SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 国内15作品 オンラインQ&A開催

JapaneseFilms_OnlineQA_re.jpg

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 国内作品全15本(国際コンペティション1本、国内コンペティション長編部門5本、国内コンペティション短編部門9本)は、映画祭の会期後半に監督・出演者とのQ&AセッションをZOOMウェビナーでライブ配信されます。
https://www.skipcity-dcf.jp/news/news/20091802.html
※オンラインQ&AはいずれもZOOMウェビナーで開催予定
※視聴・参加は無料(事前申し込み不要)
※ZOOMウェビナーのURLは別途、公式サイトのニュースに掲載
※当日ご参加いただけない方向けに、本サイト上でご質問の事前受付も行います。
(9/26より受付開始予定)
公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp/ 

日本作品全15本の監督・出演者の皆さんからのビデオメッセージ集は、こちらで!
https://youtu.be/yONAv1KoFi8

<国内作品 オンラインQ&A開催スケジュール>

【9/30(水)】
■ 19:00~
『あらののはて』長谷川朋史監督 作品詳細

■ 21:00~
『来夢来人』伊藤竜翼(出演)作品詳細
『ムイト・プラゼール』朴正一監督 作品詳細
『stay』藤田直哉監督 作品詳細

【10/1(木)】
■ 19:00~
『レイディオ』塩野峻平監督 作品詳細
『ななめの食卓』岸朱夏監督 作品詳細
『そして私はパンダやシマウマに色を塗るのだ。』武田佳倫監督 作品詳細

■ 21:00~
『雨の方舟』瀬浪歌央監督 作品詳細

【10/2(金)】
■ 18:00~
『コーンフレーク』磯部鉄平監督 作品詳細

■ 20:00~
『B/B』中濱宏介監督 作品詳細

■ 22:00~
『axandax』二羽恵太監督 作品詳細

『つぐない』宮部一通監督 作品詳細
『リッちゃん、健ちゃんの夏。』大森歩監督 作品詳細

【10/3(土)】
■ 14:00~
『写真の女』串田壮史監督 作品詳細

■ 16:00~
『コントラ』アンシュル・チョウハン監督 作品詳細



SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 海外作品 監督インタビュー動画配信

InternationalCompetition_DirectorsInterview.jpg

映画祭ならではの“クリエイターと観客の交流”の場として、国際コンペティションの海外作品は、制作背景や作品に込めたメッセージを伺った監督インタビュー動画を、映画祭開催に合わせてYouTubeで配信されます。
https://www.skipcity-dcf.jp/news/news/20091801.html

配信はこちらから▼
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭公式YouTubeチャンネル


<海外作品 監督インタビュー動画 配信スケジュール>

① 9/26(土) A.M.10:00配信開始
『願い』マリア・セーダル監督
  作品詳細

『南スーダンの闇と光』ベン・ローレンス監督
 作品詳細

『ペリカン・ブラッド』カトリン・ゲッベ監督
 作品詳細

② 9/27(日) A.M.10:00配信開始
『シュテルン、過激な90歳』アナトール・シュースター監督
 作品詳細

『リル・バック/メンフィスの白鳥』ルイ・ウォレカン監督
 作品詳細

③ 9/28(月) A.M.10:00配信開始
『カムバック』パトリック・エークルンド監督
 作品詳細

『ザ・ペンシル』ナタリア・ナザロワ監督
 作品詳細

※都合により、予告なく変更・中止になる場合があります。

公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp/ 


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 授賞式(10/4)一般観客100名ご招待

<授賞式はSKIPシティ映像ホールでリアル開催!! >
https://www.skipcity-dcf.jp/news/news/20091803.html
今年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の作品上映は、オンライン配信により行われますが、映画祭最終日、グランプリほか各賞を発表する授賞式はSKIPシティ映像ホールで開催されます。
ゲストの来日が叶わない海外作品は、賞の発表に合わせて受賞者からのビデオメッセージを上映し、国内作品の受賞者には、会場で直接、賞の授与を行う予定です。
★授賞式はオンラインでの同時配信も予定。

■日程:10月4日(日)11:00~
■会場:SKIPシティ映像ホール(埼玉県川口市上青木3-12-63)
■内容:授賞結果発表、受賞作品上映(1作品)
※上映する受賞作品は当日の授賞式で発表します。

【100名限定で一般観客ご招待(無料)!】
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、客席数を3分の1に限定し、抽選で100名を招待。
※チケットの販売はありません。

■応募方法:映画祭公式サイト・ニュース欄に掲載するオンラインフォームより受付
■応募期間:9/23(水)~9/29(火)
■抽選結果:10/1(木)までに、応募フォームにご記入のメールアドレスに連絡

公式サイト:http://www.skipcity-dcf.jp/ 

DSCF0558 skip 320.jpg
昨年の映画祭の授賞式




アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020 上映作品と監督メッセージ「コロナ禍のアジア映画」

FIFF2020_logo2.jpg

いよいよ9月20日(日)より、第30回アジアフォーカス・福岡国際映画祭が開幕します。
会場のユナイテッド・シネマ キャナルシティ13にて5日間にわたり、20カ国・地域から選ばれた22作品が上映されます。

開催期間: 2020年9月20日(日)~24日(木)(5日間)  
主要会場: ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(キャナルシティ博多内)
主催:   アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会、事務局 福岡市

今年は世界的なコロナウィルスの流行により、海外ゲストの招聘ができませんが、上映前には監督から観客の皆様へのビデオメッセージが上映されます(一部作品を除く)。

また、アジアフォーカスゆかりの監督よりのメッセージがYouTubeで配信されています。

☆「コロナ禍のアジア映画」☆
https://www.youtube.com/channel/UCvkoNYt0vET4kQj4oSIAAFg/
参加監督(出身国)/※映画祭上映作品
・レイス・チェリッキ監督(トルコ)
・チャン・リュル監督(中国)/『福岡』(製作国:韓国)
・リリ・リザ監督(インドネシア)
・チャイ・イーウェイ監督(シンガポール)
・フォン・チーチアン監督(香港)/『犯罪現場』(製作国:香港)
・グエン・クアン・ズン監督(ベトナム)
・ニアン・カヴィッチ監督(カンボジア)/『昨夜、あなたが微笑んでいた』(製作国:カンボジア、フランス)
・イヴァン・マルコヴィッチ監督(セルビア)、ウー・リンフォン監督(中国)/『明日から幸せな人になろう』(製作国:中国、ドイツ、セルビア)


★観客賞★
公式招待作品全12本(アジアの新作・話題作 および アノーチャ・スウィチャーゴーンポン監督特集)の1回目の上映時(20日(日)、21日(月・祝)の2日間)に観客賞を決める投票を実施し、最も投票が多かった作品が「福岡観客賞」、次点が「熊本市賞」となります。今年は授賞式は行わず、公式サイトで後日発表されます。

上映スケジュールはこちら(★印が観客賞対象作品)

*上映作品*

◆オープニング
『福岡』モノクロ 特別上映 ★要招待ハガキ
監督:チャン・リュル (2019年/韓国)

◆アジアの新作・話題作
『三人姉妹の物語』監督:エミン・アルペル(2019年/トルコ、ドイツ、オランダ、ギリシャ)
『マリアム』監督:シャリパ・ウラズバエヴァ(2019年/カザフスタン)
『ジャッリカットゥ』監督:リジョー・ジョーズ・ぺッリシェーリ(2019年/インド)
『土曜の午後に』監督:モストファ・サルワル・ファルキ(2019年/バングラデシュ、ドイツ)
『昨夜、あなたが微笑んでいた』監督:ニアン・カヴィッチ(2019年/カンボジア、フランス)
『樹上の家』監督: チューン・ミン・クイ(2019年/ベトナム、シンガポール、ドイツ、フランス、中国)
『明日から幸せな人になろう』監督:イヴァン・マルコヴィッチ、ウー・リンフォン(2019年/中国、ドイツ、セルビア)
『犯罪現場』監督:フォン・チーチアン(2019年/香港)

◆アノーチャ・スウィチャーゴーンポン監督特集
世界のアート・シネマを牽引するタイの女性監督。これまでアジアフォーカスに2度参加しています。
『クラビ、2562』(2019年/イギリス、タイ)
『暗くなるまでには』(2016年/タイ、オランダ、フランス、カタール)
『ありふれた話』(2009年/タイ)
『アノーチャ・ショート・フィルム傑作選』(2006-2020年/タイ)


◆日本映画特集芦川いづみ特集
『乳母車』監督:田坂具隆(1956年)
『あした晴れるか』監督:中平康(1960年)
『あじさいの歌』監督:滝沢英輔(1960年)
『結婚相談』監督:中平康(1965年)


◆福岡アジア文化賞受賞監督作品
『世紀の光』
監督: アピチャッポン・ウィーラセタクン(2006年/タイ、フランス、オーストリア)

◆福岡フィルムコミッション支援作品
『新卒ポモドーロ』監督:井上博貴(2020年) ★要招待ハガキ

◆福岡パノラマ
福岡で活躍するクリエイターの作品、福岡を舞台にした作品
『プロメア』監督:今石洋之(2019年)
『萱野孝幸コレクション』監督:萱野孝幸(2020年)

◆福岡インディペンデント映画祭 特別上映
大林宣彦&恭子の成城物語 ~夫婦で歩んだ60年の映画作り~
企画・構成:犬童一心 演出:高橋栄樹(2019年)



★前売り券は販売せず、期間中に会場チケット売り場にて当日券、フリーパス券のみ販売

公式サイト 
ホームページ http://www.focus-on-asia.com 
フェイスブック https://www.facebook.com/asiafocusfukuoka/
ツイッター https://twitter.com/asiafocus10

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020 Powered by Hulu概要
開催期間:2020年9月18日(金)~9月22日(火)5日間
開催形態: Hulu上での初のオンライン開催
公式サイト: https://yubarifanta.jp
★これまでの冬の開催から、夏の開催に変わりました。さらに、当初の日程8月28日(金) ~ 9月1日(火).から変更になり、オンラインでの開催となりました。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020 トレイラー (youtube)
夕張の美しい風景や、過去の映画祭の様子も見れます!
https://www.youtube.com/watch?v=a6Qqx7ZL8Ik

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭とは
最盛期17館もの映画館があり、 炭鉱夫が多く3交代制のため映画館も24時間営業していた夕張市。 映画も大好きで市長が町起こしのため観光事業として始めましたが、 映画とお祭り好きが興じて、 起こしたはずの町が財政難により破綻。 しかし、 映画文化の種は市民と全国の映画ファンに着実に根付いており、 市民の力で奇跡的に甦りました。
30年にわたる映画ファンと映画人の交流は、 映画祭が発祥の作品も多数生み出し、 いまや映画界を支える才能を多数輩出し、 町起こしから日本の映画界起こしの映画祭として、 国内外の注目を集めています。

視聴方法:
会員登録は必要ありません。
こちらからアクセスしてください。
https://www.hulu.jp/features/yubari-international-fantastic-film-festival-2020