際映画祭 『ノー・チョイス』レザ・ドルミシャン監督インタビュー

今は全世界でチョイスがない

DSCF4005 no choice.jpg


『ノー・チョイス』 英題:No Choice 原題:Majboorim
監督:レザ・ドルミシャン
2020年/イラン/106分/カラー/ペルシャ語
上映:11月3日(火) 16:05~ 11月6日(金) 14:50~
TOKYOプレミア2020 国際交流基金アジアセンター共催上映
https://2020.tiff-jp.net/ja/lineup/film/3301TKP24

*物語*
16歳のホームレスの少女ゴルバハール。愛する男に言われるまま、11歳の時から代理母を引き受けてきたが、知らない間に不妊手術を施されていた。彼女の話を聞いた人権派弁護士サラは、ペンダー医師が手術したことを突き止める。彼女は私財を投じてホームレスを擁護し、尊敬を集めている人物だった・・・


◎インタビュー
11月6日(金) 18:45から行われたTIFFトークサロンでの質疑応答を踏まえて、お話を伺いました。
TIFFトークサロンQ&Aは、こちらでご覧ください。

DSCF4013 no choice.jpg


◆ファテメさんは心から演じる女優
監督:サラーム!

― お誕生日おめでとうございます!

監督:ありがとうございまず!

― 先ほどのトークサロンQ&Aで、ファテメ・モタメダリアさんと何か月も一緒に脚本を練ったという話が出ました。かつて、ファテメさんが来日された時のインタビューで、若手監督のために自分ができることは最大限してあげたいとおっしゃっていました。

DSCF007220nabat-thumbnail2.jpg

ファテメ・モタメダリアさん: 『ナバット』アゼルバイジャンのエルチン・ムサオグル監督と
*2014年10月14日のスタッフ日記

監督:ファテメさんと仕事をするときには、ほんとに楽しめます。彼女はすべて納得しないとやりません。自分が演じる役について考えて、信じたいともおっしゃっていました。すべてを自分に取り込んで演じてくれます。
監督の前に助監督をしていて、多くの役者を見てきました。彼女のように、映画をとても大事にして、心から演じているのは、ファテメさんのほかにエッザトッラー・エンテザーミーさん(2018年8月17日没)くらいです。今回、医者の役はファテメさんにお願いしたいと思って脚本を書きました。テーマを話したら、「あなたを信じてやります」とおっしゃってくれました。
ファテメさんの後に、弁護士役のネガール・ジャヴァヘリアンさんが決まりました。最後に、少女ゴルバハール役のパルディス・アーマディエさんを決めました。
配役が決まって、脚本を完璧に書いて、本読みをしたのですが、役者たちの気持ちや表現の仕方などを見て、脚本に変更を加えて仕上げました。この映画は、私にとって大きなチャレンジでした。これまで作ってきた映画は素人や舞台の役者を主に使って作ってきました。4本目は学生たち、今回初めてプロの役者たちにお願いしました。
女医の母親役の女優は、90を超えた方。1927年生まれのザーレ・オルブZhaleh Olovさん。ファテメ、ネガール、パルディスと、4世代のイランの女性の役者さんにお願いしました。中でも、ファテメさんは映画にいっぱいいろいろなことを運んでくださいました。

Sub2_No_Choice.jpg


◆女性人権派弁護士たちに敬意
― 女性弁護士サラから、人権派弁護士ナスリーン・ソトゥーデさんを思い浮かべました。もちろんほかにも多くの女性弁護士が人権のために闘っていると思います。それを代表してサラという弁護士役を作り上げたのでしょうか?

監督: 人権問題にすべてを捧げた弁護士たちを思い出して書きました。ナスリーン・ソトゥーデさん以外に、アブドル・ソルターニーさん、 シーリン・エバディさん、メラニーズ・カールさんなどがいます。すべて自分を犠牲にした方たち。 ソルターニーさんは刑務所に入ったとき、28歳の娘さんが亡くなって、仮釈放で出てお墓に行って、「これからもすべての人生を人権問題に捧げる」と誓いました。
弁護士には、二つのタイプがいると思います。法律や権利の為に頑張る人と、人を騙してまで金儲けしたい人。

◆鬱かコロナかのチョイスしかない
― 女性たち三人三様の暮らしを見て、お金のある人は外国に逃げることができるけれど、お金のない人は、ホームレスになったり、身体を売るしかないほどイランの経済がひっ迫しているのを感じました。
 「こちらの生活は厳しいけど、向こうでは亡命の身。選択肢はない。こちらでいい仕事していたのに」と語る場面もありました。
『ノー・チョイス(Majboorim)』というタイトルに込めた思いをお聞かせください。

監督: この映画で描いているすべての人たちは、皆、チョイスがありません。情勢の中に仕方なくいないといけない。 今は、全世界で仕方なく  毎日、現実の中で生活しています。マスクをしなくてはいけないとか。
人間は皆コントロールされていて、現実はもっともっと厳しくなっていく感じです。映画の中のゴルバハールも仕方なく地べたで寝ています。一人一人のキャラクターは、今の全世界の人間のようにチョイスがないのです。

― まさにコロナ禍で、全世界が身動きできなくて、今もこうして画面でしかお会いできません。どうしてこんな世界になってしまったのかと思います。コロナ禍でイランでは映画の製作や、映画の上映はどうなっていますか?

監督:コロナの世界を想像していませんでした。 映画の将来がどうなるか、皆疑問を持っていますが、わかりません。消えるわけじゃない。 血液検査をすれば、自分には映画しかありません。イランではコロナで、まず映画館がクローズされました。電車など密になるところはほかにもあるのに、それよりも前にです。 テレビも映画も撮影はしています。映画祭は形が変わりました。30くらいの映画祭が中止になりました。皆、仕方なくなんとかやろうと思っています。映画を作っていないと鬱になりそうです。 鬱かコロナかの選択です。役者の中には、コロナで亡くなった人もいます。

Director_No_Choice.jpg


◆丸刈りにしたのは男として生きる決意
― ゴルバハールが長い髪を切り丸坊主になります。キアロスタミ監督の『10話』(2002年)などでも女性が丸坊主の頭を見せています。髪がないから見せてもいいのでしょうか?

監督:髪の毛がなくても検閲では問題にされます。丸坊主の女性の頭を見せるなと言われます。 
ゴルバハールにとって、女を捨てて生きていこうと髪の毛を切ったのです。最後に残っていた女の気持ちも役に立たないから男になるしかない。そういう決意なのです。そう考えて、髪のシーンを入れました。

― 単純に、お金を得る為に髪の毛を切ったのだと思いましたが、そういう意味があったのですね。 あっという間に時間が経ってしまいました。次の作品を作られましたら、ぜひ東京にいらしてください。 本日は、ありがとうございました。

監督:次は東京でお会いしましょう!

取材:景山咲子

TIFFトークサロン 『ノー・チョイス』(イラン)

DSCF4011 no choice.jpg


『ノー・チョイス』 英題:No Choice 原題:Majboorim
監督:レザ・ドルミシャン
2020年/イラン/106分/カラー/ペルシャ語
上映:11月3日(火) 16:05~ 11月6日(金) 14:50~
TOKYOプレミア2020 国際交流基金アジアセンター共催上映

*物語*
16歳のホームレスの少女ゴルバハール。愛する男に言われるまま、11歳の時から代理母を引き受けてきたが、知らない間に不妊手術を施されていた。彼女の話を聞いた人権派弁護士サラは、ペンダー医師が手術したことを突き止める。彼女は私財を投じてホームレスを擁護し、尊敬を集めている人物だった・・・

Main_No_Choice.jpg


TIFFトークサロン
11月6日(金) 18:45~
登壇者:レザ・ドルミシャン(監督/脚本/プロデューサー)
司会:矢田部吉彦さん
ペルシア語通訳:ショーレ・ゴルパリアンさん
英語通訳:松下由美さん 
アーカイブ動画:https://youtu.be/r9ustCzCdrg


◆「痛みの監督」と自称している
矢田部:ようこぞ! ようやく監督のお顔が拝見できてうれしいです。

監督:呼んでいただき、とても嬉しいです。

矢田部:TIFFで上映したいと早くから我々皆思っていました。イラン映画は最近目覚しいですが、今年もまた新たな傑作が届いたなと感動しました。『ノー・チョイス』はとても激しいヘビーな内容ですが、スタイルが斬新で迫力に満ちた作品でした。TIFFで紹介の機会をいただきありがとうございます。

監督:私もTIFFで上映していただいて嬉しいです。コロナで日本に行けなくて残念です。一緒に観て、空気感を感じながら皆さんのコメントを聞きたかったです。

矢田部:続々質問がきています。本作は5作目。今回、女性たちの苦悩、人権、司法制度など社会的な難しさが描かれています。Q「今回、このテーマを選ばれたのは?」

監督:「痛みの監督」と自分で言ってます。社会に感じる痛みや悲しみ、問題を映画にしています。たくさんの物語が耳に入ります。不公平なことも観ています。女性の人権問題はイランだけでなくほかの国にも存在していると思います。人の痛みや、抱えている問題を映画に描かないといけないと感じています。

◆ドキュメンタリータッチと言われ嬉しい
矢田部:Q「3人の女性の視点で語っていますが、一人の女性の話だけでも1本撮れそうです。かなりのリサーチが必要だったと思います。現場にも行かれたことと思います。どのように脚本を作っていったのですか?」

監督:実は2年間位リサーチしました。リサーチが一番大切だと思っていました。テヘランのあちこちを歩いて、多くのホームレスとも話しました。一つ一つのキャラクターが頭にあって、それに似た人と話しました。産婦人科医や弁護士とも話しました。ゴルバハールのような女の子とも話しました。ソーシャルワーカー、NGOの人とも話しました。脚本を書くためにたくさんの人の力を借りました。
映画を通して、ひとつの大きな質問を投げかけています。映画を観て、皆さんが答えを見つけてくださるといいなと思っています。

矢田部:法律とモラルの間の線はどこにあるかということかなと思います。Q「ゴルバハールのように、代理母として生きるしかない人たちが実際にいると理解していいでしょうか?」

監督:たくさんいると思います。実際にいると知って驚きました。映画を作った大きな理由は、政府や関係組織に女性のホームレスに目を向けてほしかったからです。

Sub1_No_Choice.jpg


矢田部:Q「段ボールもなく、地べたに寝ていたのはショックでした。ドキュメンタリーのような作品と感じました。ノンフィクション部分も多いのでしょうか?」

監督:ドキュメンタリータッチと言われて嬉しいです。皆さんにそのように観てほしいと思っていました。エキストラとして、参加しているのは、実際の地べたに寝ているホームレスの方たちです。お願いして映画に出てもらいました。

◆法律とモラルの間で葛藤
矢田部: Q「三人三様で、惹き込まれる映画でした。医師が移民するのを迷っていました。どういう状況なのでしょうか? 日本にいるとわかりません。彼女の立場を教えてください」

監督:この質問には、テヘランに住まないとわからないかなと思いながら答えます。今、テヘランに住むことを考えると将来に不安を感じます。大変な中で暮らしています。どの職業についていても、将来は明るいものであるように考えるのですが
いろんな国で、より良い生活を求めて移民されると思います。この医師は、働いている病院の様子をみると、ほかのところに移った方がいいかと考えます。まだ決心していません。家族は皆、移民しています。でも、ここで皆を助けたいという思いがあって、辞められないでいます。移民しようと思えば、とっくに行くことができました。残りたい気持ちのほうが強いのだと思います。

矢田部:これは私自身の質問ですが、若い弁護士が最後に職務を停止されます。女医の施した措置が違法だけど、高度な政治レベルで女医の行為は黙認されていて、政治的圧力で弁護士は職務を停止されたと解釈していいでしょうか?

監督:答えになるかどうかわかりませんが、弁護士のサラはお金をもらわないで権利の為に闘っています。それが自分の夢でもあります。法律を守らないといけないことも考えています。女医は法律よりも、モラルを大事に考えています。この二人の葛藤が映画の中心になっていると思います。

◆明るい未来を信じたい
矢田部:英語で質問がきました。Q「監督の視点で、この物語のモラルは何でしょう? 日本でも権利について主張すると、ある種の人々を怒らせることがあって、思いもよらない結果を招くことがあります。刺されることはないと思いますが」

監督:今のはコメントですね。一つ加えたいのは、映画の中のキャラクターの一人一人は自分の視点でものを見て前を向いて頑張っています。誰が正しいかはわからない。誰が犠牲になるかもわかりません。結果は、私たちのおかれている立場にはチョイスがないということではないかと思っています。

矢田部: Q「弁護士サラは理想に燃えているけれど、現実が見えてない報いを受けてしまった悲しい結末でした。これも現実でしょうか?」

監督:今の社会には、暗い現実が存在します。でも、皆、明るい未来を見ているのではないでしょうか?  

矢田部:そうしたいものです。

監督:今年の映画祭のポスターにある「信じよう、映画の力」、これも一つの答えだと思います。

◆自分の目が見ている映像スタイル
矢田部:ブライアン・コリンズさんからの英語での質問です。「この数年、東京国際映画祭でイラン映画を観て、楽しんでいます。多くの映画で女性の権利を描いていますが、映画祭で女性のゲストがあまり来ないのは、制限があるのしょうか? 公の場で女性たちがこういう問題を語ることに障害があるのでしょうか?」という質問です。映画祭サイドからいうと、今回のトークセッションでは物理的に女優さんたちにお声をかけられなかったという事情です。

監督: この映画の場合は全く検閲もないし、女性も自分のことを発現できると思います。

矢田部:この映画の魅力の一つは映像の素晴らしさでした。Q「突然のクローズアップ、突然引いたり、テンポの速い編集など、ほかの作品になかなかないスタイルでした。この映画の為に取ったスタイルでしょうか? 監督がもともとこのようなスタイルを好まれるのでしょうか?」

監督:映画を作るとき、自分の目で見ているようなスタイルで撮ります。サブジェクトに合う形を選びます。頭の中でリズムが狂ったように回っているので、それが映像スタイルにも表れています。特にこの映画は視点の映画だと思っています。皆が置かれている状況の中で感じていることを目で語っているのを表そうとすると、ズームしかないなと。全部ズームで撮ろうとも思ったくらいです。今まで作ってきて、スタイルが完璧になったのが本作かなと思っています。

◆女医役ファテメさんと脚本を練った
矢田部:素晴らしい効果だったと思います。「視点の映画ということで、女性の権利や社会問題を観客に問われているような気がして、とても印象に残りました」という感想をいただいています。ここで最後の質問になります。Q「3人の女優が素晴らしかったですが、キャスティングの経緯は?  女優さんたちのどのようなところに注目されましたか? 決めた順番がありましたか?」

監督:映画作りの一番難しいのは役者選びです。考えているキャラクターを表現してもらわないといけません。とても緊張します。今までプロの役者はあまり起用しませんでした。舞台の役者は使ったことがありますが。今回、最初にお願いしたのはファテメ・モタメダアリアさん。今回3人の女優さんは、皆、大プロの役者です。特にファテメさんとは何か月も脚本について話しました。2番目に、ゴルバハール役に若手のパルディス・アーマディエさん。3番目に弁護士のサラ役にネガール・ジャヴァヘリアンさんを決めました。
私は脚本を書きながら、誰にやってもらおうと考えます。たどり着かない場合は、書き上げてから考えます。大体は、最初に思っていた方たちをキャスティングしています。

矢田部:ありがとうございます。まだまだ質問が来ているのですが、あっという間に時間が経ってしまいました。監督、お答えいただき、ありがとうございました。

監督:ありがとうございます。お招きいただき感謝しています。

矢田部:監督は昨日がお誕生日でした。お誕生日おめでとうございます。皆でお祝いを!
それではスクリーンショットタイムです。


DSCF4013 no choice.jpg


監督:ありがとうございました。

矢田部:素晴らしい作品で、イラン映画の充実をあらためて感じさせてくれる作品でした。ありがとうございました!


★『ノー・チョイス』レザ・ドルミシャン監督インタビュー
トークのあと、個別取材の時間をいただきました。

景山咲子