第20回東京フィルメックス  TOKYO FILMeX 2019

【第20回東京フィルメックス 開催概要】
期間 : 2019年11月23日(土) ~ 12月1日(日) (全9日間)
会場 :
【メイン会場】有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)
【レイトショー会場】TOHOシネマズ 日比谷
公式サイト: https://filmex.jp/2019/

記念すべき20回目の節目を迎える東京フィルメックス。
10月10日(木)3時より、ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センターにて、ラインナップ発表記者会見が行われました。

P1300060.JPG

ディレクターの市山尚三氏より開催概要の説明があった後、コンペティション部門の2本の日本作品、『静かな雨』の中川龍太郎監督と、『つつんで、ひらいて』の広瀬奈々子監督が登壇しました。
また、昨年、特別協賛された木下グループが1年で撤退することになり、新たな特別協賛を引き受けたシマフィルムの田中誠一氏(右端)が挨拶に立たれました。


*上映作品*

◆東京フィルメックス・コンペティション
  10作品

『水の影』
Shadow of Water
インド、監督:サナル・クマール・シャシダラン

『昨夜、あなたが微笑んでいた』
Last Night I Saw You Smiling
カンボジア・フランス、監督:ニアン・カヴィッチ

『熱帯雨』
Wet Season
シンガポール、監督:アンソニー・チェン

『評決』 Verdict
フィリピン、監督:レイムンド・リバイ・グティエレス

『ニーナ・ウー』
NINA WU
台湾・マレーシア・ミャンマー、監督:ミディー・ジー

『気球』
Balloon
中国、監督:ペマツェテン

『春江水暖』 Dwelling in the Fuchun Mountains
中国、監督:グー・シャオガン

『波高 (はこう)』 Height of the Wave
韓国。 監督:パク・ジョンボム

『静かな雨』 It Stopped Raining
日本、監督:中川龍太郎

『つつんで、ひらいて』book-paper-scissors
日本、監督:広瀬奈々子



◆特別招待作品


オープニング作品

『シャドウプレイ』
 The Shadow Play
中国、監督:ロウ・イエ

クロージング作品
『カミング・ホーム・アゲイン』 Coming Home Again
アメリカ・韓国、監督:ウェイン・ワン

『完全な候補者』
The Perfect Candidate
サウジアラビア・ドイツ、監督:ハイファ・アル=マンスール

『ヴィタリナ(仮題)』 Vitalina Varela
ポルトガル、監督:ペドロ・コスタ
配給:シネマトリックス

『ある女優の不在』
3 faces
イラン。監督:ジャファル・パナヒ
配給:キノフィルムズ

『夢の裏側〜ドキュメンタリー・オン・シャドウプレイ』 Documentary on the Shadow Play
中国、監督:マー・インリー
配給:アップリンク

◆特別招待作品 フィルメックス・クラシック
『牛』 The Cow
イラン、監督:ダリウシュ・メールジュイ

『HHH:侯孝賢』
HHH: A Portrait of Hou Hsiao-Hsein
フランス・台湾、監督:オリヴィエ・アサイヤス

『フラワーズ・オブ・シャンハイ』 Flowers of Shanghai
台湾、監督:ホウ・シャオシェン

『大輪廻』 The Wheel of Life
台湾、監督:キン・フー、リー・シン、パイ・ジンルイ

『空山霊雨』
Raining in the Mountain
台湾、監督:キン・フー


◆特集上映 阪本順治

『鉄拳』 1990年
『ビリケン』 1996年
『KT』 2002年

◆歴代受賞作人気投票上映
節目の20回を迎えるにあたり、歴代の受賞作品人気投票を実施。(8/22〜9/10)
映画ファンの選んだ上位作品の中から下記3作品を上映。

『ふゆの獣』Love Addict
日本、監督:内田伸輝

『息もできない』
Breathless
韓国、監督:ヤン・イクチュン

『ふたりの人魚』Suzhou River
中国。監督:ロウ・イエ

(1位の『SPL〈殺破狼〉』(香港)と3位の『天使の眼、野獣の街』(香港)は、残念ながら権利元や素材の確認が出来ず、上映を断念)


◆バリアフリー上映

『夜明け』 監督:広瀬奈々子


東京フィルメックス・コンペティション
https://filmex.jp/2019/news/information/lineupannounce-fc

特別招待作品 / フィルメックス・クラシック
https://filmex.jp/2019/news/information/lineupannounce-ss

特集上映 阪本順治 / 歴代受賞作品人気投票上映
https://filmex.jp/2019/news/information/lineupannounce-sp



ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
(SSFF & ASIA)「秋の映画祭」

akino eigasai.jpg

■開催期間 : 2019年10月17日(木)〜20日(日)
■上映会場 : 東京都写真美術館ホール
■内容 : 6月に開催されたSSFF & ASIA 2019の受賞作品と、その他秀作ショートフィルムの上映、若手映画制作者向けトークセミナーほか。
■料金 : 無料
■主催 : ショートショートアジア実行委員会
■共催:東京都
■後援:J-WAVE
公式サイト://www.shortshorts.org/2019/autumn/

2019年 受賞プログラム 1 ~次世代俳優特集
2019年 受賞プログラム 2 ~世界のアニメーター特集
2019年 受賞プログラム 3 ~輝く女性映画人特集
2019年 受賞プログラム 4 ~社会派特集
2019年 受賞プログラム 5 ~ヒューマンドラマ特集
BRANDED SHORTS プログラム
★優先入場申込み
チケット販売のオンラインプラットフォーム「Peatix」で事前に席の確保ができます。
※優先入場申込みが終了した場合でも当日券あり。
当日券: 1プログラムあたり約100枚 
事前のお申込み不要で参加できます。

◆スペシャルイベント
BRANDED SHORTS 海外と日本 広告最前線
日時:2019年10月17日(木) 19:00 ~ 20:40
https://www.shortshorts.org/2019/autumn/ja/events/index.php
濱口竜介監督が描き出す「生きた」映画の住人
日時:2019年10月19日(土) 15:00~16:40
https://www.shortshorts.org/2019/autumn/ja/events/index.php#seminar

★チケットについて詳細はこちら
★上映プログラムはこちら
★スケジュールはこちら


posted by shiraishi at 19:37Comment(0)SSFF

コリアン・シネマ・ウィーク2019

korian cine,a.jpg

第32回 東京国際映画祭 提携企画 「コリアン・シネマ・ウィーク2019」で、日本未公開の最新作品を含む韓国映画5作品が上映されます。

会 期 : 2019年10月29日(火)~11月2日(土)
会 場 : 韓国文化院ハンマダンホール(10月30日~11月2日)
     シネマート新宿(10月29日)
主 催 : 駐日韓国大使館 韓国文化院

上映作品:
アクションスリラー『ゴールデンスランバー』
ラブファンタジー『Be with you~いま、会いにゆきます』
ラブロマンス『ロマン』)☆日本初上映
ファンタジードラマ『また、春』)☆日本初上映
ブラックコメディ『完璧な他人』)☆日本初上映 (@シネマート新宿)

※「完璧な他人』はプレミア先行上映会として10月13日(日)よりチケット販売(全席有料)

★『完璧な他人』を除く4作品は、観覧無料
韓国文化院に事前申込が必要です。締切10月21日

詳細 :https://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=6120