国際短編映画祭 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア

5月29日より始まりました!

開催期間:5月29日(水)~6月16日(日)
上映会場:表参道ヒルズ スペース オー、アンダーズ 東京 Andaz Studio、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、シダックスカルチャーホール ほか
※開催期間は各会場によって異なります

上映作品:世界130の国と地域から集まった約10,000本の中から、選りすぐりの約200作品を上映。
料金:無料上映(一部、有料イベントあり)
   ★チケットは事前予約が確実です。チケット販売のオンラインプラットフォーム「Peatix」にて事前申し込みいただけます。
   スケジュールページ にてご希望の上映プログラム・イベントをクリックし、遷移先サイトの案内に従ってお申し込みください。
   ★当日券は開始20分前から先着順に、その日に上映する各プログラムの当日券を配布いたします。
    事前申込みで定員に達したプログラムでは当日券の配布はございませんが、キャンセル待ち券を発行いたします。
公式サイト https://www.shortshorts.org/2019/

主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会
今年のテーマは、「Cinematic Attitude」。
映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」。
映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現しました。

★今年の映画祭の注目ポイントは、オンライン開催です。
会場だけでなくご自宅でも一部の作品(下記サイトにラインナップされているもの)を鑑賞することができます。
https://www.shortshorts.org/2019/ja/online/


☆ブリリア ショートショートシアター オンライン(BSSTO)上映 
 過去3年分のグランプリ作品の配信
 https://sst-online.jp/ 会員登録後視聴できます。



EUフィルムデーズ2019  EU Film Days 

EU.png

~映画で旅するヨーロッパ A Voyage of Discovery~


欧州連合(EU)加盟国の在日大使館・文化機関が提供する作品を一同に上映する映画祭。17年目となる2019年は、22のEU加盟国の作品が紹介されます。

東京 国立映画アーカイブ 5/31 (金) - 6/27 (木)
京都 京都府京都文化博物館 6/7 (金) - 6/30 (日)
広島 広島市映像文化ライブラリー 7/3 (水) - 7/13 (土)
福岡 福岡市総合図書館 7/18 (木) - 7/28 (日)

公式サイト:https://eufilmdays.jp/

第二回東京国際ろう映画祭(TOKYO DEAF FESTIVAL 2019)

2019年5月31日(金)から6月3日(月)まで
渋谷ユーロライブ、アップリンク渋谷ほか
主催:東京ろう映画祭実行委員会(聾の鳥プロダクション)

東京国際ろう映画祭は、ろう者スタッフが映画をセレクトする映画祭です。
日本の渋谷で2年に1回、ろう者・聴者がスタッフとなって開催されています。
ろうにまつわるテーマを主に中編・長編映画を上映します。
ろう者をとりまく手話社会、ろう文化を映した作品を多くの聴者、そしてろう者自身にも観ていただき、その魅力を深く知って頂くことでろう者の社会や芸術の発展に寄与し、聴者とろう者の相互理解の場を創出することを目的としています。

映画祭の上映プログラムでは、手話弁士の登壇や、フィルム上映、邦画の日本語字幕付き上映などの他、国内外からゲストをお招きしたアフタートークやシンポジウム、写真展、ワークショップなど幅広い企画を実施しています。

2019年のテーマは「可能性」です。
この世界は様々な可能性に満ちています。良いものも悪いものも含めて、それらは思いがけないところから立ち現れます。
私達の生きる現実に対して想像し、考え得るあらゆる物語を、映画を通してより多くの皆様に提供していきたいと考えています。

多彩な上映作品は、公式サイトで確認ください。
公式サイト:https://www.tdf.tokyo/