第21回東京フィルメックス 授賞式

最優秀作品賞は、アゼルバイジャンの詩的な『死ぬ間際』に!
fillmex top 420 ●P1130482補正.jpg

例年、11月下旬に開催されていた東京フィルメックスですが、今年は東京国際映画祭と連携し、いつもより早い10月30日(金)~11月7日(土)の日程で開催されました。
コロナ禍で、東京国際映画祭ではコンペティションをやめて、観客賞のみとなりましたが、東京フィルメックスでは、例年通り、12作品のコンペティション作品の中から受賞作を選定し、7日に授賞式が行われました。
司会:レイチェル・チャンさん(J-WAVE)

◆第21回東京フィルメックス受賞結果◆
最優秀作品賞:『死ぬ間際』ヒラル・バイダロフ
審査員特別賞:『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』池田暁
スペシャル・メンション:『Pierce』ネリシア・ロー、『KANAKO』北川未来
観客賞:『七人楽隊』アン・ホイ、ジョニー・トー、ツイ・ハーク、サモ・ハン、ユエン・ウーピン、リンゴ・ラム、パトリック・タム
学生審査員賞:『由宇子の天秤』春本雄二郎

New Director Award:『熱のあとに』(日本/山本英監督)
New Director Award 審査員特別賞:『まどろむ土(仮)』(日本/金子由里奈監督)

タレンツ・トーキョー・アワード 2020:『Oasis of Now』(マレーシア/チア・チーサム)
タレンツ・トーキョー・アワード 2020 スペシャル・メンション:『Pierce』(シンガポール/ネリシア・ロー)
タレンツ・トーキョー・アワード 2020 スペシャル・メンション:『KANAKO』(日本/北川未来)


◎授賞式
発表された順に報告します。

◆New Director Award
東京フィルメックス 特別協賛のシマフィルムによって設けられた、若い映画製作者を対象とした新しい部門。シマフィルム 田中誠一さんより発表が行われました。

New Director Award最終選考選出者11名の中から、New Director Awardには、『熱のあとに』の山本英監督が選ばれました。
DSCF4060 filmex sk.jpg

山本英監督:誰かの側にいること、いれないことを描いた脚本です。イナウォンさんと二人で紡いだ企画です。(左がイナウォンさん)

New Director Award 審査員特別賞
『まどろむ土(仮)』

filmex  kaneko.jpg

金子由里奈監督



◆タレンツ・トーキョー
今年のタレンツ・トーキョーは、11月2日~7日の6日間、オンラインで実施され、アジア各国の15名が参加。パク・キヨン監督をはじめとする4人のメイン講師のほか、黒沢清監督や是枝裕和監督のマスタークラスが開催されました。

タレンツ・トーキョー・アワード 2020:『Oasis of Now』
filmex 4.jpg

マレーシア チア・チーサム監督
「困難な時期にオンラインで開催を可能にしてくださり、ありがとうございます。多様な仲間から多くを学びました」


◆観客賞
『七人楽隊』香港、2020年 
監督:アン・ホイ、ジョニー・トー、ツイ・ハーク、サモ・ハン、ユエン・ウーピン、リンゴ・ラム、パトリック・タム

市山さんが7人の監督の名前を思い出しながらあげたのですが、「誰か忘れてますね」との言葉に、会場から「サモ・ハン!」と声があがりました。10月17日のチケット売り出しの時にも、真っ先に売り切れた人気作です。

filmex joni.jpg

ジョニー・トー監督が代表してビデオコメントを寄せられました。


◎コンペティション 各賞発表
filmex ichiyama 2.JPG

各賞発表の前に、プログラムディレクターの市山尚三氏より挨拶。
「コロナ禍の中、連日会場に足を運んでいただいた皆様に感謝申しあげます。今年の4月の時点では開催できるかどうかが微妙でしたが、リアルな開催にこぎつけることができたのは、サポートしてくださった皆さまのお陰です。東京国際映画祭との共催も手探り状態でした。上映が重なってしまったとの声もありますが、日本映画界を盛りあげていく為に今後も続けていきたいと思っています」

また、一部の作品をオンライン上映することが発表されました。
11月21日~30日の期間限定で、上映作品等詳細は公式サイトで確認ください。
東京フィルメックス 公式サイト
★オンライン特設サイト 11月21日よりアクセス可能

◆学生審査員賞:『由宇子の天秤』
filmex gakusei.jpg

学生審査員:常間地裕(多摩美術大学)、千阪拓也(日本大学芸術学部)、田伏夏基(明治大学)の3人が登壇し、学生審査員賞を発表しました。
filmex gakusei.jpg

春本雄二郎監督「釜山国際映画祭でも受賞(ニューカレンツ部門 最高賞ニューカレンツアワード)しましたが、オンラインでも授賞式をしていません。 Winerには、違和感があります。勝者というけれど、負者が存在するのか? 世の中、敵か味方か、白か黒かと単純に二極化するこごあ加速化し、良い未来が築けるのか? 『由宇子の天秤』は、正しさについて問う内容です。今、私たちに必要なのは、見えている世界が都合の良いものに最適化されていることに気づくこと。その外に手を伸ばせる力が映画にあると信じています。学生審査員賞は、これからを担う人たちからいただいたもの。若い世代に映画作りの指針になるよう頑張っていきたい」


filmex sinsain.jpg
【コンペティション審査員】
万田邦敏(審査委員長:日本/映画監督)
クリス・フジワラ(米国/映画評論家)
坂本安美(日本/アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)
エリック・二アリ(米国/プロデューサー)
トム・メス(オランダ/映画評論家)


◆審査員特別賞『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』
filmex kimajime.jpg

池田暁監督 「最優秀作品は何かな、もう1回呼ばれるといいなと思っています。期間中、ずっと映画を観ていました。いい作品がたくさんあったので、また日本で上映されるきといいと思います。このような中で開催してくださったことに感謝します」


◆最優秀作品賞『死ぬ間際』

審査委員長 万田邦敏監督:「一人ぼっちの人間がこの世界とつながるには何が必要か?神話的で重層的、中央アジアのとんでもない大自然。映画監督だったら誰でも撮ってみたい風景、そしてユーモアが描かれていました。人と人がつながるには愛が必要という単純なことに行きつくのですが、そこに行きつくまでをみごとに描いていました」

filmex azer 320.jpg

ヒラル・バイダロフ監督からのビデオメッセージ:
「選んでくださって嬉しいです。アゼルバイジャンの映画を初めて観た方もいらっしゃると思います。映画祭の皆さま、ありがとうございました」
★『死ぬ間際』ヒラル・バイダロフ監督とのリモートQ&Aの模様は後日お届けします。

filmex jusyoosya.jpg

最後に行われた受賞者記念写真も、ソーシャルディスタンスを保って行われました。

☆こちらに掲載しきれなかった写真も含めて、下記のアルバムを作成しています。
facebookアルバム「第21回東京フィルメックス  授賞式」
https://www.facebook.com/cinemajournal/photos/?tab=album&album_id=1340432292989793


☆東京フィルメックスを終えて☆
コロナ禍の中、例年同様の作品を揃えてリアルな上映を行い、外国からのゲストの来日が叶わない中、上映後にリモートでQ&Aを行うなど、最大限の努力をしてくださったことに感謝です。
日程を早めた為か、会期中、平日の半分以上の会場は、朝日ホールではなくTOHOシネマズ シャンテとなり、定員が朝日ホールより少ないため、作品によっては満席になって入れない方もいたようです。
今後も東京国際映画祭との連携を続けるとの市山さんの言葉がありましたが、同時期開催で、鑑賞作品を絞らざるをえなくて、究極の選択を迫られました。できれば、これまで同様、違う時期に開催してほしいと切に願います。(景山咲子)


報告:景山咲子   写真:宮崎暁美、景山咲子

第33回東京国際映画祭(2020) クロージング&授賞式

第33回東京国際映画祭 観客賞
大九明子監督『私をくいとめて』に

(まとめ&写真 宮崎暁美)

●P1130701補正2.jpg


東京国際映画祭クロージングセレモニーが11月9日、映画祭会場のTOHOシネマズ六本木で行われた。今年は新型コロナウイルスの世界的な大流行の影響で海外ゲストの来日もなく、グランプリなど従来の賞の審査、表彰は行われず、「TOKYOプレミア2020部門」全32作品を対象に観客投票を募り「観客賞」1作品が表彰され、『私をくいとめて』が観客賞を受賞。大九(おおく)明子監督と主演ののんがセレモニーに登場した。

●P1130578補正.jpg

大九明子監督は「素晴らしい賞をいただきありがとうございます。観客賞をいただくのは私とスタッフにとって2度目になります」と語り、3年前の『勝手にふるえてろ』に続き、今年も観客賞を受賞したことを喜んだ。「海外の映画祭の多くがリモートや配信などで行われているなか、東京国際映画祭が実際にお客様を入れてスクリーンで観ることを実現させたことは素晴らしいことだと思います。まだまだ安心できず不安ななか、この作品のチケットを買っていただき、劇場で映画を観て票を入れてくださった観客の皆さん一人一人の貴重な1票が私たちに賞をくださったのだと感慨深いです。早く一人ひとりのお客様と握手を交わしたり、話したりできる機会がくるといいなとお祈りしています。本当にありがとうございました」と語った。

●P1130604補正.jpg

一方、のんはで笑顔でトロフィを受け取り、観客賞に選ばれたことについて「唯一の賞という事で嬉しく思っています。映画は観客に見てもらって初めて完成するものなので、この賞を大切に受け止めたい」と受賞の喜びを語った。
本作は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で共演した女優の橋本愛(24)との7年ぶりの共演でも話題になった。
「私ごとではありますが、この作品が何年かぶりの主演映画。(作品に)呼んでいただいて、本当に喜びでいっぱいです」と快挙を喜んだ。

●P1130649補正.jpg


『私をくいとめて』公開情報
12月18日(金) 全国ロードショー 劇場情報
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」朝日文庫/朝日新聞出版
監督・脚本:大九明子
音楽:髙野正樹 
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり、橋本愛
2020年製作/日本 配給:日活
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇
公式HP

386c8536ac419d0d.jpg
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

 
『HOKUSAI』舞台挨拶
授賞式後、クロージング作品『HOKUSAI』の上映があり、上映前に舞台挨拶があった。登壇したのは橋本一監督を始め、葛飾北斎の青年期を演じた柳楽優弥さん、老年期を演じた田中泯さん、企画・脚本・出演の河原れんさん。

●P1130861補正.jpg
左から 橋本一監督、柳楽優弥さん、田中泯さん、河原れんさん


●P1130765補正.jpg

●P1130740補正.jpg

●P1130858補正.jpg
●P1130783補正.jpg


第33回東京国際映画祭 クロージングセレモニー写真集(撮影:SIMONE K)をfacebookに掲載しています。併せてごらんください。

ooku_non_audience2020.jpg

yagira_tanaka_closing2020.jpg
(上記2点 撮影:SIMONE K)


10月31日(土)より11月9日(月)までの10日間に渡って開催された第33回東京国際映画祭。新型コロナウイルスの世界的な大流行で海外ゲストはなし。オンライントークなど前例のない形で実施されました。10日間で138本が公式上映され4万人余りが来場。オンラインイベントの動員数は84万に上ったそう(私はオンラインイベントには1回も参加せずでした)。そして今年は第21回東京フィルメックス(10月30日~11月7日)と共催。さらに中国映画週間も10月27日~11月1日にあり、私はあちこちの上映会場を行ったり来たりの怒涛の日々をすごしました。
新型コロナウイルスの影響で4月、5月はほぼ外出せず約2ヶ月家で自粛し、6月以降も出かけるのは週に2回ほど。8月以降になってやっと週に3回ほどの映画鑑賞の日々が復活。映画祭シーズが始まる10月下旬まで週3回ほどの映画の日々でしたが、映画祭シーズンが始まった10月27日から11月9日までの2週間、ほぼ毎日、映画の日々でした。さすがに疲れました。でも快い疲れです。


参照 スタッフ日記 「2020年秋 映画祭の日々

今年は映画祭が重なってしまったので、何年も取材してきた東京国際映画祭オープニングレッドカーペットでの撮影はあきらめ、10月31日はフィルメックス上映の原一男監督作『水俣 曼荼羅』の鑑賞を選びましたが、やはりクロージング&授賞式の取材には参加しました。11月9日のクロージング&授賞式で、今年の映画祭シーズンは一段落(暁)。