大林宣彦監督・第32回東京国際映画祭、特別功労賞受賞&『海辺の映画館-キネマの玉手箱』ワールドプレミア上映

IMG_20191104_173210.jpg

11月1日、大林宣彦監督が第32回東京国際映画祭の特別功労賞を受賞し、チェアマンの安藤裕康氏からトロフィーが授与された。

最新作「Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱」上映後の舞台挨拶に車椅子で登壇した大林監督。作品に欠かせない女優の常盤貴子も花束贈呈役として登場。「貴子ちゃ〜ん、貴子ちゃ〜ん、どこだ~い?」急に呼び出す自由な大林監督の声に、慌てて舞台袖から飛び出すと、「ねっ!女優さんが来ると盛り上がるでしょ?」。場内は明るい歓声に満ちた。

日時:2019年11月1日 (金) 19時55分〜
場所:東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ


IMG_20191104_172311.jpg

安藤チェアマンから、「30年は撮ってほしい 、映像純文学!」と水を向けられると、「1000年でも約束しますよ!」と高らかに宣言する大林監督。

トロフィーを手にした大林監督は「貴重な功労賞を頂きました。すごいね、重いね。まだまだ、やっていないことの方がいっぱいある。やらないことをやれば星の数ほど面白いことができる。これから3000年は生きますよ!」”3000年宣言”に場内は爆笑、大きな拍手に包まれた。

IMG_20191104_174418.jpg

この日がワールドプレミアとなった最新作『Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱』は、久々に監督の故郷・尾道の映画館を舞台にし、若者たちが“戦争映画”の世界にタイムスリップするファンタジー。「前作の『花筐 HANAGATAMI』はサヨナラホームランで、今回は場外ホームランだって言ってくれた人がいましたよ。とにかく仰天してください。仰天することが何よりも映画の魅力です」と観客へ呼びかけた。

同作に出演する厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲(新人)、山崎紘菜、常盤貴子が登壇。まず、MC役の安藤紘平氏が、「酷暑の中でブルーバック撮影をこなしていた大林監督。見学に訪れた山田洋次監督が、『これはどういう映画?』と驚いて予想もつかない様子だった」と現場の雰囲気を語った。

IMG_20191104_165513.jpg


厚木拓郎、「20年ぶり尾道で撮ると感動の声が違う」
ヒロインの吉田玲、「大林組は初参加。方言やアクションなどあって緊張。 教科書よりも良い教材でした」

IMG_20191104_171843.jpg‹/div›

大林作品3作目の常盤は、「お話ししていると、全てのネタが映画になる。サービス精神旺盛な大林監督が、私たちに走馬灯を見せてくれた奇天烈な験(笑)。こんな映画を撮れる人はいないと思います」
IMG_20191104_135837.jpg

山崎紘菜(後列右から2人目)「私は大林校長の生徒!ミュージカル、アクションを演じたいという夢を叶えてくれた」
細山田隆人(左から2人目)、「今日が世界初公開!監督の仰ったことが咀嚼しきれないほど沢山あり過ぎて…。災害時に監督は『あの戦争の匂いがする』と呟いたのが印象的」
細田善彦(左端)、「男優2人が長々と喋ったので僕は短めに(笑)。初の大林組参加で最も成長できたのは僕!」

と、それぞれが撮影と映画の完成について振り返った。

IMG_0348.JPG

肺がんのステージ4で、3年前に余命3カ月と宣告された大林監督。そのお茶目で楽しげな様子から、映画を本当に愛している精神、次世代に伝えたいことがひしひしと伝わってきた。3000年後も大林監督が映画の創り手であるのが不思議ではないと思えた夕べだった。
撮影・文:大瀧幸恵


2019年製作/179分/PG12/日本
配給:アスミック・エース
(C) 2020「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC
★2020年4月公開★

東京国際映画祭 『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』 ワールドプレミアイベント

東京国際映画祭 特別招待作品
『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』

DSCF2388 over 420.JPG

ワールドプレミアイベント
2019年11月3日(日)午後5時 TOHOシネマズ六本木屋外階段
登壇舎:役所広司(63)、テレンス・チャン(70)、チャン・ジンチュー(39)、リン・ボーホン(31)、ユー・フェイ監督(41)

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』

ヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」の隊長で“ヒマラヤの鬼”と呼ばれるジアン(役所広司)は、国際会議直前に墜落した輸送機から機密文書を奪還する指令を受ける。遭難した恋人を探すために救助隊に入った女性隊員シャオタイズ(チャン・ジンチュー)や、情熱溢れるヘリパイロット・ハン(リン・ボーホン)と共に、果敢にミッションに挑む。

シネジャ作品紹介

提供:バップ/配給:アスミック・エース/
©Mirage Ltd. 
2019/中国・日本/110分/PG-12
公式サイト:http://over-everest.asmik-ace.co.jp/
★2019年11月15日(金)全国公開!!


◎階段イベント
TOHOシネマズ六本木へあがる屋外階段でのイベント&フォトセッションを取材しました。
この日は、朝から大階段の端っこだけを残して、青い絨毯で階段が覆われ、階段の一番上には、ゲートが設けられ、下から眺めると、まさにエベレストの頂上を目指すような趣。

午後5時、CO2噴射特攻による白い煙があがって、階段上のゲートから、まずテレンス・チャンとユー・フェイ監督、続いて、チャン・ジンチューとリン・ボーホン、そして最後に役所広司が登壇。
DSCF2200 over 320.JPG
5人揃って、お辞儀したあと、また白い煙があがり、階段を『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』のボードのあるところまで下りてきました。

◆挨拶も様々な言語で
DSCF2214 over 320.JPG
役所広司:今日はオーバー・エベレストのためにお集まりいただきましてありがとうございます。11月15日から始まります。皆さん、応援してください。

DSCF2225 over 320.JPG
チャン・ジンチュー:大家好! ここに来られて嬉しいです。日本の観客の皆さんにご覧いただけるのが嬉しいです。(英語で挨拶)

DSCF2227 over 320.JPG
リン・ボーホン:ミナサン、コンバンハ。(日本語での挨拶に「ワーォ!」とジンチューさん) 私はリン・ボーホンです。 この東京国際映画祭に初めて来ました。どうぞよろしくお願いします。(すべて日本語で!)

DSCF2238 over 320.JPG
ユー・フェイ監督:特別招待作品に招かれ、ワールドプレミアを迎えることができるのをとても光栄に思います。エベレストは文化的にも歴史的にも平和の的であり、冒険家の楽園でもありました。この映画は自らの理想を求めて闘い続け、挑む物語です。今回、
日本、中国、カナダなどたくさんの国の方たちと協力して作ることができました。今後の国際共同製作にも貢献できることを願っています。映画を気に入ってくだされば嬉しいです。

DSCF2277 over 320.JPG
テレンス・チャン:今回はプロデューサーを務めました。東京国際映画祭にご招待いただき光栄に思っております。ワールドプレミアをご覧になった皆さまがこの映画を好きになっていただけることを願っております。


◆27時間も役所さんをワイヤーに吊るした監督
役所:怪我もたくさんしましたが、ワイヤーアクションは初めてでした。ジンチューさんを助ける場面だったのですが、助けるどころか、身体があざだらけになりました。いろいろ苦労しましあたが、映画では、ちゃんとジンチューさんを助けています!

ジンチュー:先程はどの言語で話せばいいかわからなかったので英語で話しましたが、中国語でいいと聞いて安心しました。エベレストの映画に参加したのはとても特別な体験でした。役作りは大変でした。27時間撮り続けても、監督は大胆で恐れ知らず。役所さんを27時間もワイヤーでつるすなんて、とてもできないことです。(笑)

ボーホン:僕にとっても過酷な撮影でした。ヘリコプターの操縦士役で、雪山でのアクションシーンもありました。寒さで震えるとコントロールできません。救助隊はメンタルの強いことが重要なのだとわかって尊敬します。

監督:一番好きなのが映画。2番目に好きなのが登山。2つの好きなものを融合できて嬉しかったです。エベレストは世界最高峰。いろいろな人の夢や物語が詰まっているところです。それを映画という言語で語るべきでないかと思ったのが本作の製作のきっかけでした。雪山でのアクションには、精神的なものも描かれています。愛のために、どこまでできるかが重要なテーマです。世界の果てまで歩いていきます。夢や理想を持っていて、なんとか実現させたいと夢想することがあると思います。諦めかけたとしても人生は続いていきます。

テレンス:最初、本作の製作を受けるかどうか迷いましたが、監督の才能と、映画に対する誠意に心を動かされました。アクションはジャッキー・チェンのチームで素晴らしい仕上がりになっています。監督はとても感情豊かで、エモーショナルな部分が伝わってきます。スリルもあり、緊張感あふれるシーンもたくさんありますが、最後には感動的な場面もあります。


◆映画という言語で素晴らしいチームワーク
MC:役所さん、国際的なチームで、ワイヤーアクションも。一番チャレンジングだったのは?

役所:大家好! (中国語での挨拶に、ジンチューさんたちが笑う! 役所さんも照れ笑い)
日本語、北京語、広東語、英語と現場はいろんな言葉が行き交い、コミュニケ―翔央が難しかったけれど、映画という言語で素晴らしいチームワークが取れたと思います。前半、足を怪我をして、スケジュールに迷惑をかけました。今でも申し訳なかったと思っています。皆さんいたわってくれて感謝しています。
DSCF2260 over 320.JPG
MC:ジンチューさん、救助隊の鬼を演じる役所さんとの撮影はいかがでしたか?

ジンチュー:役所さんとは初めての共演でした。目が凄い。凄すぎる。疑い、絶望、自愛・・・ 様々な感情が出ていました。役所さんに引っ張られて高まることができました。台詞は私が中国語、役所さんが日本語。でも、障害はありませんでした。最後の方で役所さんが「重いよ」という短い台詞がありますが、実はアドリブ。ほんとは長い台詞でした。喜びに満ちた驚きが心からのものになりました。役者にとって、頂点に立ったとき、言語は関係ありません。とても貴重な体験でした。
もう一つ、ワイヤーでつるされて、そのシーンを撮影している時には気づかなかったのですが、撮影が終わって、役所さんの身体を見たらアザだらけでびっくりしました。撮影中は愚痴ひとつこぼさず、撮影が終わって役所さんがにこにこ笑ってらしたので、ほんとにプロフェッショナルだと、とても感動しました。

ボーホン:役所さんの大ファンで、共演に興奮しました。まさか一緒にできるとは! 
プライベートの役所さんは優しくて穏やかな方でした。初めての本読みの時、すでに役所さんの雰囲気はヒマラヤの鬼。普段の役所さんではありませんでした。それに皆、すぐにエベレストの世界に入ることができました。
映画を観てみると、映画の序盤はアクションやスリルのあるシーンで興奮して観ることができます。徐々にドラマチックでエモーショナルな物語が展開していって、悪魔のようなだった隊長が、優しい面を見せてくれます。ミッションをクリアーしていきます。僕自身、映画を観て、ほんとうに感動しました。
カナダチームとの5分くらいの長回しで、すべて英語の台詞だったのですが、リハのときに役所さん一人台本も持たず、すでに暗記されていたので、尊敬しました。神のような存在だと思いました。
(長いスピーチに、役所さんが通訳さんに「大丈夫?」といたわりました。)

MC:監督、長編初作品ですが、こだわったことを教えてください。

監督:先ほど、すべて言ってしまったのですが、特にこだわったのが役者とのコミュニケーションをとって一緒につくりあげることでした。映画は人と人との化学反応でもあると思います。エベレストという極限状態の中で大変なことも多々ありましたが、ベストのものが出来たと思います。

MC:テレンス・チャンさん、日中合作で役所さんとの初めての仕事、いかがでしたか?

テレンス:想像していたよりも素晴らしい俳優。これまでにもいろいろな役を演じられているのを観てきました。脚本より鮮やかな人物を作ってくれたことに感謝しています。


◆ぜひ劇場へ!
役所:たくさん褒めていただいて嬉しいです。ジンチューさんが、僕が一言も愚痴を言わなかったと言ってましたが、日本語だったのでわからなかったのだと思います。
いろいろな国のキャストが集まって、監督の初作品のために力を合わせて頑張りました。チームリーダーとしてジンチューさんは各国のキャストスタッフに気を使って、映画全体を引っ張っていってくれました。
11月15日から公開されます。東京国際映画祭に招待していただいたことを心から感謝します。公開が始まったら、たくさんのお客様が来てくださいますよう、皆さんのご協力をお願いします。ありがとうございました。

DSCF2359 over 320.JPG
フォトセッション

DSCF2400 over.JPG
CO2噴射特攻の白い煙がまたあがり、イベント修了。

この後、スクリーン2に場所を移動して、観客の皆さんの前で舞台挨拶が行われました。こちらは取材しませんでしたので、他誌サイトのレポートをチェックしてみてください。

撮影・報告:景山咲子


第32回東京国際映画祭『フォークロア』シリーズ「TATAMI」「母の愛」 Q&A

FB_IMG_1572957006096.jpg

第32回東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で、エリック・クー製作総指揮によるHBOアジア製作オムニバスホラー「フォークロア・シリーズ」のうち2作品が上映された。
日本編「TATAMI」の齊藤工監督、北村一輝と、インドネシア編「母の愛」のジョコ・アンワル監督が登壇し、観客とのQ&Aに応じた模様をレポートしたい。

フォークロア(伝承)シリーズは、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、タイのアジア6ヵ国の監督が、各々の国の文化、風土、社会の中で培われた伝承をテーマにしている。

日時:10月30日
場所:東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:斎藤工、北村一輝、ジョコ・アンワル


FB_IMG_1572956990560.jpg


日本編は齊藤工監督が初のホラー作品に挑戦した意欲作。父の葬儀に帰郷した男が、家族の秘められた過去を知る…という物語。

司会:撮る題材の着想はどこから?
齊藤:この企画を聞いたのは何年も前。『Blank 13』をプロデューサーが観てくれていた。僕が主演した『家族のレシピ』のエリック・クー監督から声をかけて頂いた。ホラー映画のアジア選手権のような気持ちで胸が踊った。日本の伝承として畳が浮かんだ。”畳”という言葉は日本語でしか表せず、英語はない。まず言葉から入った。 美術スタッフに藁人形200体を作って貰い、”念”を表現したかった。

FB_IMG_1572956997684.jpg

司会:役作りはどうでしたか?
北村:芝居を上手く、ではなく世界観、監督が何を表現したいのか、映画の魅力を伝える使者として演じた。映画では耳が聞こえない役なので、主人公を通して作品を観てもらう立ち位置と思い、客観視した役作り。どうカメラに収まるか、監督と相談しながらリアクションは最小限に心がけた。
司会:齋藤工監督は如何でした?
北村:怖かった(笑) 冗談冗談!十分な準備時間をとってくれたし、人柄のように爽やかな風が流れているような現場。作品とは雰囲気が違う。俳優を尊重し、ディスカッションしながら作っていけた。


20年前に業界に入って北村さんの撮影現場を見学したのが最初、という逸話を話してくれた齋藤監督。その北村さんを主演として映画を作れたことを誇りに思っているそう。
北村さんも「監督したら呼んでよ、と言っていたので実現して嬉しい」と2人の和やかな関係が伝わった。

「第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭」ワールドプレミア上映
「第32回東京国際映画祭」CROSSCUT ASIA部門出品
「Asian Academy Creative Awards」日本代表「TATAMI」3部門ノミネート
・主演男優賞:北村一輝/主演女優賞:神野三鈴/撮影賞:早坂伸UT ASIA部門出品

インドネシアのホラー王として知られるジョコ監督。
「母の愛」は、インドネシアでは大きな胸をもち、親に愛されない子どもを誘拐して胸の裏に隠すという女のお化けがいる。子供の頃に、早く家に帰らないとそのお化けにさらわれるよ、と母に言われた。なので映画は僕の母親がモデル。厳しい母親だったが僕を愛してくれた。男の子は僕がモデル。
と作品を解説した。

最後に齋藤監督から、
「TATAMI」は御殿場で撮影を行ったが、台風19号で大きな被害を受けた。御殿場でなければ作れなかった映画。一日も早い復旧を望んでいる。
と被災地への思いを語った。
また、アジア・太平洋地域16か国の中から優れたコンテンツを選出するAsian Academy Creative Awardsで、本作から主演男優賞(北村)、主演女優賞(神野三鈴)、撮影賞(早坂伸)に選出された

との報告があった。

フォトセッションでは、会場に来ていた出演俳優の名脇役・黒田大輔さんも呼び、自ら畳のモチーフを持ってカメラに収まった齋藤監督。まさに温かな風を感じる”ワンチーム”を見た思いだった。

IMG_0347.JPG

©2018 HBO Pacific Partners, v.o.f. HBO and HBO Asia Originals are service marks of Home Box Office, Inc. FOLKLORE is a service mark of HBO Pacific Partners, v.o.f. Used with permission. © 2019 HBO Asia. All rights reserved.
★BSスターチャンネルにて11月10日(日)より独占日本初放送★

写真・文:大瀧幸恵

第32回東京国際映画祭 受賞作品・受賞者 

2019年11月5日(火)東京国際フォーラム ホールCにて開催されたクロージング・セレモニーで、第32回東京国際映画祭の各部門受賞作品および受賞者が発表されました。
クロージング・セレモニーの模様は、取材に行っている暁さんから後日お届けしますが、取り急ぎ、結果のみお届けします。
皆さんがご覧になったお気に入りの作品は受賞されたでしょうか?

◆コンペティション
東京グランプリ/東京都知事賞
watasino ojisan.jpg
『わたしの叔父さん』
監督:フラレ・ピーダセン

審査委員特別賞

『アトランティス』
監督:ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ

最優秀監督賞
サイード・ルスタイ
『ジャスト 6.5』

最優秀女優賞

ナディア・テレスツィエンキーヴィッツ
『動物だけが知っている』
"Only the Animals[Seules Les Bêtes]"

最優秀男優賞

ナヴィド・モハマドザデー
『ジャスト 6.5』

最優秀芸術貢献賞

『チャクトゥとサルラ』
監督:ワン・ルイ

最優秀脚本賞

『喜劇 愛妻物語』
原作/脚本/監督:足立 紳

観客賞
『動物だけが知っている』
監督:ドミニク・モル


◆アジアの未来

アジアの未来 作品賞
『夏の夜の騎士』
監督:ヨウ・シン

国際交流基金アジアセンター特別賞

レザ・ジャマリ
『死神の来ない村』

◆日本映画スプラッシュ
日本映画スプラッシュ 作品賞
『i -新聞記者ドキュメント-』
監督:森 達也

日本映画スプラッシュ 監督賞
渡辺紘文
『叫び声』



◆東京ジェムストーン賞
ヨセフィン・フリーダ(『ディスコ』主演)
伊藤沙莉(『タイトル、拒絶』主演)
吉名莉瑠(『テイクオーバーゾーン』主演)
佐久間由衣(『“隠れビッチ”やってました』主演)


アメリカン航空アウォード 大学対抗ショートフィルムコンテスト
◆グランプリ
『Down Zone』
監督:奥井琢登(大阪芸術大学)