AIWFF2019 山田火砂子監督『一粒の麦 荻野吟子の生涯』 (千)

A3EB39A0-44D3-4B4F-A66B-10AFF53769FB.jpeg

◆ 日本/2019/105分 9月8日ウィルホール1310〜
公式サイト:http://www.gendaipro.jp/ginko/

明治時代、男性にしか医師の公的免許が許されていなかった頃、あらゆる勇気と助けと踏ん張りとで試験を受けることができ合格した日本の公許女性医師第1号、荻野吟子さんの物語。埼玉生まれ埼玉育ちの私にとっては偉人すぎる偉人ですが、全国的にはそんなに知られていないなんて、、ショックよりビックリ…、医師としては勿論、社会運動家としても当時、活躍していました。吟子さんが生まれ育った埼玉県北は、埼玉の中でも渋沢栄一や塙保己一など著名人を多く輩出しているエリアで、最近ではラグビーが盛ん!! 同じ県内でも私の地元・大宮とは少々、文化が異なります。

3DF8EB0C-083C-419B-8104-E8ACBCBA245C.jpeg

★2019年10月26日より新宿k’sシネマほか全国順次公開!!

吟子さん、晩年になって、権威ある女医学誌創刊号の巻頭文を書いて欲しいとの原稿依頼が来ます。家族は「巻頭を飾るなんて‼︎」と大喜びで吟子さんを褒めても本人は「ただただ頑張ってきただけ」と全く動じない… この頑張り屋さんの吟子10代〜60代までを演じた女優・若村麻由美さんも素晴らしく。その吟子さんに恋するベテラン医師の井上先生を演じた佐野史郎さんが登場するシーンでは笑いもおこる。さすがキャスティングの妙と言うか、笑いあり涙あり映画のエンタメ性もほどよく入ってる、齢87才の山田火砂子監督にしか作れない社会派映画です。山田火砂子監督、長生きしてこれからも作り続けてください‼︎
上映後のトークイベントにも参加したかったのですが台風の影響で早めに名古屋を出発しました…残念無念…今年で24年も続いている国際女性映画祭、来年も楽しみにしてます。 (千)


あいち国際女性映画祭2019に行ってきました1(暁)

『紅花緑葉(原題)』
英題:Red Flowers and Green Leaves
中国/2018年/97分
監督:劉苗苗(リウ・ミアオミアオ)
出演:ロー・クーワン、マー・スーチ
日本初公開
●P1080204補正.jpg

舞台は中国西北部の寧夏回族自治区の黄河上流域の村。この回族自治区では漢族系のイスラム教徒が多く住んでいる。撮影場所は劉苗苗(リウ・ミアオミアオ)監督が幼い頃から中学生頃まで10年余り住んでいた地域。
この地域に住むイスラム教徒の青年、古柏(グー・ボ)は、幼いころからてんかんの発作があるため結婚をあきらめていた。そんな彼に突然見合い話が舞い込んだ。彼は拒否したのだが、家族は強引に結婚話を進めてしまう。そして彼にとっては高嶺の花と思われた聡明で美しい阿西燕(アー・シーイェン)と結婚した。ゆっくりと距離を縮める二人だが、二人とも自分の状況については隠していた。やがて互いの隠し事が明らかになった。阿西燕には結婚寸前だった婚約者がいたが、交通事故で死んでしまい、なかなか立ち直れないでいた。そして家族は村の仲人業?をしている女性に依頼し、二人は見合いをし、結婚したのだが、それぞれの状況を乗り越え、二人は互いを受け入れることができるのか。中国のムスリム社会の農村を舞台に紡ぐ若者の愛の物語。
緑の少ない黄土高原が続く地の農村。農耕器具も簡単なものしかなく、ほとんど自分たちの体力が勝負の畑仕事の暮らし。そんな土地を出ていく若者も多く、この主人公の青年も仕事を求めて、他の土地へ働きに行くことも考えたが、病気もちのため、思うようにはいかない。
そんな彼の葛藤。狭い世界の中で、誰もが自分のことを知っているような土地で、なかなか自分の思うようにいかずもがいていた。家族の思いやりと束縛から逃れられずにいる、典型的な農村の光景。彼はそこから飛び出せずに、親の言いなりに結婚することになる。そんな生活と、中国のムスリムたちの風俗、風習など、これまでの中国映画とは一味違う生活が描かれる。
監督の劉苗苗は、1978年、北京電影学院に16歳という若さで入学。文化革命後、10年ぶりに募集があった北京電影学院に応募し、見事合格した。この年、回族からは3人の入学者がいたとのことだったが、その年の入学者には、のちに世界的に有名になった陳凱歌(チェン・カイコー)、田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)、張藝謀(チャン・イーモウ)などがいて、他にも李小紅(リー・シャオホン)、彭小連(ポン・シャオレン)、寧瀛(ニン・イン)の3人の女性監督も同学年である。10年もの年の差の人たちもいる中での学生生活で、最初は気後れもしたけど、3年生になる頃には、製作実習などで同等に渡り合っていたらしい。、これらの監督の作品は、日本で数々紹介されてきたが、劉苗苗監督の作品も、これまでに『吉祥村の日々』(1992)、『朱家の悲劇』(1994)が公開されている。