国際短編映画祭「SSFF & ASIA 2019」(ショートショート) 満席でもあきらめずに会場へ!

5月29日(水)より開催されている米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「SSFF & ASIA」も、残り1週間となりました。

120を越える国と地域から応募のあった約10,000本から、選りすぐりの約200作品が無料上映されています。

あまりにたくさん作品があって、何を観に行くかを選ぶのも大変。
何を観るではなく、時間の取れる時に何をやっているかで、行くかどうかを決めるのが手っ取り早いです。
スケジュールのところから、行ける時間をクリックして作品をチェック。
https://www.shortshorts.org/2019/ja/schedule/
そのプログラムを観に行こうと決めたら、予約をクリック。
なのですが、満席の文字が出ているケースが多いことと思います。
でも、これまでの経験で、当日行ってもまず大丈夫!
諦めずに会場にいらしてみてください。

会場に着いたら、予約している場合も、当日券の場合も、まずは受付へ。
番号札を貰ってください。 整理番号順での入場となります。

★会場には足を運べないという方には、オンライン会場もあります♪
https://www.shortshorts.org/2019/ja/online/
観れる作品は限られますが、パソコン、タブレット、スマホでどこででも楽しめます。

第10回 周南「絆」映画祭に行ってきました(暁)

周南「絆」映画祭
6月1日(土)、2日(日)
シネマ・ヌーヴェル、テアトル徳山Ⅰ(山口県周南市)

<上映作品>
『銃』『種まく旅人~夢のつぎ木~』『妻の愛、娘の時』『最も危険な遊戯』『オボの声』『チルソクの夏』
<ゲスト>
佐々部清監督(種まく旅人~夢のつぎ木~/チルソクの夏)
武正晴監督(銃)
齋藤孝監督(オボの声)

友人が周南「絆」映画祭のスタッフで、この映画祭のことは以前から知ってはいたのですが、今回、この映画祭に初めて行ってきました。
きっかけは終活。長年溜めていた「映画チラシ」を整理しようと思っていたけど、捨てるのももったいない。誰かもらってくれないかなと思っていたら、周南絆映画祭でフリマがあると聞き、このチラシをこちらで活用してくれたらと思い、友人に声をかけたら「送ってもらってもいい」とのことでした。
でもあまりにたくさんあり、とりあえず整理できた分だけでもと思ったら、なんと段ボール4箱くらいになってしまった。たまたま九州に車で帰る友人がいるので、その段ボールを乗せてもらい、一緒に届けに行くことにしたのでした。映画祭の1ヶ月くらい前に届けにいけたらいいかなと思っていたら、なんと東京出発が5月25日になってしまい、徳山に着いたのが27日夜。映画祭スタッフの方に映画チラシを渡して、そのまま九州へ行こうと思っていた。でも、映画祭のラインナップを見たら1日は観た事がない作品が3本あったので、この映画祭に参加しようと思ったのでした。でも映画祭まで3日もあったので、今まで行くチャンスがなかった秋吉台とか萩とかを観光し、その後、31日に徳山にもどり1、2日映画祭に参加しました。
徳山駅近くの商店街の中にある、映画館シネマ・ヌーヴェルとテアトル徳山Ⅰ(同じビルの中)で上映されていたけど、現在、この二つの映画館は閉館されていると聞いた。いろいろなイベントに使われているらしい。でも映画館の設備やたたずまいは残されていて、映画好きな人たちの思いが感じられる会場だった。

2019年6月1日(土)
『銃』武正晴監督
映画祭の初回上映である『妻の愛、娘の時』は、東京フィルメックス、試写、公開に向けた映画上映会など、すでに何回か観ているし、シルヴィア・チャン監督の来日レポートも書いているので今回は観ず、観損なっていた『銃』(武正晴監督)から。
『銃』(武正晴監督)は、東京国際映画祭で上映され、主演した村上虹郎が新人賞である東京ジェムストーン賞を受賞。武正晴監督が監督賞を受賞したけど、作品はとうとう公開されても観ることができず気になっていたので、この機会に観てみようと思ったのでした。
たまたま拾った銃を隠し持つ主人公(村上虹郎)。警察に届け出ず、この銃を使う方法ばかり考えている。だんだん狂気を帯びてくる青年。大学生活、友人との関係、女友達との関係、自分の周りの状況があるけど、しだいに「銃」のことばかりが頭に浮かぶ。そしていつも利用している自販機の近くで思わず銃を使い猫を殺してしまった。慌てて逃げ出したけど、近所に設置されていた防犯カメラから身元を知られてしまい、刑事が訪ねてくる。そして「やがては人間を殺してしまうかも」という刑事を演じたリリー・フランキーの言葉が真に迫る。最後、村上虹郎の実の父親である村上淳が出てきた時には思わず笑ってしまったし、最後の意外な展開にウーンとうなってしまった。
それにしても、男ってどうして「銃」が好きなんだろう。
*参照
シネマジャーナルHP 第31回東京国際映画祭 アウォードセレモニー報告
http://www.cinemajournal.net/special/2018/tiff-fin/index.html

狂気とユーモア感覚。これは武正晴監督の『百円の恋』や『イン・ザ・ヒーロー』、『嘘八百』など他の作品にも通じるところ。この映画祭に参加するまで、『百円の恋』がこの映画祭で生まれたということを忘れていたけど、話を聞いて思い出した。『百円の恋』は、周南絆映画祭で、2012 年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」グランプリ作品だったのだ。武監督は、この映画祭と縁が深い監督だったのですね。現在、北海道で撮影している作品の合間を縫って作品撮影の時にゲストで参加されていた。

『最も危険な遊戯』村川透監督 1978年
松田優作愛に満ちた周南映画祭ならではの上映作品。この作品は第一回のこの映画祭でも上映されたそう。40年前の作品である。私自身は松田優作さんの作品を映画館で観た記憶はない。でも子供の頃TVでは観たような記憶がある。
松田優作演じる殺し屋のハードボイルド映画。不死身な殺し屋を演じる松田優作の姿にあこがれる男たちがたくさんいたなと思うくらい、この映画でも殺し屋は銃をぶっ飛ばしまくる。
私自身はこういう映画はほとんど観てこなかったけど、今も松田優作を慕い続け、映画祭で上映し続けているのは、山口県下関出身の郷土が生んだ伝説の俳優というのもあるのだろう。ゲストには松田優作さんと文学座同期で、共演作もある俳優の重松収氏と元俳優の野瀬哲男さんが登場し、舞台挨拶で松田優作さんにまつわる話を聞かせてくれた。
そして、この映画祭でひゃ松田優作賞という脚本賞がある。第一回の松田優作賞には151本の応募があったそう。それを全作読むのに、映画祭の大橋広宣実行委員長は大変無理をして、病気になってしまったそう。
グランプリ作品が『百円の恋』で、この映画祭が生み出した映画である。

フランス映画祭2019 横浜    Festival du film français au Japon 2019

furance 2019.jpg

2019年6月20日(木)~23日(日)
会場:みなとみらい21地区を中心に開催 横浜みなとみらいホール・イオンシネマみなとみらい他
フランス代表団・団長:クロード・ルルーシュ
フェスティバル・ミューズ:中谷美紀
公式サイト http://unifrance.jp/festival/2019/

【上映作品】

★オープニング作品
『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』Le Grand Bain 

『男と女Ⅲ 人生最良の日々(仮)』Les Plus belles années d'une vie
『ゴールデン・リバー』Les Frères Sisters
『ディリリとパリの時間旅行』Dilili à Paris
『アマンダと僕』Amanda
『ウルフズ・コール』Le Chant du loup
『スクールズ・アウト』L'Heure de la sortie
『アイディアル・パレス シュヴァルの理想宮(仮)』L'Incroyable histoire du Facteur Cheval
『ゴーストランドの惨劇』GHOSTLAND

上記作品は配給が決まっています。

下記作品は、配給が決まっていません。ぜひ、映画祭での上映をお見逃しなく!
『シノニムズ』SYNONYMES
『社会の片隅で』Les Invisibles
『マイ・レボリューション』Tout ce qu'il me reste de la revolution
『カブールのツバメ』Les Hirondelles de Kaboul
『愛しのベイビー』Mon Bébé
『崖っぷちの女たち』REBELLES
『嵐』HURLEVENT *6分の短編 


★ゲスト情報は、こちらで! 
https://www.unifrance.jp/festival/2019/news-2/news/1583/



世界のアニメーションシアター WAT 2019 <ヴィジュアルに、発信する女性たち> 

wat2019tirashi_image.jpg

1999年から海外アニメーションのトレンドを伝え、今年20年目となった「世界のアニメーションシアター WAT 2019」。今回特集するのは、海外で広がるドキュメンタリー・アニメーション。その女性監督作品。
#MeTooの動きが変革とダイバーシティの追い風となり、女性監督がより自由に社会問題やさまざまな生き様を写し撮るようになってきたアニメーション界。
韓国、スウェーデン、日本の女性監督ドキュメンタリー・アニメーション13本が上映されます。
企画・主催 オフィスH(オフィスアッシュ)

東京・下北沢トリウッド 2019年6月29日(土)~7月26日(金)火曜定休
2019年7月~2020年6月の期間、国内巡回。
京都・出町座
名古屋・シアターカフェ
姫路・Animation Runs! 他
公式サイトで確認ください。

公式サイト:http://www.wat-animation.net/

上映作品:女性監督ドキュメンタリー・アニメーション13本

韓国作品 http://www.wat-animation.net/wat2019lineup.html#sunshine
スウェーデン作品 http://www.wat-animation.net/wat2019lineup.html#stillborn
日本作品 http://www.wat-animation.net/wat2019lineup.html#tumugu

13本のダイジェストは、こちらで!
https://www.youtube.com/watch?v=IEMgpu6loyw


◆初日舞台挨拶@トリウッド
『Birth-つむぐいのち』と『Birth-おどるいのち』の監督舞台挨拶
2019年6月29日(土)15:30のBプログラム上映後

◆上映後トークイベント
若見ありさ監督&坂上香監督 7月5日(金)20:10 Aプロ上映後
キム・イェヨン監督&キム・ヨングン監督 7月7日(日)15:30 Cプロ上映後
大橋弘典監督&宮川サトシさん 7月12日(金)20:10 Bプロ上映後
池田爆発郎監督&山岡信貴監督 7月19日(金)20:10 Bプロ上映後
飯面雅子さん&若見ありさ監督 7月21日(日)14:00 Aプロ上映後
ふくだみゆき監督&若見ありさ監督 7月26日(金)14:30 Bプロ上映後

●特別イベント WAT 2019と「Birth」シリーズのコラボ@トリウッド
ママパパシアター@トリウッド
※「親子でできるタオル遊び」イメージ画像
2019年7月12日(金)10:00~11:15

『はちみつ色のユン』 正真正銘の日本最終上映!
文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞
ドキュメンタリー・アニメーション
2019年7月13日(土)~7月26日(金)@トリウッド

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019  SKIP CITY INTERNATIONAL D-Cinema Festival 2019

skip city DCF2019_Poster.jpg

期間:2019年7月13日(土)~21日(日)9日間
会 場:SKIPシティ 映像ホール/多目的ホールほか〔埼玉県川口市上青木3-12-63〕
メディアセブン〔埼玉県川口市川口1-1-1 キュポ・ラ7F〕
主 催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp/index.html

デジタルシネマの新しい才能を発掘する目的で2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」も16回目を迎えました。発足当時は、まだフィルムが主流の時代でした。あっという間にデジタルの時代になりましたが、本映画祭が目的とする若手クリエーター育成の成果には目を見張るものがあります。『凪待ち』の白石和彌監督、『長いお別れ』の中野量太監督、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『岬の兄妹』の片山慎三監督など、今や日本映画界のトップランナーに躍り出ています。

会期中にはSKIPシティ夏祭りも開催されて、お子様も一緒に楽しめる映画祭です。

映画祭期間中は、JR川口駅東口より無料直行バスがあって、楽々会場に行けます。
所要約18分 ← 昨年までは、12分でした。ご注意ください。
平日は、運行本数が減りますので、時刻表をご確認ください。
川口駅からのほか、SR鳩ヶ谷駅からも期間中の土日祝のみですが無料シャトルバスが運行されます。
SKIPシティへのアクセス:http://www.skipcity-dcf.jp/access.html

ちょっと会場まで遠いので根性がいりますが、毎年、満足のいく作品揃いです。ぜひお出かけください。

上映作品:http://www.skipcity-dcf.jp/films/international04.html

◆オープニング上映
『イソップの思うツボ』
昨年の日本映画界最大の話題作『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督と、同作にスタッフとして参加した中泉裕矢監督と浅沼直也監督の3名が共同監督で手掛けた作品。異色のトリプル監督で贈る、予測不能の騙し合い!
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザを拠点に活動する若き新鋭の野心作をお楽しみください。

★国際コンペティション
『未成年(原題)』監督:キム・ユンソク、韓国
『バッド・アート』監督:タニア・レイモンド、ジオ・ゼッグラー、アメリカ
『ブラインド・スポット』監督:ツヴァ・ノヴォトニー、ノルウェー
『私の影が消えた日』監督:スダ―デ・カダン、シリア・レバノン・フランス・カタール
『イリーナ』監督:ナデジダ・コセバ、ブルガリア
『ロケットマンの憂鬱』監督:バラージュ・レンジェル、ハンガリー
『ミッドナイト・トラベラー』監督:ハサン・ファジリ、アメリカ・カタール・カナダ・イギリス
『陰謀のデンマーク』監督:ウラー・サリム、デンマーク
『ザ・タワー』監督:マッツ・グルードゥ、ノルウェー・フランス・スウェーデン
『旅愁』監督:呉沁遥、日本・中国

★国内コンペティション 長編部門
『ミドリムシの夢』監督:真田幹也
『ミは未来のミ』監督:磯部鉄平
『バカヤロウの背中』監督:藤本匠
『おろかもの』監督:芳賀俊、鈴木祥
『サクリファイス』監督:壷井濯

★国内コンペティション 短編部門
短編①
『春』監督:大森歩
『JURI』監督:西条みつとし
『メイリンの決めたこと』監督:鯨岡弘識

短編➁

『multiple』監督:永冶ミユキ
『遠い光』監督:宇津野達哉
『歩けない僕らは』監督:佐藤快磨

短編③
『スカーフ』監督:的場政行
『ぜんぶ東京のせいだ』監督:村木雄
『産むということ』監督:マキタカズオミ

◆トップランナーたちの原点
『THX-1138 ディレクターズカット』監督:ジョージ・ルーカス、アメリカ
『恐怖のメロディ』監督:クリント・イーストウッド、アメリカ
『セックスと嘘とビデオテープ』監督:スティーヴン・ソダーバーグ、アメリカ
『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』監督:三池崇史

◆バリアフリー上映
 (日本語字幕+音声ガイド/UDCast方式上映)
『カメラを止めるな!』 監督:上田慎一郎